子供が歯磨きのとき口を開けない!こんな時どうすればいいの?

出産・子育て

子供が虫歯にならないように歯磨きしなくちゃ!と思っても口を開けてくれない・・・。

こんな経験は小さな子供を持つ親であれば誰にでもあるのではないでしょうか。

歯磨きを嫌がる理由は「痛くて怖い思いをしたから」。

そんな痛くて怖いイメージを払拭する動画や絵本などのお助けグッズがあるんです。

グッズの活用と子供のタイミングをうまく見計らって歯磨きを親子で楽しんでみましょう。

教えて!子供が歯磨きを嫌がる理由ってなに?

食事のときには喜んで口を開けてくれるのに歯磨きのときには口を開けてくれない。
口を開けてくれないのにはちゃんと理由があるんです。

イライラしてしまう気持ちを抑えて子供の立場で気持ちを探ってみましょう。

歯ブラシでゴシゴシされた時に痛くて怖い思いをしたから

大人の力は子供には強く感じることもあるので、もしかするとブラッシングが強すぎるのかもしれません。

また、歯磨きはすぐには終わらないので、子供はいつまで口を開けたまま痛い思いをしなくちゃいけないの・・・と思ってしまうでしょう。

強すぎるブラッシングと歯磨きの時間の長さが子供に痛くて怖いイメージを植え付け、嫌がるようになってしまうのです。

歯磨きよりも他のことをしていたい

歯磨きは食後や寝る前に行うことが多いですよね。

そんな時に子供は何をしていたいと感じるでしょうか?

おそらく食後であれば「遊びたい」、寝る前であれば「寝たい」でしょう。

やりたいことがあるのに楽しくない歯磨きをするように言われると子供は抵抗してしまいますよね。

歯磨きのときに怒られるのがイヤ

歯磨きの時に子供が口を開けないと思わず叱ったり、無理に押さえたりしていませんか?

子供はママ、パパに叱られるのが嫌いです。

歯磨きをする=怒られるというイメージがついてしまっているため嫌がるのかもしれませんよ。

子供に機嫌よく歯磨きをさせる方法5つ!

さて、子供が歯磨きを嫌がる理由がわかったところで、機嫌よく歯磨きをしてくれる方法をご紹介します。

いずれの方法も無理なくできることばかりですので、子どもの好みに合わせてチャレンジしてみてくださいね。

お菓子に似た味の歯磨き粉を使う

ライオンこどもハミガキ ガリガリ君 ソーダ香味


\ライオンこどもハミガキ ガリガリ君 ソーダ香味/

有名なガリガリ君の味がする歯磨き粉が発売されているんです。

アイスと同じ味がするのであれば、子供も喜んで口を開けて歯磨きを楽しんでくれるでしょう。

ムシバイ

歯磨き動画を活用する

ハミガキのうた〜子供と楽しくハミガキタイム♪〜

2分程度の歯磨きの歌で、バイキンをやっつけるために歯を磨くことを子供に上手く教えています。

一緒に歌ったあとに「じゃあ、○○くん(ちゃん)も歯磨きしようか」と声をかけられるといいですね。

歯磨き絵本を活用する

はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう!


\はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう!/

歯磨きを嫌がる男の子が「はみがきれっしゃ」と共に歯磨きを楽しんでできるようになるお話です。

特に乗り物好きな男の子だと「はみがきれっしゃしよう」と誘われるときっと喜んでくれますよ。

歯磨きのタイミングを見直す

遊びたい時には遊びが終わってから歯磨きの時間にする。

夜寝る前だと眠さで機嫌が悪くなってしまいがちになるなら、入浴前や入浴中に歯磨きを行ってみるなど、時間を変えてみることで歯磨きに応じてくれることもありますよ。

子供のペースに合わせて歯磨きをするよう時間帯を見直してみましょう。

うまく歯磨きができたら褒める

今まで歯磨きをするたびに叱ることが多かったのであれば、今度は終わった後に褒めてみましょう。

子供はママやパパに褒められることが好きなので、褒め続けることによって次第に歯磨き嫌いも直っていくことでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

子供が歯磨きを嫌がるのは痛かったり、叱られるのが嫌だったりと難しくない理由のことが多いです。

今回ご紹介した歯磨きを楽しくさせる歯磨き粉・歌・絵本などのお助けグッズを活用し、なおかつ子供のペースに合わせたり、褒めたりすることで、「歯磨きは怖くないんだ!」というイメージを与えてみてくださいね。

歯磨きの大切さを幼い時にしっかりと学んでいると大人になってからも歯医者通いをしなくて済むようになりますので、子供が歯磨きをできるようにしっかり寄り添ってあげてくださいね。