松村北斗の家族構成|兄弟エピソードや家族との関係、両親はどんな人?

エンタメ
エンタメ

松村北斗の家族構成と、母親・父親・兄弟エピソードについてまとめました。

「北斗」という名前の由来や、誕生日エピソードなどについても紹介します。

松村北斗の家族構成と仲良しエピソード

松村北斗さんの家族構成は、父・母・兄・松村北斗さんの4人です。

北斗さんのご両親は、とても仲が良くて、今でもラブラブなのだとか。

二十歳の誕生日には、両親へプレゼントを贈った

そんなご両親に、北斗さんは自信の二十歳の誕生日には、20年間の感謝の気持を込めてペア旅行券をプレゼントしています。

二十歳の誕生日に、子供から感謝の気持を込めてプレゼントを貰えるなんて、ご両親は嬉しかったでしょうね。

両親と北斗さんは、高校時代には3人でショッピングモールにでかけたり、大学生になってからも一緒にパンケーキを食べに行くほど仲良しなのだとか。

子供の頃は兄と合同誕生日会

北斗さんとお兄さんの誕生日は同じ6月で4日違い。そのため、松村家では毎年6月の第3土曜日に合同誕生日を開いていたそうです。

お母さんが前日から料理の仕込みをして、お父さんは仕事があっても早く切り上げて帰ってきたそうです。

家族で「水曜どうでしょう?」を見る

山下智也さんに憧れてジャニーズを目指したまつむらほくとさんですが、自称「芸能界一のチームナックス好き」と公言しているほどのチームナックスのファンでもあります。チームナックスのTシャツを私服で着用するほど!

チームナックスだけではなく、水曜どうでしょうも大好きらしく、家族全員で一緒に水曜どうでしょうを見たりもするそうです。

家族と一緒に、楽しそうにTVを見ている北斗くんの姿が想像できます。

中学生の時にジャニーズに入所した北斗くんを応援するために、静岡県島田市から家族全員で東京へ引っ越したそうで、北斗くんは大学生の頃も実家から通っていたそうです。

今でも実家ぐらしという噂もありますが、居心地の良い家庭なのでしょうね。素敵なご家族ですよね。

松村北斗の兄弟エピソード

松村北斗くんには、 3歳年上のお兄さん がいます。

小さい時から仲が良かったそうですが、小さい弟の北斗くんをかわいがっていたのでしょうね。

年齢も近いことからとても中が良く、小学校3年生までは一緒に帰っていたそうです。

小学生の時までは「お兄ちゃん」と読んでいたそうですが、中学に入り「お兄ちゃん」と呼ぶのが恥ずかしくなり名前で呼ぶようになったのだとか。

お兄さんは3歳年上で兄弟仲も良く、大人になった今でも一緒に買い物に行くこともあるそうです。

ネットでは、松村北斗さんとお兄さんが一緒にでかけているところの目撃情報が出回ることもあるようです。

松村北斗の兄の名前・仕事・顔画像

お兄さんは一般人であるため、名前や職業、顔画像などは公表されていませんが、子供の時の仲睦まじい様子の画像がありました。

それは、北斗くんがとお兄さんの合同誕生日会のこと。

北斗くんの誕生日が6月18日で、3歳年上のお兄さんの誕生日が6月14日ということで、松村家では二人の誕生日を一緒に祝っていたそうです。

北斗くんが6歳、お兄さんが9歳の合同誕生日では、ケーキに刺したロウソクは6本。お兄さんに合わせると9本なのですが、北斗くんの6歳に合わせて6本にしてくれているそうです。子供時代のお兄さんの笑顔、優しそうですね。

大人になってからの写真は公表されていませんが、北斗さんは中村倫也さんや江口洋介さんに似ていると言われているので、お兄さんも中村倫也さんや江口洋介さんに似ているかもしれませんね。

お兄さんの性格については、北斗さんいわく「僕はマイペース、あっち(兄)は優しいけどヘン」ということです。

優しい・・はわかりますけど。ヘンって、どんな性格なのでしょう(笑)

