危険なビーナス5話 ネタバレ感想|聞こえなーい!からの土下座・禎子の死の真相は?

エンタメ
エンタメ

危険なビーナス5話では、やっと話が動き出した感がありますね。

前半は、4話で発覚した祥子たち不倫チームが康治殺害の企ての様子、そして後半は康治と伯郎による「親子の物語」が軸になった回でした。

そして、祥子様の「聞こえなーーい!」からの隆司の土下座。ネットでも「半沢直樹?」とちょっと湧きましたねw。もっとも隆司の場合は躊躇せずへちょっと即座に土下座していましたけどね。

終盤では「養子コンビ」と呼ばれる佐代と勇磨の関係も明らかに!さらに、伯朗の母・禎子の死の真相も?!

そして、今回もきっちり組み込まれていた伯郎の妄想シーン。賛否両論ありますが、ここはもう、しっかり楽しんで伯朗の妄想の後には「とは限らない」って一緒につぶやいてしまいましょう!

危険なビーナス5話のあらあすじ

動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木聡)のもとに、差出人不明の手紙が届きます。手紙には「今夜、康治が殺される」と書かれています。

伯朗は誰かのイタズラと軽く考えているに対し、楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理。

一方矢神家では、波恵(戸田恵子)が夜7時に親族を集めて”開かずの間”を開け、遺産を再確認することを決めていました。禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、波恵は伯朗にも来てほしいといいます。

遺産を全て手に入れるため、康治(栗原英雄)の殺害を企てる祥子(安蘭けい)は、今夜一族が”開かずの間”を確認中に計画を実行することを君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言!

やがて、“開かずの間”を開ける時刻が近づき…

危険なビーナス|矢神邸のロケ地と総額2億円の超豪華なセット

危険なビーナス ロケ地|5話で伯朗と楓がランチに訪れたレストランの場所は?

伯朗に手紙を書いたのは誰?

「今夜、康治が殺される」と書かれた手紙を、伯朗(妻夫木聡)のもとに届けたのは誰なのでしょうか?祥子が康治殺害を企てていることを知っている人物ですよね・・・

手紙には、切手も貼ってないのでポストに直接投函されたと思われます。

波恵がすべての鍵を握っているのか?

とりあえず、切手も貼らずに伯朗の宛名のみでポストに投函されている手紙を怪しむことなく持ってきた元美が関係しているのか?と思いますが、黒幕は波恵なのでは?と思うんですよね・・・(伯朗も怪しんでいる様子はなかったし)

伯朗がアルバムを見て、康治の愛情に気づくシーンでも、波恵が最後まで見るように誘導しているように見えますしね。

もし、手紙を用意した人物が波恵で、祥子が康治殺害を企てていることを知っていて伯朗に止めさせようとしていたのなら、あの落ち着き具合は逆にふしぎでもありますが・・・

祥子の康治殺害計画を伯朗に阻止させることにも意味があるのでしょうか?

伯朗が康治を「お父さん」だと認めなくなったきっかけ

伯朗が康治を「お父さん」だと認めなくなったきっかけは、子供の時に康治が動物実験をしている映像を見てしまったことだと明らかになりました。

それは、かなりショッキングな映像で、その夢を今でも見るほどのトラウマになっているようなのですが、じゃあなぜ獣医なんだ!ってちょっと不思議。

動物実験の様子をみてそんなにショックを受けているなら、獣医の道なんて選ばないような気がするんですけどね・・。獣医になるまでに動物実験とか手術の実習とかないんでしょうかね。それは大丈夫だったのか?

逆に、そのトラウマこそが康治と伯朗を結びつける記憶でもあったのかも・・・伯朗は「純粋に動物が好きだったから獣医になった」といっていましたけど。

祥子様かっこいい!

4話から祥子がかっこいい!という感想が増えています。今回も迫力満点の祥子様でした!

祥子の「聞こえなーーい!」からの隆司の土下座。そして「ワンティーームッ!」半沢直樹を彷彿とさせるシーンでしたね。

祥子様を演じているのは、安蘭(あらん)けいさん。元宝塚歌劇団星組トップスターなんです。さすが美しい立ち振舞です!卒業時の成績は首席だったそうですよ。

本籍地とお祖父様の出身地が韓国なんですねー。安蘭さんは在日韓国人3世で、芸名は「アリラン伝説」の主人公アランに由来しているそうです。

恐るべし!佐代と勇磨は何でも知っている?

