卵殻膜化粧水の作り方|手作り化粧水を作る時の注意点とメリット・デメリット

美容・ファッション

今話題の卵殻膜。卵殻膜エキスの入った製品も売っているけれど、手作りできるって聞いたから自分でも作ってみたいと思っているあなたへ、卵殻膜化粧水の作り方をご紹介します。

卵殻膜化粧水ってまだ高価だし、手作りできたら嬉しいですよね。

ただ、手作りなので作る時の注意点やメリット、デメリットなんかもありますのであわせてまとめましたので、「卵殻膜化粧水を手作りしたい」と思っているなら、是非参考にしていただけると嬉しいです。

卵殻膜化粧水の作り方・アルコール無しの方法も紹介

卵殻膜化粧水の作り方をご紹介する前に、「卵殻膜って何?」というあなたへ簡単にご説明しますね。

生卵を割ると、殻と卵白の間に薄い膜があるのを見たことはありますよね?
あれが、卵殻膜なんです。厚みはわずか0.07㎜!!

この卵殻膜を使って、卵殻膜化粧水を手作りするんです。

殻からの上手な剥がし方もご紹介しますね。

まず、用意するものはこちらです。

  • 卵の薄皮(卵殻膜) 卵10~20個分
  • アルコール度数40度以上の酒(ウォッカやホワイトリカーなど) 150ml
  • 精製水 適宜
  • グリセリン 適宜
  • 保存容器(密閉できるアルコール対応のもの)
  • 卵殻膜化粧水を入れる容器(可能ならばアルコール対応の容器)
  • 卵殻膜のみを保存する保存容器(必要に応じて用意)

ここに、昆布を使ってもいいのですが、今回は昆布なしの作り方をご紹介します。

では、作り方です。

  1. 卵の殻を水洗いしたのち、2時間以上水につけておく(半日以上つけておくのが理想)
  2. ①から薄皮を剥がす(ピンセットなどを使うと剥がしやすくなる)
  3. ②を乾燥させる(目の細かい網の上に置いて乾燥させると乾いても剥がしやすい)
  4. ③を密閉できる容器に入れ、アルコールを注ぎ、漬け込んだら冷蔵庫に2週間保存する
  5. ④をキッチンペーパーやガーゼなどを使ってろ過させる(これで卵殻膜エキスが完成)
  6. 卵殻膜エキス5:精製水4:グリセリン1の割合で混ぜ合わせれば、卵殻膜化粧水(美容液)の完成!

一度に分量の卵殻膜が集められない場合は、卵殻膜エキスを作るための容器とは別の容器に乾燥させた卵殻膜を入れ、冷蔵庫で保存してください。

よく乾燥させないと、菌が繁殖しますのでしっかり乾燥させてくださいね。

手作り卵殻膜化粧水には、防腐剤などが入っていませんので 2週間以内 に使いきれる分だけ作ってください。

卵殻膜エキスは、冷蔵庫保存で1~2ヶ月はもちますので、無理に卵殻膜化粧水(精製水などを入れた状態)にせず、使いきったらまた作るようにしましょう。

卵殻膜化粧水用の容器をスプレータイプにすると、使いやすいかもしれません。その際、50ml容器だと、持ち歩ける大きさなので、2週間以内に使いきれずに捨てるということが少なくて済むかもしれません。

50mlスプレー容器で作る場合は、卵殻膜エキス25ml、精製水20ml、グリセリン5mlが基本分量ですが、アルコールが苦手な場合には、卵殻膜エキスの分量を少し減らして、精製水を多めにするなどの調整をしてください。

卵殻膜エキスを作るのに必要なものは、度数40以上の酒、つまりアルコールですがアルコールが苦手という場合もあるでしょう。その場合、酒類を使うのではなくエタノールを代用する方法もあります。市販の無水エタノールは濃度が80%前後のものが多く、これはアルコール度数でいうと80度ということになります。

