部屋の乾燥対策は濡れタオルがいい?!具体的にどうすればいいの?

豆知識
豆知識

寒い冬には暖房器具が欠かせませんよね。

ただ気になるのは、暖房器具を使うことにより、お部屋が暖まるだけではなく、乾燥が気になってしまいます。

濡れたタオルを部屋に掛けておくだけで、加湿になるというのは聞いたことがある方も多いと思います。

今では、加湿器など、乾燥対策に使えるものがたくさん増えていますが、実際に濡れたタオルで加湿するのはどれくらいの効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は濡れたタオルを使った加湿方法について紹介していきます。

部屋の乾燥対策、濡れタオルを利用するメリットと具体的な方法

では、まず濡れたタオルを使って加湿をすることに、どんなメリットがあるのでしょうか。

スペースを取らない

色々なところに加湿器が売られており、大きいものからデスク用のものまで様々なものがありますよね。

しかし、どの加湿器を使用しても、少なからず場所を取るという事がデメリットですよね。

濡れたタオルで加湿をするのは、濡れたタオルを部屋に置くだけなので、加湿器のようにスペースが必要になりません。

お金がかからない

加湿器も安いものもあれば、高価なものまで様々ですが、たとえ加湿器を購入することができたとしても、電気代でもお金が必要になってきます。

また、加湿器を買うはもったいないという場合でも、タオルを濡らしさえすれば、いつでも使うことができるので、お金をかける必要が全くありません。

 

このように、乾燥が気になり始めた時、自宅にあるもので簡単に加湿をすることができ、お金をかけずに潤いを得ることができるんですよ。

では、どんな方法でやるといいのでしょうか。

まず、バスタオルなど大きめのタオルを濡らしておきます。

そして、自分の近くに置くようにするだけです。

寝室などで寝る時に使う時は、枕元に置いておくといいですよ。

部屋の乾燥対策!濡れタオルで効果的に加湿するためにはどうすればいい?

では、部屋の乾燥対策で、濡れタオルでより効果的に加湿するには、どのようにすると良いのでしょうか。

まず、タオルだけを利用して加湿をするのであれば、フェイスタオルではなくバスタオルなどの大きめのものを使用するといいですよ。

フェスタオルだとどうしても、バスタオルと比べても効果が遅くなってしまいます。

常に加湿したいのであれば、バスタオルに変更してみてはいかがでしょうか。

またわざわざ加湿のためにバスタオルを濡らして置いておくのではなく、洗濯した後乾かす時に部屋干しにするというのもいいですよ。

寒い時期は外に干していてもなかなか乾かないですが、部屋干しにすることで室内の加湿効果も期待でき、洗濯物も乾かすことができるので一石二鳥ですよ。

我が家では冬の寒い時期は、外に洗濯物を干しても、夕方までに乾ききることがないので、部屋の乾燥対策にも一番長く過ごす部屋で部屋干しにすることで、乾燥が防げています。

タオルだけではなく、その他の洗濯物も干しておくと、より加湿効果が期待できます。

ただ、部屋干しすると生乾きなど洗濯物の匂いが気になりますよね。

我が家では、外で乾かそうと思っても乾かないので、外干しは諦めて、冬の間は部屋干し用の洗濯洗剤や、生乾きなどの臭いが気にならないような柔軟剤の良い香りを利用して、対策しています

柔軟剤の香りはそれぞれ好みがあると思いますが、柔軟剤も色々な種類がありますので好みの香りあるかどうか色々試してみてもいいですよ。

私も部屋干し用の洗濯洗剤と、好みの香りの柔軟剤を使うことで、洗濯物の匂いが気になることもなく、加湿をしながらストレスなく洗濯物を乾かすことができていますよ。

まとめ

バスタオルやその他の洗濯物を使うだけで、お金をかけることなく、手軽に部屋を加湿することができます。

我が家では寝室は加湿器を使用していますが、リビングなどでは、洗濯物を干すなどして、貸付を使用せずに部屋を加湿しています。

全ての部屋に加湿器を準備するのが大変な方や、お金をかけずに加湿したい方は是非バスタオルで加湿してみてくださいね。

十分加湿出来るので、乾燥が気にならなくなりますよ!

[box class=”pink_box” title=”加湿器関連記事”]

[/box]