危険なビーナスネタバレ感想9話|楓が黒幕確定?小日向は人の良い叔父さんのままなのか?

エンタメ
エンタメ

危険なビーナス9話のあらすじ・感想・ネタバレ・視聴率をまとめました。

8話ラストで浮上した楓(吉高由里子)の黒幕疑惑が解消されそうでもあり疑惑が深まったようでもあり・・・の混乱の9話でした。

危険なビーナス9話のあらすじ

伯朗(妻夫木聡)は混乱していた。母・禎子(斉藤由貴)の死の真相と、明人(染谷将太)の失踪、後天性サヴァン症候群に関する康治(栗原英雄)の研究記録。それらは関係があるのか? そして、楓(吉高由里子)は自分を裏切り、勇磨(ディーン・フジオカ)とつながっていた…。伯朗は苦しい胸の内を元美(中村アン)に吐露する。

翌朝、楓が勇磨と共に「誤解を解きたい」と動物病院にやって来る。さらに勇磨は伯朗に「手を組もう」と持ちかける。康治の研究記録を手に入れたい勇磨は、代わりに明人捜しに力を貸すと言う。楓も3人で明人を捜そうと訴えるが、楓への不信感がぬぐえない伯朗は2人を追い返す。

康治の死期がいよいよ迫り、矢神家で親族会が開かれた。遺産相続人である明人が戻ってこなければ、遺産は残る親族で均等に分配か…。一族それぞれの思惑が交錯する中、波恵(戸田恵子)が衝撃発言をする!

“楓は本当に明人の妻なのか――。” 伯朗は楓の正体を探るため、彼女の実家だという焼き鳥屋を元美と訪ねる…。

危険なビーナス公式サイトより

危険なビーナス9話は12/7(日)放送。

危険なビーナス9話の感想-ネタバレ注意!

危険なビーナス9話では、君津(結木滉星)の過去が明らかになります。

また、楓のことを疑った伯朗と元美が楓の実家を訪ねますが、楓の言っていたことが真実であったことを裏付ける証言を得ることができた反面、元美は楓の母が口裏を合わせたかのような不自然さを感じていました。

楓の実家を尋ねる伯朗を尾行していた百合華は明人のいる場所に拉致監禁されてしまいます。そこで明人から出た「君も拉致されちゃったんだ?近づきすぎたようだね楓さんに」という言葉はどういう意味なのか・・・?

楓の黒幕疑惑を一層深くしたところで9話は終了です。

一番気になるのは楓の裏切り?

伯朗の考えを整理するために元美が問題点をリストアップしてくれたのですが、その中で伯朗が一番引っかかったのは「楓の裏切り」。もう、伯朗の頭の中って楓でいっぱいじゃん!

勇磨(ディーン・フジオカ)と一緒だった楓が風呂上がりだったことがよほど気に触っているらしく、禎子(斉藤由貴)の死の真相、義父の研究内容や死が迫っていること、明人(染谷将太)の行方なんか、もうどうでもいいって感じですよね。

伯朗、しっかりしてくれ!

新たな相続人登場!君津の正体と波恵の本心は?

突然、新しい相続人として君津がクローズアップされた9話。

君津の矢神家に来る前の生活は、マッチングアプリを使って年上女性限定のホストのようなことをしていたそうで、その時に波恵が訪ねてきて矢神家で働くように誘われたという。君津くん、マッチングアプリで波恵さんからの依頼もOKだったんだね・・・。

君津自身は矢神家との関係については知らずに、母は幼少期に亡くなり、仲卸業をしている父・君津修平に育てられた。父・修平は4年前に死亡している。

佐代(麻生 祐未)は修平のことを知っているようでしたが・・・。

君津と愛人関係にあった祥子さんも、君津が弟だったなんて、もちろん知らなかったんでしょうねぇ。祥子さん、君津くんが来てすぐに誘っていたんですねー!波恵さんも知っていたならもっと早く祥子さんに教えてあげれば良いのにね。。。

楓が黒幕?!

楓の黒幕オチ疑惑が晴れそうで晴れない・・さらに楓の黒幕説が濃厚になった9話でした。9話最後には「支倉百合華を拉致した」というメールを受け取っていますしね。

確かに、最初から騙すつもりなら実家を教えてあるのにそこに工作していないはずはないですよね。あっさりお母さんの話を信じて安心してしまう伯朗も甘すぎです。視聴者はお母さんを演じているのが山下容莉枝さんという事から疑いを深めた人も多いかもしれませんね。

山下容莉枝さんが楓のお母さんというちょい役で終わるのか?とい思ってしまいます。が、それを逆手に取っている演出ならそれもすごい!

