本格的なお茶の入れ方は意外と簡単!ポイントは温度!測り方も紹介します。

食べ物
食べ物

皆さんは美味しいお茶の入れ方はご存知ですか?

食事の時なども温かいお茶を飲むのが好きという方もいますよね。

私も温かいお茶を飲むのが好きなのですが、実はお茶の種類によって美味しいお茶の入れ方が変わるんですよ。

お茶に寄って美味しく飲むことができる温度というのが違います。

そこで今回はお茶の種類に合わせた美味しいお茶の入れ方について紹介していきます。

コツは温度、お茶の葉に合わせた入れ方でおいしさが変わる

現代はペットボトルなどでたくさんの種類のお茶が販売されており、 自宅でお茶っ葉を買ってきて自分で作るということをしなくても、いつでも簡単に飲めるようになっていますよね。

温かいものから冷たいものまでありますが、実はお茶っ葉で正しい入れ方をしたお茶を飲むとすごく美味しいんですよ。

本当のお茶の味を楽しみたい方は是非一度自分で、 お茶っ葉から正しい入れ方でお茶を入れて飲んでみてください。

まず美味しいお茶を入れるには お湯の温度が大切になってきます。

玄米茶やほうじ茶や紅茶など・・・100℃

これらは香りが特徴のお茶です。

熱湯を使用することにより、お茶の香りや渋みの成分を引き出してくれます。

日本茶(煎茶)・・・85℃

煎茶の場合は渋みを抑えて旨味成分を引き出すために80°から90°の間でお湯を入れるのが一番美味しくできます。

上煎茶や中国茶や緑茶・・・70℃

これらのお茶は、70℃くらいにすることで旨味と適度な渋みを引き出してくれます。

玉露・・・55℃

玉露は50℃程度の低温でじっくりと時間をかけて入れることで、玉露の旨みを引き出してくれます。

このようにお茶に合わせてお湯の温度を変えるだけで、より美味しいお茶を飲むことができるんですよ。

また渋いお茶が好みの場合、緑茶に含まれているカテキンの効果を健康のために摂取するためには、カテキンを多く 含んでいる茶番選び、高温のお湯を使用することで味わうことができるようになります。

それぞれこっちに合わせてお湯の温度を変えると美味しく飲めるということがわかりましたが、このお湯の温度はどのように測ればいいの?と思いますよね。

お茶を入れる時にいちいち温度計を使用するのもめんどくさいですからね。

では次に湯のみと急須でできるお茶に合わせた最適の温度の測り方を紹介していきます。

湯のみでできるお茶の最適温度の測り方

上記で紹介したようにお茶の種類に合わせて適切な温度で入れることで、 美味しいお茶をいつでも手軽に飲めるということがわかりました。

ではお茶の種類に合わせてどのように最適温度にすると良いのでしょうか。

熱は温度計がなくても簡単に適切な温度にすることができるんですよ。

(準備するもの)

・急須

・ 湯冷まし

・茶碗

まずこの三つだけで簡単に適切な温度のお湯を作ることができるんですよ。

準備する三つの中に湯冷ましというものがありますが、 こちらはお湯を冷ますために汲み置く茶器のことです。

まずお茶を作る時には、 お水を沸騰させますよね。

沸騰させたお湯の温度が100℃と考え、玄米茶やほうじ茶などは急須にお茶っ葉を入れてそのままお湯を入れるだけですね。

では緑茶は適正温度が70℃です。
沸騰した100℃のお湯からどのように70℃のお湯を作るのでしょうか。

1. 沸騰したばかりのお湯を湯冷ましに注ぎます。

ここで100℃のお湯が90℃になります。

2.湯冷ましに入れたお湯を注ぎはお茶碗に注ぎます。

今度はここでお湯が80℃に下がります。

3.お茶碗に入れたお湯を急須に注ぎます。

そして70℃の温度でお茶を入れることができます。

このように茶器でお湯を移し替えることで、 お茶に合わせた適切な温度を調整することができるんですよ。

お湯を移し替える度に温度が10℃下がっていきますが、お茶を入れる季節や器の材質によっても多少の違いがあるので、目安として参考にしてみてくださいね。

そして、 適切な温度でお茶を抽出する場合は、2分間ほどにしましょう。

お茶の旨味成分は、お茶っ葉とお湯が接触して2分間がピークとなります。

その為2分以上経過しても旨味成分が抽出されることはありません。

反対にお茶に含まれる渋み成分は、2分以上経っても抽出されてしまうため、お湯の温度など気をつけても、渋みのある好みではないお茶になってしまうこともあります。

渋みのあるお茶が好みであれば2分以上濡らしても良いですが、お茶本来の旨味を味わうためには2分以内で蒸らすのはやめるようにするといいですよ。

本格的なお茶の入れ方のまとめ

 

私は普段からお茶を飲むのかと聞かれると、飲む回数は少ないですが、ふとした時に温かいお茶を飲みたくなることがあります。

せっかくのものであれば一番美味しい入れ方で飲みたいですよね。

お茶の種類によって適切な温度があるということもびっくりしましたが、私もお茶を飲む時は適切な温度でお茶を飲んでみようと思います。

是非皆さんも参考にして、美味しいお茶を飲んでみましょう。