『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話あらすじ|事故現場でオペ!前代未聞のミッションに挑む

エンタメ

2021年7月4日(月)に25分拡大で第1話が放送されました。『天皇の料理番』『テセウスの船』と重要な役を演じてきた鈴木亮平さんが満を持して日曜劇場で初主演!ということで注目された『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両で事故や災害。事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施す救命救急医たちの奮闘を描く医療ドラマです。

の第1話のあらすじ・感想・ネタバレを紹介します。

今回は、”TOKYO MER”のメンバーが複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑みます。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話のあらすじ

[新日曜劇場]『TOKYO MER~走る緊急救命室~』主演・鈴木亮平!! 7月4日スタート!!【TBS】

事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した“TOKYO MER”。
救命救急チーム”TOKYO MER”のメンバーは、7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。その誰もが救命医療のスペシャリストたちだ。

発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行する。そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていた!複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑む。

そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。
発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた…!喜多見とメンバーに難しい決断が迫られる!

公式サイトより引用

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話のネタバレ

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第1話のネタバレは、2021年7月4日(月)の放送後に更新します。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話の感想

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話の感想・口コミを紹介します。2021年7月4日(月)の放送後に更新予定

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話の視聴率

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話の視聴率は、放送後に更新します。

happy-kirei