TOKYO MER~走る緊急救命室~【相関図とキャスト一覧】鈴木亮平の本格救命医療ドラマ

エンタメ

鈴木亮平主演で日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が2021年7月4日からの放送が決定しました。『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は勇猛果敢な医療従事者達を描く本格救命医療ドラマでありながら、アクションエンターテインメントドラマです。

『ドラゴン桜(第2シリーズ)』に続く日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のキャストやあらすじ、口コミなどをまとめました。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の基本情報

  • 放送局:TBS系
  • 時間帯:日曜日夜9時~
  • 放送開始日:2021年7月予定
  • メインキャスト:鈴木亮平、賀来賢人、石田ゆり子、中条あやみ、要潤、小手伸也、佐野勇斗
  • 原作:なし。黒岩勉によるオリジナル脚本
  • 主題歌:未定
  • 挿入歌 : ゆず「NATSUMONOGATARI」
  • 劇中歌: ゆず「SEIMEI」
  • 公式サイト
  • Twitter

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のキャスト

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の主なキャストを紹介します

鈴木亮平:喜多見幸太(きたみ・こうた)

TOKYO MER・チーフドクター スーパー救命救急医 大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する患者を救うため、危険を顧みず現場に飛び込んでいく勇猛果敢で凄腕の救命救急医。

海外の紛争地やへき地で医療に従事した経験から物怖じしない度胸を持ち、どんな状況でも諦めない。幼いころの体験から、「待っているだけじゃ、助けられない命がある」というポリシーで、危険を顧みず、命がけで患者の元へと駆けつける。患者に対する診断は的確で処置は驚異的なスピードを誇る。

鈴木亮平

大河ドラマ『西郷どん』『テセウスの船』『レンアイ漫画家』、映画『俺物語!!』、『ひとよ』など数多くの作品で活躍。日曜劇場では、『天皇の料理番』『テセウスの船』と重要な役を演じてきたが主演は今作が初めて。

賀来賢人:音羽 尚(おとわ・なお)

厚生労働省の官僚でありながら医師免許も持つ医系技官で、チームに欠かせない救命救急医の一人。喜多見のやり方に反発する

中条あやみ:弦巻比奈(つるまき・ひな)

心臓外科医を目指す研修医でMER兼任。東京海浜病院の循環器外科で研修中でありながら、TOKYO MERを兼務させられたことに不満がある。

本命は心臓外科医で「万全の医療体制のもとで患者とじっくり向き合う」ことが理想の医療だが、十分な検査もできないままにオペをする救命救急の現場に戸惑い、危険を顧みない喜多見のやり方に反発する。

要 潤:千住幹生(せんじゅ・みきお)

https://twitter.com/tokyo_mer_tbs/status/1407262082479788041

救命救助のプロフェッショナルとして、医師でありながら危険な現場へと飛び込もうとする喜多見と激しく衝突する。救命救急医とレスキュー、命を救う使命を背負った喜多見と千住は互いのプライドをかけて激突するが、やがて絆を深めていく。

小手伸也:冬木治朗(ふゆき・じろう)

https://twitter.com/tokyo_mer_tbs/status/1401025989988126728

MERメンバーの麻酔科医。 冬木は穏やかな性格でチームのパパ的な存在。瀕死の患者の容態を管理し、スーパー救命救急医の喜多見のオペをサポートする重要な役割を担っている。

佐野勇斗:徳丸元一(とくまる・もといち)

医療機器のスペシャリストの臨床⼯学技⼠。 やんちゃなメカオタクで最新鋭のERカーの設計にも携わっており、自ら運転して災害現場へと向かう。臨床⼯学技⼠は、高度な医療機器が欠かせない現代医療において医師を支える重要な存在である。

佐藤栞里:喜多見 涼香(きたみ・すずか)

主人公である喜多見幸太の妹で、入院している子どもたちやその家族をサポートするNPO法人のスタッフ。救命救急に情熱を燃やす兄の一番の理解者であり、やさしい笑顔で患者や「TOKYO MER」のメンバーを癒す存在でもある。

