大豆田とわ子(まめ夫)2話のあらすじネタバレと視聴率|とわ子と慎森の関係はどうなる?

エンタメ
エンタメ

『大豆田とわ子と三人の元夫』の1話、面白かったですね。私はどっぷりハマりました。リアルタイムで視聴する人が少ないのか、視聴率は低めだったようですが今後の放送も楽しみです。

大豆田とわ子(まめ夫)の2話のあらすじをまとめました。

大豆田とわ子(まめ夫)2話のあらすじ・ネタバレ

ある日、とわ子(松たか子)の最初の夫である田中八作(松田龍平)のレストランで、とわ子の2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)と3番目の夫・中村慎森(岡田将生)が出くわす。さらに、偶然とわ子と娘・唄(豊嶋花)も来店。

慎森は、いつものように周囲に憎まれ口を叩く。しかし、強がった態度とは裏腹に、どんなに煙たがられてもめげることなく、とわ子に近づこうとする鹿太郎にうらやましさを感じていたのだ。そんな慎森は、公園で出会った小谷翼(石橋菜津美)に「僕には人を幸せにする機能が備わっていない」と弱音を吐くのだった。

一方、鹿太郎と八作にも出会いがある。鹿太郎は、仕事で出会った女優の古木美怜(瀧内公美)から自宅へ誘われていた。そして八作の店には、親友の出口俊朗(岡田義徳)が恋人の三ツ屋早良(石橋静河)を連れて訪れる。

数日後、唄の思い付きで元夫たちを招いて5人ですき焼きパーティーが開催される。慎森は、とわ子の部屋に結婚当時の思い出の詰まったソファーが処分されていることに気付きショックを受ける。とわ子と2人きりになったタイミングで、処分した理由を問いただそうとした慎森だったが、胸に秘めていたとわ子への思いがあふれてしまう・・・。

その晩、どういうわけか、唄と元夫たちの前でとわ子がパトカーに乗せられ、警察に連れて行かれてしまうのだった・・・。

2話の視聴率は?

『大豆田とわ子と三人の元夫』1話、実際に視聴した人の評価は高かったものの、第1話の視聴率は関東地区で7.6%(ビデオリサーチ調べ/平均世帯視聴率)、関西地区では10.0%と評判の割には低視聴率だった。

やはり、この年代をターゲットにした恋愛ドラマは視聴率に結びつかないのかもしれない。

1話の評判を聞き、2話の視聴率が伸びることを期待したいが、このままの水準で続くのかもしれないですね。今すぐに全年代に響くドラマではないかもしれませんが、それぞれが『大豆田とわ子と三人の元夫』にピッタリとくる時期があるのかもしれません。視聴率が伸びないからと言って打ち切りになったりせずに、長く愛されるドラマになってほしいと思います。

第2話は本日21時放送!

放送後に視聴率、感想などを更新します。

happy-kirei