ハイターはゴム製品に使える?水筒のゴムパッキンにハイターを使う時に注意したいこと

豆知識
豆知識

毎日使っている方も多い水筒ですが、飲み口などは細かいパーツも多くきれいに保つのはなかなか大変です。汚れや茶渋が気になって、ハイターで一気に漂白したい!と思う方も多いのではないでしょうか?

でも ゴムパッキンの汚れや水筒本体に ハイター は使ってもいいのか ちょっと 不安 ですよね。実は、使い方をきちんと守ることで、ゴム製品や水筒にもハイターを使うことができるんですよ。

今回は、ゴム製品や水筒にハイターを使う場合の注意点をまとめてみました。ハイターの臭いの取り方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水筒のゴムパッキンにハイターを使う時の注意点とハイターの臭いの取り方

子供から大人まで、毎日水筒を使っているというご家庭は多いのではないでしょうか。毎日使うことで汚れもたまりますし、気になってきますよね。

特に ゴムパッキン の部分は茶色くなって、最悪の場合は黒カビが生えてしまうなんてことも。 ゴムパッキンの汚れをとるためにはハイターが効果的 です。

「ゴム製品にもハイターって使えるの?」と思われるかもしれませんが、使用方法を守ればちゃんと使えますよ。

まず普通の液体のキッチンハイターですが、こちらは非常に強力な漂白剤です。ゴム製品にも当然薄めて使います。汚れをとりたいからといって原液につけてしまうとゴムが劣化しやすくなりますので注意してくださいね。

漂白方法は簡単です。

ゴム製品の漂白方法

プラスチック製のボウルか洗面器に、ぬるま湯とハイターを10:1の割合で入れて漂白液をつくり、ゴムパッキンを入れて30分漬け置きします。ときどき様子を見て時間を調整してくださいね。汚れがとれたら流水でよくすすぎます。

しっかりすすぐことでハイターの臭いが取れます。それでも気になるようであれば、熱湯にくぐらせてから乾燥させると気にならなくなりますよ。乾燥させる場合は太陽光を当てるとより効果的です。

また、液体ではなくキッチン用の泡ハイターを使うことでも、ゴムパッキンの汚れをとることができます。液体よりも使いやすいですが、スプレーしてから 長時間放置せずに5分ほど できちんとすすぐようにしてください。

液体のキッチンハイターと同様にすすぎと乾燥をきちんとすることで、ハイターの臭いを取ることができます。漂白中に泡が流れてしまう場合には、ラップしておくとより効果的 ですよ。

ハイターは金属を腐食させる?水筒の汚れとりにハイターを使って大丈夫?

ゴムパッキンに使うことができるのは分かりましたが、できれば水筒本体の中身もきちんと洗いたいですよね。でもハイターは金属を腐食させるという不安もありませんか?

実は 水筒本体の中身の汚れにも、ハイターを使うことができる んです。しかしステンレス製の水筒は、アルカリ性であるハイターに長時間触れることで腐食してしまうというのも事実です。

そのため、水筒本体の中身を漂白したい場合には、5分ほどで洗い流すことができる泡タイプのハイターを使用してください。

液体タイプのハイターだと30分ほど漬け置きしなければいけないので使用することができません。泡タイプのハイターはステンレス製の水筒本体にも使うことができますが、念のために使う前に裏面の説明書きを読んでくださいね。

水筒に塩素系の泡ハイターを使う自信がないというのであれば、酸素系の漂白剤 を使うこともおすすめです。

塩素系の漂白剤と比べると洗浄力はやや劣りますがしっかりきれいになりますし、塩素系の臭いが苦手な方でも安心して使うことができますよ。

まとめ

毎日使う水筒だからこそ、きれいな状態を保ちたいですよね。

ゴムパッキンや水筒本体には茶渋がつきやすいですので、月に1~3回を目安に漂白してみてください。

ただ、漂白剤を使うときには、

  • きちんと裏面の説明書きを確認すること
  • 液体は必ず薄めてから使うこと

を守ってくださいね。

また酸素系の漂白剤もおすすめですので、ぜひ試してみてください。

カレーの黄ばみの落とし方|衣類と食器の黄ばみを白くしたいなら試してみて!

お気に入りのエナメルバッグ、黄ばみの落とし方を知りたい!

ハイターで漂白したらピンクに変色!変色の原因やもとに戻す方法は?

ぬいぐるみの黄ばみの落とし方、お気に入りのぬいぐるみを白くしたい!

▶ 白い傘の汚れを実際に落としてみた!黒ずみや黄ばみを落とす方法は?

洗濯機にわかめが大量発生!ワイドハイターで洗濯槽を徹底掃除する方法!

服を洗う頻度|一人暮らしの洗濯頻度は?何回着たら洗濯する?

ハイターはゴム製品に使える?水筒のゴムパッキンにハイターを使う時に注意したいこと

ショック!ビニールプールに黒カビが?!今からでも間に合うカビ対策と保管方法について