ボクの殺意が恋をした【キャスト・あらすじ・ロケ地】中川大志主演新ドラマ

エンタメ

『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系列の新日曜ドラマ)が、2021年7月4日より放送開始です!中川大志の役は才能ゼロの殺し屋・男虎 柊(おのとらしゅう)最高に“間が悪い”殺し屋を主人公を演じます。標的の鳴宮 美月(なるみや みつき)は新木優子。

殺し屋なのに標的(ターゲット)の美女を殺すどころか好きになってしまい、殺意と恋が交錯していく様子を描いたスリリング・ラブコメディ。ドラマ『ルパンの娘』などの徳永友一が脚本を務めます。

この記事では、『ボク恋』の第1話から最終話までの全話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想などを中心に、キャストなど最新情報を紹介していきます。

基本情報

  • 放送局:日テレ系
  • 放送日時:日曜10:30〜
  • 放送開始日:2021年7月4日~
  • メインキャスト:中川大志・新木優子・藤木直人
  • 原作:連続ドラマ「グッド・ドクター」、映画「翔んで埼玉」などの脚本家の徳永友一によるオリジナル脚本
  • 主題歌:Vaundy「花占い」7/5(月)0:00配信リリース
  • 公式サイト
  • twitter
  • Instagram

あらすじ

主人公は身体能力100点、ルックス100点、でも殺しの才能0点。

自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊おのとらしゅう。
しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変!
育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する!
そして主人公は用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月なるみやみつきに近づくが…

殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない…!逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?

恋に落ちてはいけない(落ちるはずもない)二人が、まさかの恋に…!

最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか???

『ボクの殺意が恋をした』公式サイトより

▶ 1話から最終話までのあらすじはこちら

キャスト・出演者の紹介

ゴールデンタイム初主演の中川大志に注目!

  • 男虎 柊(おのとら しゅう):中川大志
    最高に“間が悪い”殺し屋
  • 鳴宮 美月(なるみや みつき):新木優子
    暗殺ターゲットのミステリアス美女
  • 男虎 丈一郎:藤木直人
    柊の育ての親・伝説の殺し屋

男虎 柊(おのとら しゅう):中川大志・25歳

最高に“間が悪い”殺し屋

伝説の殺し屋の後を継ぐことになる、殺し屋初心者のルーキー。肝心な時に必ず失敗してしまう“間が悪い男”。5歳の時に実の両親を亡くし、伝説の殺し屋・男虎丈一郎に育てられた。抜群の身体能力、甘いルックス、優しい性格、とモテ要素しかないのに、とにかく間が悪いことが災いし、完全なる非モテ男。育ての父である丈一郎が殺害されたことから、自分を育ててくれた丈一郎の復讐の為、殺し屋家業を継ぎ、鳴宮美月を殺すために立ち上がる。

鳴宮 美月(なるみや みつき):新木優子・26歳

暗殺ターゲットの”ミステリアス美女”

大人気漫画「ハリネズミ探偵・ハリー」の原作者。私生活が謎に包まれているクールビューティーで気が強い女性。男虎柊の育ての父である男虎丈一郎殺害の真犯人だと刑事・綿谷詩織に断定される。
極度の人嫌いのため、一切表に顔を出さない完全にベールに包まれた大人気漫画家だったが、漫画大賞受賞を機に、その美貌も相まって世間から大きな注目を浴びることになるが、実は”大きな秘密”を抱えており、その秘密が後々に大きな波紋を呼ぶことになるのだが、そのことはまだ美月本人も知らない。

男虎丈一郎:藤木直人・48歳

柊の育ての親である”伝説の殺し屋”役

清掃会社を経営しているが、実は「殺し屋」を裏家業としており、コードネームは「五黄(ごおう)のトラ」。警察が法律で裁くことができない悪人を暗殺している“伝説の殺し屋”で、数々の難しい任務を成功させてきた“殺し屋組織:SOS”のトップエージェントである。柊を育てていくうちに、自分の生き方を見つめ直すようになり、やがて柊には真っ当な道を歩んで欲しいと願うように。そして、“鳴宮美月”をターゲットとした“殺し屋”の仕事を最後と考えていたのだが、返り討ちにあってしまい、殺害されてしまう。