最後に明人から出た「君も拉致されちゃったんだ?近づきすぎたようだね楓さんに」と言う言葉で、ますます楓の黒幕説が深まるわけですが、ここまでされると最終話で「やっぱり違いました!」という展開が読めそうな気もしてしまいます。

とりあえず、拉致されちゃったとはいえ、一途に明人くんを思っていたっぽい百合華さんは、明人の近くに来れてよかったね、という気持ちです。

伯朗以外には礼儀正しいおディーン様

伯朗以外には、きちんと敬語を使って礼儀正しく接する勇磨。意外といい人なのかも・・・。

そしてやっぱりお母さんが大切な様子の勇磨でしたね。佐代との会話を聞いていると、佐代を裏切っているわけではなさそうですよね。

楓が疑われた「牡蠣」の件、シアトルでは最高級の牡蠣が手に入るから食べられるようになったのでは?と言っていたけど、矢神家で仕入れる牡蠣も十分最高級のものが手に入りそうだけどね。

ところで、伯朗に「楓さんには指一本触れていない」って言っていたけど、8話で伯朗に「失せろ!負け犬」って言った時、楓の肩抱いてたよねー。おディーンさま、触ってるじゃん!

明人はどこまで知ってるの?

ところどころ挟まれる明人の犯人に返す言葉や「君も拉致されちゃったんだ?近づきすぎたようだね楓さんに」と言う言葉。

明人は数々の真実を知っていそうですが、一体どこまで知っているのでしょうか?

明人が監禁されている場所、倉庫のようなところなのかと思っていたら結構きれいな部屋でしたね。

叔父・叔母の小日向文世さん・坂井真紀さんのコンビの犯人説は?

ネットでは、叔父・叔母の小日向文世さん・坂井真紀さんのコンビがちょい役で終わるはずはない!という憶測からか犯人説が上がっているのですが、なかなか本筋に絡んできませんね・・・。

伯朗から、楓の実家を聞き出すよう頼まれた叔母の順子。脇の甘い伯朗が実家が焼き鳥屋さんであるとか、楓のお姉さんがフランスで結婚してワイナリーをやっているとか、そしてそれらが本当なのかを確かめたいから楓の実家を知りたいって全部素直に話してます。順子が楓の母親役に手を回しているってことはないですかね?

楓の実家がわかったことを伯朗に報告する順子に、「怪しまれてないよね?」と確認する伯朗。「それは大丈夫!」と自信たっぷりに順子が答えていますが、この流れの中突然順子から実家について聞かれてきたら怪しむでしょ!普通・・・

だいたい、順子も自分の実家であり禎子が殺された家なのに、更地になっていたかどうかも知らないなんて怪しすぎですよね。

途中、途中で、怪しい雰囲気を醸し出しているものの、まさか、本当に人が良い叔父さんと叔母さんで終わってしまうのでしょうか?そんな小日向文世さんや坂井真紀さんの贅沢な無駄遣いってあり?

波恵(戸田恵子)さんが落ち着きすぎでは?

兄が危篤で、甥の明人は連絡も取れずに行方不明。そしてその明人の嫁だと名乗る怪しい女性が現れ、弟の牧男はなんだか怪しい行動をしてるし、妹の祥子は新たな隠し子疑惑のある君津と不倫しているし・・・

こんな状態で波恵(戸田恵子)さん、落ち着きすぎてはいませんか?

ここに来るまでに人知れず多くの葛藤と戦っていたのかもしれないけど、もうすごい大物感ですよね波恵さん。さりげなく伯朗と兄・康治との仲もとりもちつつ、粛々と矢神家の終わりに向けて準備をしている波恵さんが知っている真実は何なのか?明人の失踪とも関わっているのでしょうか?

波恵が持っていた茶色い小瓶

祥子は実の母を殺したのは佐代だと確信しています。その根拠となっていたのは母が倒れる直前に見つけた、薬品が入った茶色い小瓶。そして康治の死の前に波恵が手にしていたのも茶色い薬瓶。この毒の小瓶は元執事の手に渡ったまま行方不明に。

祥子の母の死と波恵は関係があるのでしょうか?

伯郎は康治と和解できてよかったね

伯郎と父・康治(栗原英雄)とのお別れのシーン。明人だと勘違いしている父のために伯郎は明人の話し方に似せて康治に語りかけます。

康治は自分のことを息子として愛してはいなかったと思い込んでいる伯郎は、「楽しかったですね、母さんと3人での毎日は」と語りかけるのですが、康治は指を4本突き出します。「4人よね、兄さんにとっての家族」と波恵がフォロー。

ずっと愛されていなかったと思いこんでいた伯朗にとっては、最後の最後に父にちゃんと家族として愛されていたことを知って嬉しかったはず。

明人(のフリをした伯朗)から、これからは本当の4人家族だと言われ安心したように息を引き取る康治。「ありがとうお父さん」と心から康治に語りかける伯朗。伯朗が主人公として数少ない存在感を感じることができたシーンでした。

最終話で回収できるのか?

