イチケイのカラス 9話【あらすじとネタバレ・感想】人は矛盾している。割り切れない。

エンタメ

『イチケイのカラス』9話は、5月31日月曜午後9時からの放送でした。

今回、入間みちお(竹野内)や坂間千鶴(黒木華)ら“イチケイ”が扱うことになったのは、桐島家の家政婦・高見梓(春木みさよ)が、口論になった桐島優香(八木さおり)をバルコニーから突き落としたとされる「世田谷家政婦殺人事件」。この事件が、裁判員裁判で審理されることになります。

優香の娘・希美(松風理咲)が見守る中で開かれた第1回公判で、梓は「自分は殺していない、あれは事故」と主張し、遺産の件も知らないと証言します。梓は、5年前に火災で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ていて……。

イチケイのカラス 9話のあらすじ・ネタバレ

『イチケイのカラス』9話では、入間や坂間たち“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになります。書記官の川添(中村梅雀)を中心に、早速裁判員の選任手続きが行われ、その結果、裁判員には塾講師の大前正一(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)、土木作業員の田部公平(山口森広)、主婦の立原理沙子(太田順子)、証券マンの西園寺勝則(永田崇人)、大学生の小中渚(羽瀬川なぎ)の6人が、補充裁判員として派遣社員の新村早苗(行平あい佳)、「みちおを見守る会」メンバーで自由業の富樫浩二(明樂哲典)が選ばれます。

事件の被告人は高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)。

桐島家の家政婦・高見梓(春木みさよ)は、口論になった桐島優香(八木さおり)をバルコニーから突き落としたとされる事件。

梓は家政婦として桐島家で働いていましたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという疑いがかけられています。梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置。たまたまやってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼んだが、優香は命を落としていました。

また優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていたというのです。

第1回公判で、優香の娘・希美(松風)も見守る中、梓は、自分は殺していない、あれは事故だと主張します。さらに、遺産の件も知らないと証言。

しかし、すぐに救急車を呼ばなかったことや、金銭が絡む遺言の件、そして、梓が5年前、火災事故で夫と娘を亡くし多額の資産を得ていたことなどから、裁判員たちは梓が嘘をついていると判断。

職権発動!そして真実が明らかに

第2回公判では、被害者(優香)の娘である希美の証人喚問では、11歳の時に心臓移植を受け、退院後は母と家政婦である梓に守られて育ち、自分にはおばのような存在だった。梓を信じていると証言します。

続いて、同僚の家政婦の証言からは、被告人を悪く言う証言が全くありません。そのため、裁判員たちは動揺し始め、人の人生を決めてしまう裁判への不安と裁判員の必要性を疑い始めます。裁判官だけでやるべきではないか?と。

そんな裁判員に対し、入間みちおは「育ちも環境も違う人間だからからこその正しさがある。みなさんが思ういろんな正しさから真実を見極めることが裁判員裁判」だと訴えます。

そして、坂間千鶴も「しんどい、きつい、それは被告人の心に触れたからではないか、人は矛盾している、善人にも悪意がある、悪人の中にも善意がある。被告人の気持ち知りたいと思いませんか」と問いかけました。

二人の言葉に助けられ、裁判員達は裁判と向き合うことを決めます。そして、ここで職権発動!

裁判員達はそれぞれにもっと知りたいことについて発言し始めます。それらをすべてムチャブリして調べ直すことに。

そうして真実が明らかになるのでした。

優香の思いを憶測で捻じ曲げられたくない、そう言って梓は真実を語り始めます。

実は、優香の娘・希美(松風理咲)は幼い頃心臓移植を受けているのですが、その心臓は梓の亡くなった娘のもので、梓は希美に娘の心臓が移植されてことを知り桐島家を訪れたというのです。さらに優香は13年前、夫から殺されそうになり、その夫を殴って殺害していた…というのです。

土砂崩れによって夫の遺体が発見されてしまったことから、優花は真実を梓に告げ、娘のことを託します。そして、娘に残酷な真実を知られないたくないという想いから自殺したのでした。

結果、被告人である梓は、殺人ではなく自殺幇助の罪で執行猶予の判決がくだされました。

『イチケイのカラス』9話の感想

今回の話は、「12人の優しい日本人」 を思い出しました。

日本に陪審員制度があったら?という30年前の映画だけど、面白かったなぁ。

裁判員裁判の様子が描かれ、人をさばく側の責任の重さがテーマとなった『イチケイのカラス』9話。裁判員も裁判官と同じように責任と覚悟を持って裁判に向き合わなくてはいけない。

その事はわかって履いても、実際に自分が裁判員になったら、冷静に判断できるのかと考えさせられました。「真実はいつもひとつ!」と、スッキリ割り切るわけには行かないものですよね。

 

今回は、裁判員の一人、証券マンの西園寺勝則役で永田崇人さんがゲスト出演していました。カラフラブルのゆうたんと違いすぎて、メガネスーツ姿の人が同一人物ってわからなかったですよね!

『グッドパートナー 無敵の弁護士』で竹野内の娘役を演じた松風理咲さんの演技も良かったです。被告人を最後まで信じ通す芯の強さや、どんな真実も受け止める覚悟のようなものが表情からも伝わってきました。

それにしても、9話最後の、竹野内豊さんがにっこり微笑みながら、超ソフトボイスで「ご飯一緒に行く?」「ご飯食べに行こうよ」って誘ってくるの破壊力ありすぎでした!

『グッドパートナー 無敵の弁護士』で竹野内の娘役を演じた松風理咲が出演

『イチケイのカラス』9話では、物語のキーパーソンであり、母親を失う“悲劇のヒロイン”桐島希美”役で松風理咲(まつかぜ・りさき)さんが出演しました。

松風理咲さんは、2016年放送のドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』で竹野内さん演じる主人公の娘役でドラマデビュー。それ以降、話題作に立て続けに出演し注目を集めている女優さんです。

「グッドパートナー」の娘役もキュートでしたし、「グッド・ドクター」松井愛莉さんの妹役も良かったですよね!

5月29日に放送した「ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情」第10話にも出演。不良に絡まれる主人公を救う高校生・小寺カリン役を熱演していました。

松風理咲さんは、『イチケイのカラス』で坂間千鶴を演じる黒木華さんの事を、以前から憧れの女優と公言しています。「声や雰囲気が柔らかいが、お芝居になると心に響いてくる」のだそうですよ。

happy-kirei