推しの王子様*ロケ地|ケント様が比嘉愛未の前に降ってきた場所は?

エンタメ
エンタメ

『推しの王子様』初回では、日高泉美(比嘉愛未)の前に、理想の“推しキャラクター”ケント様そっくりの五十嵐航(渡邊圭祐)が降ってくるシーンがありました。

実は借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りただけなのですが、泉美目線では、まさに空から王子様が空から舞い降りてくるという印象的なシーンでした。二人の出会いのシーンが撮影された歩道橋の場所を調べてみました。

泉美(比嘉愛未)の前に渡邊圭祐が飛び降りた歩道橋はJR大崎駅近く

『推しの王子様』は、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘するロマンティックコメディー。1話では、泉美が理想の“推しキャラクター”ケント様そっくりな青年が空から舞い降りてくるという、航と泉美の出会いのシーンが描かれていました。

こちらの印象的なシーンが撮影されたロケ地は、東京都品川区のJR大崎駅から徒歩3分ほどの場所で、大崎センタービルのナチュラルローソン近くの歩道橋でした。特徴的な形なので、ドラマを見て気づいた方もいるかも知れませんね。

36歳で乙女ゲームを手掛ける企業「ペガサス・インク」の社長である泉美(比嘉愛未)ですが、自らも乙女ゲームにハマっており、理想の“推しキャラクター”ケント様に夢中!という設定。

『推しは私たちに生きる力をくれます。喜びをくれます。推しがいることで人生に夢を持てたりするし、推しに見合う人間になろうなんて思ったりもするんです。』と“推し”の尊さについて熱弁する、比嘉愛実さんのせりふに共感が集まっていました。

すでに十分イケメンな渡邊圭祐さんですが、比嘉愛実さんに育成されて、理想の男性に育てられ、どんなキラキライケメンになるのか楽しみですね!

 

happy-kirei