ハイターで漂白したらピンクに変色!変色の原因やもとに戻す方法は?

豆知識

白い服 をハイターで洗濯したら、 ピンクに変色 しちゃった!

と困ったことはありまませんか?

特に袖口や首回りの部分がピンクに変色してしまったというパターンが多いと思いますが、実はその変色の 原因は日焼け止め なんですよ。

今回は、ハイターで漂白してピンクに変色してしまった服をどうやったらもとに戻せるのか、また黄ばみを取り除く方法についてもまとめてみました。

ハイターでの漂白に不安を抱えているあなたも、ぜひ試してみてくださいね。

白い洋服をハイターで漂白したらピンクに変色!もとに戻せる?

白い服をきれいな状態にしたくてハイターで漂白したのに、ピンクに変色してしまったら意味がないですよね。

ピンクに変色してしまったのは、冒頭でもお話したとおり日焼け止めが原因です。

日焼け止めに含まれる成分と「塩素系漂白剤」が反応してしまい、ピンク色に変色してしまいます。

ピンクに変色してしまったらもう戻せないの?と思われてしまうかもしれませんが、液体洗剤で日焼け止めを落とすだけでもとに戻すことができるんです。

ピンクに変色してしまう原因である日焼け止めを、早めに取り除くことがポイントとなります。

やり方はシンプルですので、さっそく実践してみてくださいね。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • ピンクに変色してしまった部分に、液体洗剤の原液をしっかりと塗って15分おく
  • よくもみ洗いしたあとに、洗剤を残さないようによくすすぐ
  • ピンク色が目立たなくなるまでくりかえす

[/box]

もしハイターしてから 脱水していない場合は、軽く水気をしぼってから 液体洗剤をつけてくださいね。

ピンクに変色してしまった場合は落とすことができますが、ピンクに変色しないように予防することも大切です。

日焼け止めを使った日は、なるべく早めに洗濯してしまうか、袖口や首回りを部分洗いしておきましょう。

また、塩素系の漂白剤に反応してピンク色になってしまうので、「酸素系」の漂白剤を使ってみるという方法もあります。

ピンク色に変色するのが不安だという方は、酸素系の漂白剤に切り替えてみるのがベストな方法だと思います。

[box class=”pink_box” title=”ピンクに変色させないためには”]

  • 日焼け止めを使った日は、早めに洗濯する
  • 袖口や首回りを部分洗い
  • 「酸素系」の漂白剤を使う

[/box]

ハイターで漂白した時の黄ばみは酢で解決!

白いワイシャツやTシャツを白くしたいからといって、ハイターの原液に長時間つけていませんか?

実はこれが、黄ばみのもとになってしまうんです!

襟や袖を強化するために生地にメラミン系の樹脂が含まれていると、濃度の高い塩素に長時間触れると黄ばんでしまうのです。

また、塩素系漂白剤を使用してはいけない生地を、塩素系のハイターで漂白してしまった場合にも起こります。

こちらは 酢できれいにもと通り にすることができます。アルカリ性になってしまった生地を、酸性である酢で中和して戻すという原理です。

[box class=”yellow_box” title=”ハイターの黄ばみを戻す方法”]

  • 洗面器に50度ほどのぬるま湯と酢を5:1の割合で入れます。
  • ここに黄ばんだシャツを入れて30分放置しておきます。
  • そのあとよくすすいでから普通に洗濯すると、きれいに黄ばみがなくなります。

[/box]

ハイターで漂白する場合には、

[aside type=”warning”]注意

  • きちんと使用量を守ること
  • 必ず薄めて使うこと

 [/aside]

が大切です。

白くしたいからといって濃度が高い漂白液につけてしまうと、逆効果 になりますので注意してくださいね。

また、服を漂白する場合には必ず衣料用のハイター を使ってください。

キッチンハイターを使っている方もいらっしゃるようですが、衣類に特化して作られた衣料用のハイターを使うことで、きちんと漂白されますし生地を傷めてしまうこともありません。

まとめ

毎日着るYシャツやTシャツ、大切な洋服はきれいなまま着たいですよね。

もし ピンク色に変色したり黄ばんだりした場合 は、今回紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

また、変色させないためにも、洗濯表示をよく確認することや、ハイターは必ず薄めて使うことも大切です。

変色しにくい酸素系漂白剤も試してみてくださいね。