幼稚園児のホワイトデーのお返しの相場って?子供に人気のお返しや手作りする時の注意点は?

ホワイトデー
ホワイトデー

日本のバレンタインデーの風習は海外のものとは異なるとか、お菓子会社の策略とか言われていますが、すっかり定着して幼稚園児の間でもバレンタインデーにチョコレートを贈ったり貰ったりが行われています。

バレンタインデーはチョコレートと決まっていますが、ホワイトデーは決定打がないのが実状です。

幼稚園児のホワイトデーのギフトって、どうしたらいいのでしょうか?

幼稚園児のホワイトデーのお返しってどうすればいいの?

幼稚園児のホワイトデーですから、実際はママが準備しているのは言わなくてもお互いわかっていますね。

でも、子供目線 は忘れないでください。

幼稚園児のホワイトデーのお返しを選ぶポイント

ポイントを先に書いておきましょう。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • 予算は300円~500円程度
  • 有名ブランドは避ける
  • 幼稚園の決まりを確認する

[/box]

順にご紹介しましょう。

予算は300円~500円

ポイントは「子供らしさ」なので、実際手作りするにはもっと金額がかかっているかもしれませんが、500円を超えてしまうと大人の感覚になりがちなので、この程度におさえましょう。

自分の子供と一緒に買いに行くなどして、 子供を参加させて くださいね。

超有名ブランドは避ける

ホワイトデーのギフトは購入してもいいですが、超有名ブランドは避けましょう。

「ゴディバ」などは、おいしいですが、子供らしさがなく手作りしたチョコレートに張り合っているようになってしまいます。

家の近くのケーキ店のクッキーや焼菓子など、普段使いのものよりちょっとだけよそ行きのものが良いでしょう。

幼稚園の決まりを確認する

幼稚園によっては「バレンタインデーでチョコレートを貰える子と貰えない子が出てしまうのは良くないので、バレンタインデー、ホワイトデーはNG」というところもあります。

また、アレルギーや食中毒の心配があることから、「食べ物の持ち込み」を禁止 しているところもあります。

子供に持たせて、お友達に渡すのではなく、ママがお迎えの時に持って行って、幼稚園の門の外で渡す方法もありますね。

ホワイトデーのギフトの品選び

では、実際にどんな物がいいかおすすめを紹介しますね♪

クッキー

好き嫌いがわかれませんし、手ごろな価格で販売されています。

ただ、アレルギー体質ではなくてもアレルギーの発作を起こしやすいのがナッツ類です。

万が一を考えてナッツが含まれるものは避けてください。

焼菓子

マドレーヌやシフォンケーキなど、運び安くて日持ちのするものが良いでしょう。

大きいものひとつよりも、小さいものを2,3個詰め合わせたほうが喜ばれます。

お友達には下に兄弟がいることもあります。

まだ小さいと考えられるので、はちみつ が含まれているものは避けましょう。

文房具

文房具なら食中毒の心配もなく、いくつあってもいいのでギフトに向いています。

幼稚園で使うものではなく、家で使えるものでいいので、「かわいいえんぴつ」「かわいいお絵描き帳」「かわいいシール」などがお勧めでセットにしてもいいですね。

ホワイトデーのお返しに手作りはどうなの?

ホワイトデーのギフトに手作りのお菓子もいいですね。

ポイントは

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • 貰ったものと同じもの、似たものは避ける
  • 予行練習をしておく
  • 子供と一緒に作る

[/box]

です。

貰ったものと同じもの、似たものは避ける

手作りチョコレートを贈って、ホワイトデーで手作りチョコを貰ったら、「張り合っている」とか「マウンティングされている」と思ってしまうかもしれません。

そこで、チョコレートや似ているものは避けましょう。

余計な波風を立てるとトラブルの元だからです。

子供と一緒に作る

ケーキやシュークリームは、上手に作るにはテクニックが必要ですが、クッキーは初心者にも作りやすいです。

子供のエプロンを用意して、混ぜるだけ、型抜きするだけ、最悪、袋に詰めるだけでもいいので、子供を参加させましょう。

「みーちゃんから手作りのチョコ貰ったから、まーくんもマネして作ったの」と言えば、マウンティングにはならないでしょう。

まとめ

バレンタインデーもホワイトデーもすっかり定着しました。

幼稚園児の間でもバレンタインデーにチョコレートを贈ったり貰ったりが行われています。

ホワイトデーのギフトは「子供らしさ」「超有名ブランドは避ける」「幼稚園の決まりに従う」です。

予算を300円~500円程度にして、クッキーや焼菓子、かわいい文房具などを子供と一緒に準備しましょう。

手作りするならクッキーが作りやすいです。

楽しんで子供と一緒に作ってくださいね!