小学校の卒業式に出る教員はパンツスーツOK?20代養護教諭の場合!

卒業式
卒業式

現在卒業式シーズン真っ只中ですね。

色々な所で卒業式おめでとうという言葉を聞くものです。

さて小学校の卒業式もだんだんと迎えられている先生方も多いですね。

卒業式には学校の教員全てが参加されます。

養護教諭の教員でも卒業式に参加し、 生徒をお祝いしてあげますよね。

ですが当日の服装について悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は卒業式に出席する教員の服装について紹介していきます。

小学校の卒業式に出る教員はパンツスーツOKなの?

まず20代養護教諭の先生が卒業式に参加する場合、服装は パンツスーツでも大丈夫 です。

 基本的に女性教員はシンプルで地味なカラーを選ぶようにしましょう。 

卒業式で女性教員の服装は、 華やかすぎるのは卒業式という場にはふさわしくないので、パンツスーツを選ぶのはとてもいいことなんですよ。

ただし卒業生の保護者のお母さんもパンツスーツを着て参加することがあります。

女性教員のパンツスーツ姿とお母さん方の着るパンツスーツ姿がかぶってもいけません。

ですから女性教員はブランドのフォーマルパンツスーツを選ぶのがおすすめです。

そしてコサージュなどを胸元につけて、少し華やかさを演出するようにするといいでしょう。

特にパンツスーツ姿であれば、 シルバーのブローチにパールが装飾されているものは、とっても豪華で素敵なコーディネートになりますよ。

またパンツスーツ姿はとてもシンプルになりますので、ブローチをつけることで輝きを演出することができます。

小学校の入学式に出席する教員にふさわしいパンツスーツの色は?

卒業式が終わるとすぐに入学式の時期がやってきます。

新たな生活のスタートになるお祝いの日、教員はどんな色のパンツスーツで参加すると良いのでしょうか。

まず入学式というのは子供にとっての晴れの日をお祝いしてあげる日です。

先生方は派手すぎずさりげない華やかさを演出した装いで出席することで、これからの生活に不安を抱いている子供や保護者たちからも好感度があるようですよ。

最近では先生方の服装も自由になってきているような印象がありますが、私の息子が1年前に入学式を体験した時は、スーツやワンピースを着ている女性の先生がほとんどでした。

その中でもやはりパンツスーツで参加している女性教員がほとんどでしたが、皆さんクールなコーディネートつまり黒や紺色で出席されていましたよ。

そして胸元にコサージュをつけるなどして、全体的に地味になりがちなパンツスーツ姿も華やかさをプラスすることで、 お祝いの日にぴったりのコーディネートになっていました。

まだ二十代であれば、色々な種類のスーツも持っていないこともありますよね。

お手持ちの中のスーツからうまく組み合わせ、入学式にぴったりのコーディネートにしてみてください。

まず大切なことは、子供たちや保護者よりも教員の服装が派手にならないこと、 そして心から入学のお祝いをするということが大切です。

また学校によっても、 服装の傾向が異なると思いますので、上司の方などに当日の服装についてあらかじめ相談しておくといいですね。

そうすることで自分の当日の服装も決めやすく、また当日もその場に合った服装で参加できるので、服装のことを気にせず心から生徒のお祝いをしてあげられると思いますよ。

小学校の卒業式に出る教員はパンツスーツOK?のまとめ

卒業式や入学式の女性の服装についてまとめてみました。

どちらも生徒や保護者、また来賓の方などから見られる立場にいるため、服装など気にしすぎてしまうこともありますよね。

そこまで気にしすぎる必要はありませんが、 大勢の方から見られているという意識を持ち、派手すぎず少し華やかさをプラスする・上品で清潔なコーディネート、を心がけて当日参加してくださいね。

そして生徒にとっての門出となる1日、先生も心からお祝いしてあげられるように是非参考にしてみてください。