不倫チームの祥子たちが康治の殺害を企てていたことは、佐代と勇磨にもバレていました。盗聴器を仕掛けていたようですね。

矢神家の人間の弱みや遺産の秘密や色々握っているようですが、一体何を企んでいるんでしょうね・・。

康治殺害計画が失敗し、一人やさぐれて飲んでいる祥子さんに伯朗と楓は、康治の部屋に盗聴器が仕掛けられていたことを明かします。盗聴器を仕掛けた人物は勇磨と佐代でした。

その事実を知った祥子は憎々しげな表情で「あいつら…」とつぶやき、康之介の後妻である自身の母が、かつて康之介の愛人に殺害されたと告白します。そしてその愛人が現在養子として矢神家に入った佐代で、康之介と佐代の間にできた子どもが勇磨であると暴露したのでした!

親子であのイチャつきってどうなの?

5話の終盤で、「養子コンビ」と呼ばれる佐代と勇磨の関係も明らかになりました。

佐代は康之介の愛人で、勇磨の母。結婚という形は取らずに、親子一緒に養子にするという形になっていたんですね。

もっとも、公式サイトの家系図にはしっかり記載されているので知っている視聴者も多かったですよね・・

ネットでは、「まさか!」と驚いた人もいましたが、「やっと明かされたね!」などの声も上がっていました。

それにしても、その関係性を知らなくても知っていても納得できないのが二人のイチャつき具合ですよね。くっついていないと話できないのか!と思うくらいのイチャイチャ具合。

これって、ただ単にこういう親子でした、で終わるの?今後、この関係性のネタバレがあるのか?も気になります。(なさそうですが・・・)

伯朗の母の死因は?誰に殺された?

勇磨と佐代の他に、波恵も盗聴器を仕掛けていたことを知らされた祥子は、伯朗の母・禎子も誰かに殺されたのだと暴露します。

次回予告では、明人が「事故じゃない、母さんは殺されたんだ」と話しています。いよいよ、明人登場か?!伯朗の母・禎子の死と明人の失踪は関係あるのでしょうか?まぁ、伯朗の妄想シーンの可能性もありますから、そのあたりは次回のお楽しみということにしておきましょう・・。

お約束!伯朗の妄想シーン!

賛否両論ありますが、今回もきっちり伯朗の妄想シーンも忘れずに組み込まれていました。

今回の妄想シーンでは、少年時代のトラウマを告白した伯朗を楓が優しく抱きしめてくれるというもの。

妻夫木さんもお楽しみにしているのでは?こちらも、余計なことは考えずに伯朗の妄想シーンは本編とは別に楽しむことにしましょう!

危険なビーナス5週連続2桁キープ!

危険なビーナス5話の視聴率は「10.9%」でした。

放送回 視聴率
第1話 (10/11) 14.10%
第2話 (10/18) 12.50%
第3話 (10/25) 11.70%
第4話 (11/1) 11.00%
第5話 (11/8) 10.90%

前クールの「半沢直樹」の視聴率は最終回で平均世帯視聴率32・7%を記録しています。半沢直樹おそるべし!

危険なビーナスも、いよいよ、

名家・矢神家の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑んでいく“危険なラブサスペンス”

となるのでしょうか?後半の盛り上がりを期待しましょう!

「危険なビーナス」あらすじ感想

危険なビーナス ネタバレ感想4話|祥子と隆司の関係とまさかの展開!

危険なビーナス5話 ネタバレ感想|聞こえなーい!からの土下座・禎子の死の真相は?

危険なビーナス6話 あらすじ感想|勇磨の匂わせインスタと明人登場!

危険なビーナス7話あらすじ|禎子の死の真相は?遺産よりも「価値あるもの」とは?!

「危険なビーナス」ロケ地・撮影場所と行き方

危険なビーナス|矢神邸のロケ地と総額2億円の超豪華なセット

危険なビーナス ロケ地|楓(吉高由里子)と伯朗(妻夫木聡)のマンションはどこ?

危険なビーナス ロケ地|3・4話の中華レストラン、支倉邸と矢神園の場所

危険なビーナス ロケ地|5話で伯朗と楓がランチに訪れたレストランの場所は?