お兄さんの「ヘン」エピソードも聞いてみたいですね。

小さい頃から、弟としてかわいがっていた北斗くん、人見知りな北斗くんがジャニーズに入所して頑張っている姿を、どのような気持ちでお兄さんは見守っていたのでしょうね。

人気ものになり忙しくなった今でも仲よく出かけられるお兄さんは、人見知りな北斗くんには心の拠り所なのでしょうね。

松村北斗の母親

松村北斗さんのお母様の職業は看護師。厳しくて優しい人だそうです。

母親の教えは「自分のするべきことを考えなさい」というもの。だからこそ、小学校で憧れたジャニーズに挑戦し、オーディションに合格してからもしっかり努力を怠らずに頑張ってきたのでしょう。

料理上手は母の影響

看護師として働いていたお母様は忙しかったため、北斗さんは、母親の帰りが遅い時は自分で夕食を作ることもあり、高校時代には週に2・3回も自分でお弁当を作るほどになったそうです。今では、番組で披露するほどの料理の腕前です。

高校生の男の子のお弁当作りとしてはかなり優秀で、彩りなども考えて人参は傷めずにレンジで加熱するなどの工夫もしていたようです。

忙しくて放おって置くだけでは、自分できちんと料理ができるようにはならないと思うので、きちんと指導して自立して料理もできるように導いたのでしょうね。

名付け親は母親

「北斗」と名付けたのもお母さんです。

名前の由来はこちらで説明

ジャニーズ入所のきっかけを作ったのも母親

ジャニーズ松村北斗くんの誕生のきっかけはお母さんでもあります。

小学生の時に山下智久さんに憧れた北斗少年に、ジャニーズのオーディションの存在を教えたのがお母さんです。

お母さんがオーディションを受けることを提案していなければ、ただジャニーズに憧れていただけで、アイドルの北斗くんが誕生することはなかったかもしれません。

ただし、お母さんは北斗くんをアイドルにしたかったわけではなく、「山下智久さんになることを妄想している」北斗くんに、現実を知らせて目を覚まさせるつもりだったのだそうけど・・。

松村北斗の父親

北斗さんの父親は、北斗さんが初めてジャニーズのオーディションに行く時に、静岡から東京まで車で送迎してくれています。

静岡からは新幹線で東京へ簡単に行けますが、人見知りな北斗くんを少しでもリラックスさせたいという親心だったのかもしれません。北斗くんの夢を応援してくれていたんですね。

ご両親共に、間違ったことをしたときには厳しく叱る両親でしたが、いつもはとても優しいご両親だったようです。

特に父親は、北斗くんが「どこかへ行きたい」というととても嬉しそうな顔を見せるような、子供に甘くて優しいお父さんでした。

松村北斗さんのお父さんについては、コンサートで目撃した人によると「ジャニーズ系のイケメン」だという情報があります。北斗さんは江口洋介さんに似ていると言われていますが、お父様も江口洋介似のイケメンかもしれませんね。

松村北斗の名前の由来

松村北斗くんの名前、「北斗」は本名です。

この名前をつけたのはお母さん。

「かつて旅人が道に迷った時、夜空の北極星(旧北斗星)を頼りに歩いたように道標となる人に育ってほしい」という思いを込めて母親が名付けたそうです。

とてもすてきなエピソードですね。ロマンチックなお母さんなのかな?

お兄さんの名前のエピソードも聞きたくなりますね。

以上、松村北斗くんの家族構成とご家族の仲良しエピソードについてまとめました。

小学5年生の時に、山下智久さん憧れてまっすぐにジャニーズを目指し、夢を叶えた北斗さん。

そしてそんな北斗くんを心配しながらも夢を応援し続けたご両親とお兄さん。人気ものになった今でも、仲良く買い物に行くなど微笑ましい関係ですね。

人見知りだという松村北斗さんにとって、心から安心できるご家族なのでしょうね。

松村北斗くんの中学時代や出身中学、出身地についてはこちら

松村北斗くんのメガネ・サングラスのブランドはどこ?