レンアイ漫画家 9話のあらすじと感想|刈部(鈴木亮平)とあいこ(吉岡里帆)がキス!

エンタメ
エンタメ

刈部(鈴木亮平)とあいこ(吉岡里帆)のキスを早瀬(竜星涼)が目撃!そして、向後(片岡愛之助)とレン(岩田琉聖)にも知られてしまいます。

今後の展開が気になりますね!

レンアイ漫画家9話は、2021年6月3日木曜日 夜10時放送予定です。

レンアイ漫画家 9話のあらすじ

木10ドラマ『レンアイ漫画家』第9話 60秒予告【フジテレビ系】

刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)のキスを目撃してしまった早瀬剛(竜星涼)は衝撃を隠せないでいた。二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で、向後達也(片岡愛之助)と金條可憐(木南晴夏)に報告する早瀬。あの二人がキス、それも清一郎から、ということに驚く一同。レン(岩田琉聖)も聞いていた。

刈部家の食卓では清一郎とあいこが互いを意識しすぎて、ぎこちない。そんな二人に「お付き合いしてるんですか」と単刀直入に聞くレン。慌てて誤魔化す二人。清一郎はレンに説明しようと思うが、そもそも「付き合う」とはどういう意味なのか、堂々巡りの思考に陥ってしまう。結局、清一郎がなんとかできたことは、あいこに今描いている原稿を書き上げたら「食事に行かないか」と尋ねることだった。

一方、編集部に戻った向後は、SNSで『銀天』をエゴサしていると『銀天』が炎上騒ぎになっていた!「悲報、刈部まりあはおっさん」など、清一郎の画像つきで拡散されている。動揺する向後。炎上騒動を知った可憐と早瀬は刈部家へ行き、あいこに事情を話す。  その頃、向後は山田編集長(林和義)と炎上への対策を検討していた。そこへ『銀天』が日本漫画大賞を獲得したと連絡が入る。清一郎に黙って応募してしまった上、この炎上騒動、賞は辞退するしかないという向後だったが、編集長から「炎上を逆手にとれ」と言われてしまい…。

レンアイ漫画家 公式サイトより

レンアイ漫画家9話が気になる!

8話では、遂に、清一郎とあいこがようやく結ばれたので、恋人っぽいシチュエーションを期待しています。

いっそのこと、それを漫画に描き落としてほしいと思っていますが、しかし、第8話の最後や予告編で、銀河天使を描いている苅部まりあが苅部清一郎だと、ネットを通してバレてしまっていましたね。

読者のイメージを大切にしていたために一切の情報を公開していなかった清一郎にとっては精神的にショックが大きいと予想出来るので、こういう時にあいこが支えになったら、良いなと思います。

ーーー

第8話では、徐々に清一郎とあいこの恋愛関係が良好になっていき、発展していくことに期待しています。レンや他の人からも清一郎とあいこが恋愛していることに気づいていたので、皆に打ち明けられる関係になってほしいと思いました。レンが2人は「お付き合いしてるんですか」と聞いていたことと、あいこが清一郎をご飯に誘っているシーンがあるので、清一郎が前向き恋愛を意識していくことに期待しています。

ーーー

あいこの告白の後に美波の大きな横槍が入るものの、清一郎の気持ちは美波にはもう無くて、あいこへと真っ直ぐに向いているのでした。恋愛を解禁した清一郎が、どんなふうにあいこと恋愛するのかに注目したいと思います。

あいこの幸せそうな顔を見るのが今から楽しみです。向後がなかなか清一郎に話せずにいる賞レースのことがどうなるのかも気になります。

happy-kirei