謎解きが醍醐味のドラマとはいえ、さすがに謎ばかり広げ過ぎでは?という感じの危険なビーナス。

明人(染谷将太)の行方や誘拐犯の正体については最終話の解決でも良さそうですが、「価値あるモノ」と言われる研究についてや、禎子(斉藤由貴)の死の真相、楓(吉高由里子)の正体、「あきとにうらむな」のメッセージ、さらには君津の過去まで引っ張り出してきて、最終話、通常通りの45分でこれまでのモヤモヤを一気にスッキリさせてくれるのでしょうか?

ここまで引っ張ったのですから、やられたーー!って思わせてほしいものですね。

危険なビーナス9話の視聴率

危険なビーナスの1話から9話までの視聴率は、以下の通り

放送回 視聴率
第1話 (10/11) 14.10%
第2話 (10/18) 12.50%
第3話 (10/25) 11.70%
第4話 (11/1) 11.00%
第5話 (11/8) 10.9%
第6話 (11/15) 11.2%
第7話 (11/22) 10.9%
第8話 (11/29) 10.9%
第9話 (12/7) 8.7%

次々と出てくる疑惑がほとんど回収されないまま、いよいよ来週は最終話!時間は拡大されずに通常通りの45分でドコまでスッキリまとめられるのかも見ものです。

いろいろな謎を引っ張りすぎて離脱してしまった人が多いのか、盛り上がってきても良さそうな後半に失速してしまった感じですね。。。ここまで見た人は頑張って最終回は見ると思うのですが、来週の最終回の視聴率はどうなるのでしょうか?

危険なビーナス10・最終話あらすじ・予告

矢神家の親族会。当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人(染谷将太)が戻らない今、矢神家の遺産はいよいよ康之介(栗田芳宏)の子たちに均等に分配されることになった。しかし、楓(吉高由里子)は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴え、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方する。

その時、行方を晦ましていた牧雄(池内万作)が突然現れ、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発する。見かねた波恵が一同を制し、康之介に関するある重大な事実を語り、「矢神家は康治の代で終わりにします」と言い放つ。

そんななか、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という犯人からのメールが届いたと親族の前で告白する伯朗(妻夫木聡)。「明人は必ず僕が救い出します!」と宣言し、矢神家を後にする伯朗―。

ついに、犯人との直接対決!!伯朗は「貴重なもの」を探し出し、明人を救うことができるのか?犯人は一体誰なのか?母の死の真相とは?そして、楓は本当に明人の妻なのか?

全ての謎が明かされ、ラストには驚愕の結末が待ち受けるー。最後の最後まで目が離せない最終回!!

危険なビーナス公式サイトより

 

「危険なビーナス」あらすじ感想

危険なビーナス ネタバレ感想4話|祥子と隆司の関係とまさかの展開!

危険なビーナス5話 ネタバレ感想|聞こえなーい!からの土下座・禎子の死の真相は?

危険なビーナス6話 あらすじ感想|勇磨の匂わせインスタと明人登場!

危険なビーナス7話あらすじ|禎子の死の真相は?遺産よりも「価値あるもの」とは?!

危険なビーナスあらすじ感想8話|おディーン様と楓が!遺伝子鑑定の結果も気になる

危険なビーナスネタバレ感想9話|楓が黒幕確定?小日向は人の良い叔父さんのままなのか?

危険なビーナスネタバレ感想10最終話|犯人はやっぱりあの人でした。そして楓の正体も・・。

「危険なビーナス」ロケ地・撮影場所と行き方

危険なビーナス|矢神邸のロケ地と総額2億円の超豪華なセット

危険なビーナス ロケ地|楓(吉高由里子)と伯朗(妻夫木聡)のマンションはどこ?

危険なビーナス ロケ地|3・4話の中華レストラン、支倉邸と矢神園の場所

危険なビーナス ロケ地|5話で伯朗と楓がランチに訪れたレストランの場所は?

危険なビーナス ロケ地7話|佐代が務める銀座の高級クラブの撮影場所は?

危険なビーナス8話ロケ地|伯朗と院長がうなぎを食べていた店は?

危険なビーナス ロケ地9話|楓の実家の焼き鳥店・君津と波恵が会った昭和レトロな喫茶店

危険なビーナス10最終話ロケ地|事件後、伯朗と楓がディナーをしたレストラン