菜々緒:蔵前夏梅(くらまえ・なつめ)

救命救急医療に精通した凄腕の看護師。喜多見の頼れる右腕として、一刻を争う救命現場に必要不可欠な存在。クールに見えて、熱い使命感を持つ凄腕看護師で一人娘を育てるシングルマザー。

仲里依紗:高輪千晶(たかなわ・ちあき)

若くして世界的に名高い心臓手術のスペシャリスト。命懸けで災害現場に飛び込んでいく無鉄砲な喜多見のやり方に批判的で犬猿の仲のように見えるが、喜多見の腕と、命を守ることへの強い使命感は認めている。物語が進むにつれ、2人の意外な関係が明らかに・・。

石田ゆり子:赤塚 梓(あかつか・あずさ)

東京都知事でMER創設者 都民を守るため究極の選択を迫られるリーダー

フォンチー:ホアン・ラン・ミン

MERメンバーでベトナム出身の看護師

渡辺真起子:白金眞理子

厚生労働大臣

鶴見辰吾:久我山秋晴

渡辺真起子さん演じる白金眞理子に忠誠を誓う、厚生労働省医政局のトップ

佐藤寛太:深沢陽斗

中条あやみさん演じる研修医、比奈の同期

橋本さとし:駒場 卓

TOKYO MERに的確に指示を出す、危機管理対策室室長。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の脚本・演出

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は黒岩勉さんによるオリジナル脚本。ドラマ『グランメゾン東京』『危険なビーナス』、映画「キングダム」などの人気作品を手掛けています。

演出は平野俊一さんと松木彩さんが努めます。

平野俊一さんは、『新参者』『ノーサイド・ゲーム』、松木彩さんは『重版出来!』『テセウスの船』などを手掛けてきたヒットメーカー。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の見どころ

大型バスの多重事故やトンネル崩落など、破格のスケールのエピソードが連続するのも今作の見どころ。

また、現場に駆けつける最新鋭の機材とオペ室を備えるTOKYO MERの専用車両“ERカー”は、8トン車を6ヶ月かけて改造し作り出されたもの。現実には存在しない架空の設定の車両だが「もし本当にあったら“救急医療の理想”」とドラマを監修する現役の救命救急医たちがいうほどの特殊車両です。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のあらすじ

物語の舞台となるのは、都知事の命で新設された「TOKYO MER(MER)」という救命救急のプロフェッショナルチーム。

“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、彼らの使命は最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すこと。“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両で、事故や火災・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施す救命救急医たちの奮闘を描く医療ドラマ。

TOKYO MER|第1話あらすじ・ネタバレ・感想

2021年7月4日の放送後に更新します。

404 NOT FOUND | happy-kirei
楽しい毎日を!

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のロケ地

準備中です

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の口コミ

鈴木亮平さん満を持しての初主演の作品ということで楽しみということが一つとTBSの日曜劇場枠ということで作品の内容にワクワクしております。私自身、医療もののドラマが好きなのでみると思います。そして脇を固める石田ゆり子さんや、菜々緒さん、仲里依紗さん要潤さんなどキャスト陣も楽しみです。そしてERカーという新たな題材をどう描くのかというワクワクがあります。何より日曜劇場という枠ということで面白そうだという印象です。(rui1497、20代、女性)
医療ドラマはジャンルの中でも好きで、今回はERカーの中で繰り広げられる緊急救命MERチームのキャストの熱い演技にとても期待していて、ストーリーも危険な現場に行き人命を救うというスピード感のあるそれぞれの演技力も要求されながら、ERカーも初なのでどんな最新機器が搭載されて、オペ室でのシーンなど緊迫感にワクワクしています。主演も鈴木亮平の医者役は珍しいのでどんな演技をするのかほんと楽しみで、演技力のあるキャストたちにも注目しています。(MA、50代、女性)
happy-kirei