水瀬千景(みなせ・ちかげ):田中みな実・32歳

クールビューティーな人気マンガ家・鳴宮美月・なるみや みつき(新木優子)のアシスタントを長年務めている、極めて優秀なチーフアシスタント。絶賛婚活中で、仕事中でもやたらとマッチングアプリを気にして男あさりをし、とにかくイケメンに目がない。一見すると、気さくでオープンに明るく人と接しているようにみえるが、実は大きな秘密を隠している“大きな秘密”を抱える。

八乙女流星(やおとめ・りゅうせい):鈴木伸之・27歳

殺し屋界のエースで“デス・プリンス”

表の顔は、世界をまたにかける人気モデルだが、裏の顔は、”芸術的な殺し方”に強いこだわりがある天才肌の殺し屋で、コードネームは「デス・プリンス」。クール&スマートで格好良いが、かなりのナルシストであり、“死”に対して敬意を持っており、。たとえターゲットであっても死に様は美しくあるべきだとのポリシーを持っている。ある組織から依頼を受けて、鳴宮美月の殺害に携わることになる。

風岡樹生(かざおか・たつき):中尾明慶・32歳

“出世命”のマンガ担当編集

大人気漫画家・鳴宮美月の担当編集者。とにかく〆切を守りたいため、鳴宮美月のわがままに付き合いながら、〆切通りに原稿を上げさせる、忠実な仕事人間で、覆面漫画家だった鳴宮美月のデビュー時からの担当である。〆切に終われる仕事部屋では文句を言いつつも、揶揄われたりして、ムードメーカー的な役割を果たす。友好的でお調子者ではあるが鈍感な一面もあり、事態を思わぬ方向へ持っていってしまうことも。

綿谷詩織(わたや・しおり):水野美紀・45歳

警察官でありながら殺し屋組織の責任者

普段は警視庁の生活安全課に所属している準キャリアの刑事で、穏やかで優しい女だが、実は警察組織内に秘密裏に存在している、法では裁けない人間を闇に葬り去る“殺し屋組織 Secret Operation Service(通称:SOS)”を束ねている。柊とは幼い時からの顔馴染みであり、何かと柊の面倒を見てきた。今も昔も柊にとっては心を許せる精神的支えのような存在であり、良き理解者かつ相談相手でもある。心優しい柊を見て、殺し屋から身を引くように何度も諭そうとする。

ボクの殺意が恋をした*ロケ地

▶ ボクの殺意が恋をした ロケ地|ホテル・海岸・公園・出版社の撮影場所は?

▶ ボクの殺意が恋をした|美月(新木優子)のマンションロケ地3箇所を紹介

▶ ボクの殺意が恋をした 2話|花火大会・神社ロケ地と新木優子の浴衣・バッグ・下駄

▶ ボクの殺意が恋をした*ロケ地|グランピング施設・山小屋・湖はどこ?・3話

あらすじ・ネタバレ

『ボクの殺意が恋をした』の第1話から最終話までのあらすじ・ネタバレを紹介します。

第1話あらすじ

7月4日のドラマが放送され次第、第1話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第2話あらすじ

7月11日のドラマが放送され次第、第2話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第3話あらすじ

7月18日のドラマが放送され次第、第3話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第4話あらすじ

7月25日のドラマが放送され次第、第4話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第5話あらすじ

8月1日のドラマが放送され次第、第5話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第6話あらすじ

8月8日のドラマが放送され次第、第6話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第7話あらすじ

8月15日のドラマが放送され次第、第7話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第8話あらすじ

8月22日のドラマが放送され次第、第8話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第9話あらすじ

8月29日のドラマが放送され次第、第9話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

第10話(最終話)あらすじ

ドラマが放送され次第、第10話あらすじ・ネタバレ・ロケ地・感想を更新します。

happy-kirei