ソロ活女子のススメ 11話【ネタバレ・感想・ロケ地】ソロバーベキュー

エンタメ

毎回、一人でボウリング、フランス料理、ジャットコースターなどに、チャレンジしている主人公・五月女恵(江口のり子)。

いつも、ソロ活動を通じて、新しい発見もあり、そして成長したりと楽しんでチャレンジしているように見える五月女恵も、過去にはソロ活動に失敗したこともあったようです。

へぇ~、そんな時代もあったのかなって、新鮮でした。

過去に、一度失敗したソロバーベキュー。それで、もうソロバーベッキューは、いいや無理って、諦めないで、再度リベンジするチャレンジ精神は、見習いたい。今回は、五月女の意外な一面と更なる成長が見られそうな感じです。

「ソロバーベキュー」~失敗~

五月女恵は、過去にもソロバーベキューに挑戦したことがあったが、実は失敗に終わっている。

皆で、ワイワイと過ごすのが、どちらかと言うと苦手なタイプの主人公。ならばと、いきなり一人でバーベキューにチャレンジするのも、かなり大胆な感じ。

ソロバーベキューで、選んだ場所は、豊洲にあるリゾート気分にもなれるおしゃれなバーベキュー場(WILD MAGIC)。手ぶらでバーベキューが楽しめると口コミの都心のバーベキュー場です。

最近は、ソロバーベキューだけではなく、更に上級者は、ソロキャンプも人気になっているようですね。私は、まだ、ソロバーベキューもソロキャンプもやった事無いので、ソロバーベキューに挑戦しようと言う気持ちの五月女にリスペクト!です。

ソロキャンプと違って、テントやテーブル、椅子、バーベキューコンロなどは、全て用意されています。

それなら、後はお肉を焼いて食べるだけ。簡単じゃんって思うけど、一人ではそう簡単じゃなかったようです。

まわりは、グループで楽しそうにワイワイバーベキューをしている中、一人でと言うだけでも、ハードル高そうです。

バーベキューコンロなどの道具は、全て揃っているとはいえ、バーベキュー。自分で炭に火をつけて焼かないとお肉は焼けない。一人で、炭や、お肉や飲み物などの食材、お皿や食器など運ぶだけでも、一苦労。確かに、大人数で分担して運べば、荷物もそんなに負担には感じないかも。

荷物を運ぶだけで、少しぐったりの五月女恵。そんな中、五月女恵の隣でバーベキューを始めるのは、男性(EXILE 松本利夫)達、男性3人グループが、軽々と荷物を運んで通り過ぎていく。

隣の男性3人グループは、バーベキューに慣れているのか、簡単に炭火を起こして、楽しそうにお肉等焼いて食べている。その様子を横目で見ながら、五月女恵も頑張って炭火を起こそうとしている。

バーベキューコンロの中に、炭を入れて、新聞紙に火をつけてのせてみる。新聞紙は、全部燃え尽きても炭には火がつかない・・

諦めずに、再度新聞紙に火をつけて、炭の上に燃えた新聞紙を置く五月女。顔をこすって鼻の下に炭が付いて髭のようになって頑張っている様子がかわいい。見ている方も頑張れって応援してしまう。
五月女の服装も、バーベキューには似合わない事務員のような感じの服装。

服装も、何となくバーベキューとは違和感があり、それもバーベキューに慣れていない感じがでした。再チャレンジで、燃える新聞紙を炭の上に置いた後、なんとなく温かい感じがするので、網を乗せて、大きなお肉を網の上に置く五月女恵。

しかし、いつまで待ってもお肉は焼けず生のまま。このままでは、何時までも食べることが出来ない。隣のグループは、楽しそうに食事をしているのを横目で見ている。

五月女恵は、今までバーベキューには、参加したことはあるが、人とワイワイやるのが苦手と言う理由だけで、バーベキューには参加していたが、後ろの方でお肉を食べているだけだった。

五月女恵は、いつまでも焼けない生のお肉を一人見つめながら、今までのバーバキューでは気が付かなかったが、これまでも誰かが、炭に火を起こしてくれたり、火の番や食材を運んだりしてくれていたのだなあ。自分は、お肉を食べるだけだったなあ。

一人でバーベキューをしてみて、バーベキューの苦労を知って、一人反省している五月女恵。

私も、炭を一人で起こした事ってないなあ。そのまま火をつけても、炭って火がつかないのだなって、五月女と同じような気持でいました。どうやったら、炭に火が付くのか、、、今回のソロバーベキューは、完全に失敗!!

