水10『ハコヅメ』7/7~戸田恵梨香&永野芽郁が交番女子に!あらすじ・感想とネタバレ

エンタメ

日テレ新水曜ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子』は、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんのダブル主演で7月7日からスタートします。

『ハコヅメ』泰三子さん原作の人気漫画で、働く交番女子のドラマです。原作者の泰三子さんは某県警に10年勤務されたという方なので、ストーリーが超リアル!漫画もとても面白いのでドラマも楽しみです♪

〖ハコヅメ~たたかう!交番女子~〗のキャスト・あらすじとネタバレ感想をまとめています。

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子』基本情報

  • 放送局:日テレ系
  • 放送時間:水曜日 夜10時から
  • 放送開始:2021年7月7日~
  • メインキャスト:戸田恵梨香、永野芽郁
  • 原作:泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』
  • 脚本:根本ノンジ『監察医 朝顔』などを手掛ける
  • 主題歌:未定
  • 公式サイト
  • 公式Twitter
  • 公式Instagram

『ハコヅメ』キャスト

2021年7月スタートの新水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』。戸田恵梨香がワケありの元エース刑事、永野芽郁が天然の新人警察官を演じます。その他主要キャストを紹介します。

藤聖子役/戸田恵梨香

藤聖子(30)。交番に飛ばされたワケあり元エース刑事

警察官として極めて優秀で警察学校を首席で卒業したほど。
サバサバしていて、思ったことは忖度なしでハッキリ言う性格。
一方、実は寂しがり屋で、宿舎の隣に住んでいる川合の部屋に入り浸ることも。
仕事の優秀さに反し、男心がわからず恋愛下手という残念な一面もある。
そして、交番に異動してきたのにはある理由が…

川合麻衣役/永野芽郁

安定収入を求めて警察官になったひよっこ

地域課の警察官。新任として町山交番に配属された。
とても純粋で自分では気づいてないがかなりの天然。
年上に対しても、空気を読まず自分の意見をバシッと言うことも。
料理が苦手で、ファッションに疎い。
少女漫画で恋愛の勉強をしているが、それを活かす機会にこれまで恵まれたことはない。
安定収入を求めてたまたま警察官になったものの、交番勤務にやりがいを感じられず辞めようと思っていた時に、藤と出会い…

源誠二役/三浦翔平

源誠二(30)

捜査一係の刑事。山田とペアを組んでいる。
藤とは警察学校の同期で、首席だった藤とは対照的に成績はビリだった。
天性の人たらしで、地域住民からは広く慕われている。
「取り調べの天才」として、被疑者を“落とす”能力は署内随一。
一方負けず嫌いで思い立ったら即行動。
そのためたびたび問題を起こし、上から怒られることも…。
同期の藤を唯一「聖子ちゃん」と呼び、一見フレンドリーに接するが、警察官としての反りは合わず嫌味の応酬や口喧嘩もしょっちゅう。
しかし実は、誰よりも藤のことをフォローし支える存在。

山田武志役/山田裕貴

山田武志(29)

捜査一係の刑事。源とペアを組んでいる。警察学校では藤と源の一期後輩。
二人には警察学校時代からしごかれ、今なお都合良く使われている。
正義感が強く時折カッとなり余計な行動を取ってしまうが、実は生真面目で努力の男。
体力だけには自信があるのだが、何でもできる藤と、取り調べの天才の源という天才肌の先輩二人の陰で、ひそかに凡人コンプレックスを抱えている。
藤と源のいざこざを常に仲裁し、いざという時は二人をうまく誘導して協力させ、事件を解決に導くなど、機転が利く所もある。先輩二人にとって潤滑油的な役割を果たす。

牧高美和役/西野七瀬

牧高美和(27)

捜査一係の紅一点。女子校育ちのため、「ザ・男社会」の刑事課になかなか慣れずにいる。
司馬遼太郎の『燃えよ剣』をバイブルとするほどの「新撰組オタク」。
「仕事内容が新撰組に似ているから」という理由で警察官を目指したちょっぴり変わり者。
運動神経は壊滅的だが、頭の良さから書類仕事が得意。
仕事に対して責任感が強く、その姿勢は強面の同僚たちからも認められている。