その度数で作っても問題はないのですが、アルコールが苦手な場合には少し強めのエキスに仕上がってしまうかもしれません。

そこで、アルコールでもエタノールでもエキスが完成したら一度、沸騰させてみてください(2週間冷蔵庫で保管したあとです)。
沸騰させることによってアルコール類は蒸発します。完全にゼロになることは難しいかもしれませんが、ほとんどのアルコール類はエキスから抜けてくれます。

その後、卵殻膜化粧水を作る際に精製水を多めに配合して作れば、ほとんどアルコールを感じることはなくなるはずです。アルコール成分が蒸発してもエキスの中には卵殻膜の成分は染み込んでいますから、効果が劣ることはまずないでしょう。

手作り化粧水を作る時の注意点とメリット・デメリット

卵殻膜化粧水を手作りする方がコスパはいいのですが、作る時の注意点もあります。
まず、前述しましたが、防腐剤が入っていないので長期保存はできません。

卵殻膜エキスは1~2ヶ月冷蔵庫での保存できますが、精製水を入れたものは必ず2週間以内に使いきってください。もし使いきれなかった場合には、「もったいない」とは思わず、捨ててくださいね。

肌に直接つけるものなので、使用期間は厳守してください。

そして、使用する容器やざる、網は使用前に煮沸消毒をしてください。しっかり消毒しておかないと雑菌の繁殖リスクが高くなります。煮沸消毒したものは、ふきんなどで拭かず、自然乾燥させたものを使うこともオススメします。

そして、メリットとデメリットですが、

卵殻膜化粧水:手作りのメリット

メリットは、やはり「コスパがいい」ということです。市販の卵殻膜エキス入りの製品は、高価なものが多いので、手作りすることでコストを下げることができますし、自分好みの濃度に作ることもできますから、あなたに合った濃度の化粧水を作ることができます。

卵殻膜化粧水:手作りのデメリット

デメリットは、主材料である卵殻膜を分量分そろえるのが手間ということではないでしょうか。

一度に10個分の卵を使うことってあまりないと思いますので、分量分の卵殻膜をそろえるまでは、手作りができないという大変さがあります。

分量が揃うまでの保存も、しっかりと乾燥させていないうちに冷蔵庫に入れてしまうと、そこから雑菌が繁殖する可能性もあります。

それと、殻から卵殻膜を剥がす作業も、コツを掴むまでは手間だと感じるかもしれません。

そして、 長期保存ができない というのもデメリットに入るのでは、と思います。

卵殻膜化粧水を手作りして使う場合にはパッチテストもお忘れなく

初めて卵殻膜化粧水を手作りした場合、必ず使用前にパッチテストをおこなってください。

市販品のように、一般的な人たちに合うように作られていない分、肌に合わないこともあります。強い成分は卵殻膜には、入っていませんがアルコールに漬け込むので成分が凝縮されます。

精製水やグリセリンなどを加えて化粧水にするので、原液のままではない分、刺激も和らぐとは思いますが念のため、初めて使用する時にはパッチテストをお忘れなくおこなってください。

パッチテストをして、問題がなかったら、そこから思う存分使用してください。卵殻膜には、人間に必要な成分がたっぷり含まれています。きっとあなたの肌もキレイに変わってくれるはずです。

ただし、即効性があるという情報が見当たりませんでした。だいたい使用した皆さんの感想を聞くと「実感したのは2~3週間使い続けた頃から」という意見が多かったように思えます。

毎日使用して、2~3週間後を楽しみにする…くらいのゆったりした気持ちで使用してみてくださいね。
あなたの肌の悩みが、卵殻膜化粧水で解消されることを願っています。

卵殻膜とは?人気の理由や使い方、おすすめ商品も紹介します

卵殻膜やエキスの副作用は?卵アレルギーの人は化粧品を使って大丈夫?

卵殻膜化粧水の作り方|手作り化粧水を作る時の注意点とメリット・デメリット

卵殻膜で手作りパック!やり方解説!毛穴やニキビ跡にも効果あり?