五月女は、失敗を認め、今回は意を決して隣の男性3人組グループに、頭を下げて、火のつけ方を教えて教えてもらおうと近づく。しかし、声をかけられず、何も言えず後ずさり。

男性グループは、そんな五月女をチラッと見るが、そのままバーベキューを続けている。

確かに、いきなり何も言わずに近づいてきても、変な人って思うかも。

一度は、後ずさりした五月女だが、もう一度何も言わずに。3人グループに近づく五月女。

すると、その中の一人の男性(EXILE 松本利夫)が、やはり何も言わずに、ビールを片手に五月女に近づいて来る。ちょっと見た目怖そうなその男性は、因縁でもつけられたと文句でも言ってくるのかとビビッている五月女の前を通り過ぎていく。

そして五月女の網の上で生のままのお肉を見ると、自分達のバーベキューコンロに戻ると、
火のついた炭を一つ持ってきて、五月女のコンロの中に入れて戻った。

五月女に一言「そのうちに、他の炭にも火が回るから。火のつけ方も知らずに一人でバーベキューなんて、根性あるじゃん。リスペクト!」と声をかける。(EXILE 松本利夫かっこいい~!!)

怖そうな感じだったけど、実はいい人で良かった。

しばらく待っている、男性の言った通り、炭全体に火が付いてきた。今まで、他人の苦労も知らずにバーベキューでお肉を食べていた自分に反省しながらも、無事に美味しくお肉が食べられて、本当によかった。「五月女恵 リスペクト!」

失敗に終わったバーベキューからのリベンジ!

ボーリング、ジェットコースター、フランス料理等、様々なソロ活に挑戦し、ソロ活にも慣れてきた感じの五月女恵(江口のり子)。

ソロ活を始めたばかりの頃にチェンジして、失敗に終わったソロバーベキューに、改めてリベンジ!

場所は、同じ豊洲にあるリゾート気分にもなれるおしゃれなバーベキュー場(WILD MAGIC)。

以前は、バーベキューには、似合わない事務員のような服装だった五月女恵も今回は、バーベキューに似合った服装で登場。

荷物も、一人で運んでも苦労しない量でコンパクトになっている。以前は、荷物運ぶだけでも苦労していたのに、成長したなあ!バーバキュー用に用意した食材も、焼鳥、帆立、鰻と豪華!

どれも、炭で焼くと美味しくなる食材をチョイスしている。

焼鳥は、屋台の焼鳥屋の気分で、焼きながら、炭の香がついて美味しそうな焼鳥を串のまま食べる。食事と一緒に用意したワインは、冷えたまま飲めるように水筒に入れて用意されている。焼鳥と一緒に美味しそうに飲む。本当に美味しそう。

帆立も殻付きのまま、網の上に置かれている。串にささった鰻の蒲谷。鰻は、炭火で焼いたらおいしそう!

あまりバーバキューで鰻を焼くことはないけど、定番にしてもいいなあって思った五月女だが、大人数では金額的の高いので、鰻は一人バーバキュー向きかも。

最初は苦労していた炭火も、簡単につけられるように成長していた。鰻を美味しそうに食べて満足気な五月女恵。

ソロバーベキュー大成功!リベンジ大成功!「五月女恵 リスペクト!」

来週は、いよいよ最終回。最終回は「ソロ温泉&サウナ」に挑戦。

毎回、成長してたくましくなっていく様子に、私もチャレンジしてみようと勇気がもらえるドラマです。

最終回は、寂しいけど、来週も楽しみです。

ソロ活女子 ロケ地は豊洲の「ILDMAGIC The Rainbow Farm」

今回、五月女恵さんがソロ活バーベキューにチャレンジしたロケ地は、東京都江東区豊洲にある「WILDMAGIC The Rainbow Farm」です。

私もソロ活バーベキューにチャレンジして鰻食べたい!と思った方も多いかもしれませんが、残念ながらこちらではソロ活は出来ません・・・

一般受付では2名からなので、気をつけてくださいね!

WILDMAGIC The Rainbow Farm

  • 住所
    東京都江東区豊洲6-1-23
  • 営業時間
    10時~22時(エリアによって異なる時間制)
  • 定休日:不定休
  • アクセス(電車)
    ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 新豊洲駅から徒歩2分
    東京メトロ有楽町線 豊洲駅から徒歩13分
  • アクセス(車・築地方面から)
    晴海通り/都道304号線を豊洲方面へ
    晴海大橋南詰(交差点)を左折して都道484号線 入ってすぐ
  • 駐車場
    無し(近隣にコインパーキングあり)
    *駐車場が付いたエリアでは利用可能
  • 喫煙: 喫煙可(禁煙席なし)
  • 公式サイト
  • Instagram
  • Facebook

知っていれば人気者間違いなし?!バーベキューオススメの変わりネタ

知ってた?バーベキューでコンロにアルミホイルを敷くと後片付けが楽に!?

ボス恋 7話|奈未と中沢が?!旅館やキャンプ場、白姫駅のロケ地は?

ボス恋 ロケ地 |奈未と潤之介がグランピングに行った場所と行き方/4話

ネメシス ロケ地|風真・アンナが訪れたキャンプ場、タカ&ユージがいた倉庫・5話

 

happy-kirei