【加湿器のフィルター掃除】クエン酸だけでは落ちない?!正しい掃除の仕方について

豆知識
豆知識

冬の必需品である加湿器。

意外と 汚れがたまりやすい のをご存知でしょうか?

特に、加湿器のフィルターに汚れがたまると、嫌な臭いがしたり加湿能力が低下したりするので、日頃から綺麗にしておきたいところです。

加湿器の掃除には、 水回りの汚れに効果的なクエン酸 を使うのがいいと言われています。

でも、加湿器に 頑固な水垢 がついていたら「本当にクエン酸だけで落ちるの?」って思いますよね。

また、「クエン酸を使って加湿器のフィルター掃除をしたけど汚れが落ちなかったよ」という人もいるかもしれませんね。

加湿器についた水垢やカルキ汚れはアルカリ性のため、酸性であるクエン酸によって中和され落としやすくなります。

つまり、頑固な水垢やカルキ汚れも、正しく掃除すれば落とすことができるということです。

ここでは、クエン酸を使った加湿器の正しい掃除方法 を紹介していきます。

また、クエン酸がない時に代用できるものについてもお伝えしますので、ぜひご覧ください。

加湿器はクエン酸できれいになる!正しい掃除の仕方を覚えよう

加湿器は水を使うだけなので汚れがつきにくいと思いきや、 中を開けてみると水垢やカルキ汚れがビッシリ ということがあります。

そんな汚れた加湿器を使ったら、雑菌やカビ を空気中にまき散らすことになってしまいます。

また、フィルターが汚れると加湿能力が低下してしまったり、寿命が短くなってしまったりするので気を付けなければいけません。

加湿器にこびりついた水垢やカルキ汚れは、アルカリ性の汚れです。

そのため、酸性であるクエン酸を使えば中和され、汚れが落ちやすくなります。

クエン酸を使った加湿器の掃除方法

早速、クエン酸を使った加湿器の掃除方法を紹介していきましょう。

  1. まず、加湿器の部品を取り外します。
  2. そして、バケツなどにぬるま湯3リットルを入れ、そこにクエン酸20gを溶かしましょう。
  3. その中に、取り外した加湿器の部品を入れていきます。
  4. 30分程度つけ置きすればOKです。

それでも汚れが落ちない場合は、さらに1~2時間つけ置き時間を伸ばすかクエン酸を少し追加して様子を見てください。

その後は、しっかり水で洗い流します。

クエン酸の成分が加湿器の部品に残っていると、故障の原因になってしまいますので綺麗に落としてくださいね。

クエン酸水を作る時は、水ではなく 40度前後のぬるま湯 を使うと汚れ落ちが良くなります。

ぬるま湯を使って、クエン酸の効果を最大限に発揮させましょう。

【加湿器の掃除】クエン酸がない時に代用できるものってある?

加湿器の掃除にクエン酸がいいと言っても、家にない時もありますよね。

また、「加湿器のためだけにわざわざクエン酸を買うのもね・・・」っていう人もいると思います。

そんな時には、クエン酸の代用として お酢 を使っても大丈夫です。

お酢もクエン酸と同じで酸性です。そのため、アルカリ性の水垢やカルキ汚れを中和して落としやすくしてくれます。

水3リットルにお酢75ml を混ぜます。
穀物酢やホワイトビネガーなどの、砂糖が使われないお酢を使ってください。

でも、お酢はあの 独特な臭い がありますよね。

気になる人は、やはりクエン酸を使った掃除のほうがいいかもしれませんね。

また、酸素系漂白剤 もクエン酸の代用として使うことができます。

ぬるま湯3リットルに大さじ3杯の酸素系漂白剤を溶かして、そこに加湿器の部品を1時間程度つけ置きしましょう。

つけ置きした後は、しっかりと水で洗い流してくださいね。

【加湿器のフィルター掃除】クエン酸だけでは落ちない?!正しい掃除の仕方についてのまとめ

 加湿器の掃除にはクエン酸が効果的 なことが分かっていただけたでしょうか?

酸性のクエン酸は、アルカリ性の水垢やカルキ汚れを中和して落としやすくしてくれます。

加湿器の汚れがクエン酸で落ちない時は、つけ置き時間を伸ばしたりクエン酸を追加してみたりしてください。

また、1回の掃除で加湿器の汚れが落ちなくても、何回も続けることで徐々に落ちていきます。

健康のためにもこまめに加湿器を掃除して、清潔な状態で使ってくださいね。