北条保役/平山祐介

北条保(48)

捜査一係の係長。強面で物言いも強く一見するとかなり怖いが、実は部下想いで優しい。
常に怒鳴り散らしているのも、部下をさらに上から守るため。
周りの健康状態を気にかけるあまり、自分自身が無理し過ぎるところがある。
子だくさんで、デスクには子供の写真を飾っている。

吉野正義役/千原せいじ

吉野正義(51)

警察署の副署長。柔道の猛者で機動隊出身。
副署長という立場ながら様々な訓練の講師もしている。
上からの圧と下からのワガママに挟まれて悩む中間管理職。
既婚者で一児の父。

伊賀崎秀⼀役/ムロツヨシ

伊賀崎秀⼀(46)

町⼭交番の交番所⻑。藤と川合の直属の上司にあたる。
部下からは「ハコ⻑」と呼ばれている。
いつものらりくらりしていて、とにかく楽に仕事をすることを第⼀優先に考えているただの⼈の良いおじさんのように⾒えるが、藤が悩んでいる時や、川合が失敗した時など、さりげなくフォローする。実は誰よりも2⼈のことを考え、見守っている存在。
「最⼩限かつ無難に仕事をこなすため」と、署内の未解決事件は全て頭に⼊っている。

『ハコヅメ』の原作者の泰さんは元婦人警官!

今回のドラマの原作は泰三子による漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』で、雑誌『モーニング』で2017年から連載中。シリーズ累計発行部数は120万部を突破し、2021年には第66回小学館漫画賞「一般向け部門」を受賞した話題作。

原作者である泰さんは、もともと婦人警官で、しかもこれが初めて描いたマンガなのだそうです。

警官を辞めて漫画家になったのは、泰さんが産休をとっている間に熱心に面倒を見て下さった先輩が過労で現職中に亡くなってしまったことがきっかけなのだそうです。そして、たくさんのいい人が『警察官になりたい』と応募してくれたら、警察官の負担が減り過労死がなくなるのでは?と考え、漫画を描こうと思ったのだそうです。

元々は警察を広報するために漫画を活用しようと考え企画を考えたそうですが、上司の決済が通らないのでは?と思い立ち「モーニング」に自分が書いた漫画を送ったのだそうです。

なぜ「モーニング」?かというと、同僚が酔った時に「モーニングとかで警察のいい感じのマンガが始まっていたら、警察にいい子がいっぱい来るのに」と話していたからだそうですよ!

しかも、泰さん、「モーニング」はもちろん漫画もあまり読まない人だったというのです。初めて書いた漫画がこれだけ面白いのですから、漫画の才能が眠っていたのですね。

ちなみに、泰さんは似顔絵捜査官もされていたそうでそんな経験も漫画作成に役立っているのかもしれませんね。

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子』のあらすじ

交番に飛ばされたワケあり元エース刑事 戸田恵梨香

安定収入を求めて警察官になったひよっこ 永野芽郁

交番女子の最強ペアが誕生!!!

「もう辞めてやる!」 地域の人たちのために働いているはずが全く感謝もされず、 ただただハードな交番勤務に身も心もボロボロ…。 こうして辞表を握りしめたひよっこ警察官・川合麻依(永野芽郁)

そんなギリギリの精神状態な川合の前に現れたのが 元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)。 パワハラで交番に異動させられたという話だが… この出会いが2人の人生を大きく動かす!

突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋(!?)に奮闘する!

そして明かされる…藤が交番に来た本当の理由とは!?

「お巡りさんの仕事ってこんななの!?」ワケあり元エース刑事×天然新人の最強ペアが繰り広げるやけにリアルな交番エンターテインメント!

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子』公式サイトより

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子』の口コミ

 

happy-kirei