芽が出たジャガイモは食べられる?芽はどれくらい取ればいい?どこまで伸びたらアウト?

食べ物

ジャガイモはいろいろな料理に使えるので、常備しておきたい野菜の一つですよね。

でも、大量にジャガイモを購入したら「いつの間にか芽が出てた・・・」なんてこともあります。

芽が出たジャガイモは、「体に良くないから食べないほうがいい」と聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

それは本当で、ジャガイモの芽には毒があるため食べてはいけません。

しかし、しっかり芽やその周りの部分を取り除けば、食べても大丈夫。

ここでは、芽が出たジャガイモの対処法や安全性についてお伝えします。

「ジャガイモに芽が出てどうしよう・・・」と思っているあなたの参考になれば幸いです。

じゃがいもの芽はどれくらいまで平気?どれくらい取ればいい?

我が家でも、じゃがいもはよく使う食材なので大量に買って常備しています。

でも、じゃがいもって気付いたら芽が出ていることがありますよね。

じゃがいもの芽には、ソラニンやチャコニンと呼ばれる物質が含まれています。

このソラニンやチャコニンは毒があるので、食べると吐き気や下痢、腹痛などを引き起こしてしまうんです。

そのため少し芽が出た場合でも、芽の部分を食べるのは辞めておきましょう。

ですが、しっかり芽を取り除けば、じゃがいもの実の部分は食べても大丈夫です。

芽だけでなく芽の周辺部分も、包丁の角でえぐるように取り除いてください。

特に子供の場合は、少し残っているだけでも食中毒を起こすことがあります。

芽の周辺部分まで完全に取り除くよう気を付けましょう。

じゃがいもの毒は芽を取れば安全なの?

本当にじゃがいもは芽を取れば安全なのでしょうか?

芽を取り除いても心配な場合は、さらに水にさらしましょう。

ソラニンやチャコニンは、水に弱い性質があります。

そのため水にさらせば、ある程度取り除くことができるんです。

さらに、気を付けたいのが皮や実の部分の変色です。

じゃがいもを保存していたら、皮や実が緑になっていることもありますよね。

これは、じゃがいもに日光が当たり緑化してしまったためです。

このじゃがいもの緑の部分にも、ソラニンやチャコニンなどの毒が含まれています。

でも、芽と同じようにしっかり取り除けば食べることは可能です。

じゃがいもの緑になっている部分を全て取り除きましょう。

少しでも緑がかっていたら、まだ毒が残っています。

気になる場合は食べるのは避けたほうがいいでしょう。

せっかくなので、じゃがいもからなるべく芽を出さず、長持ちさせる方法を知っておくのが一番です。

じゃがいもは湿気や光が苦手です。

そのため、新聞紙に包んで光の当たらない風通しの良い場所で保存するようにしましょう。

さらに、りんごを一緒に入れておくことをおすすめします。

りんごから出るエチレンガスによって、じゃがいもから芽が出づらくなりますよ。

正しく保存して、なるべくじゃがいもから芽が出ないようにしましょうね。

芽が出たジャガイモは食べられる?のまとめ

ジャガイモの芽には、ソラニンやチャコニンなどの毒が含まれています。

このソラニンやチャコニンを食べると、吐き気や下痢、腹痛などを引き起こしてしまうんです。

そのためジャガイモから少しでも芽が出たら、芽だけでなくその周辺も包丁でしっかりえぐり取りましょう。

また、じゃがいもの皮や実が緑になっている場合は、皮や実の部分にまでソラニンやチャコニンが発生している証拠です。

緑の部分は全て取り除いて食べるようにしてくださいね。

じゃがいもは新聞紙に包んで冷暗所に保存し、なるべく早めに食べきるようにするのが一番だと言えますね。