クッキー生地がゆるい!クッキー生地がゆるくてベタベタ・・・上手にまとまらない理由と対処法

食べ物
食べ物

ちょっとしたプレゼントにもぴったりなクッキー。

簡単そうだし手作りしたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、いざ作り始めると 生地がゆるくなったり、ベタベタしたり、クッキーを作るのって意外と難しいんですよね。

クッキー生地がゆるくなる理由は大きく分けると次の2つです。

  • 水分や油分が多すぎる
  • 生地の温度が高い

卵などの水分やバターなどの油分が多い場合や、部屋が暑かったりして生地の温度が高くなってしまった場合は、どうしてもクッキー生地がベタベタになってしまうんです。

ここでは、クッキー生地がゆるくなる理由をお伝えした上で、解決法をご紹介していきます。

クッキーを作る時の参考にしてみてくださいね。

クッキー生地がゆるくてまとまらない!ベタベタになっちゃうのはなぜ?

クッキーを作っていると、生地がゆるくてベタベタしてしまうことが結構あるんです。

ベタベタするといろんな所にくっつき、型抜きなども上手にすることができませんよね。

レシピ通りに作っているはずなのに、なぜクッキー生地がゆるくなってしまうのでしょうか?

粉に対して水分や油分が多すぎる

一般的なクッキーは、小麦粉、砂糖、卵、バターを使うことが多いです。

小麦粉や砂糖に対して、卵やバターなどの水分や油分が多すぎると生地がゆるくなります。

 お菓子作りは、計量が大切 なことを知っていますか?

少しの計量ミスでも失敗することがあるんです。

もしかしたら、正確に計量できていないのかもしれません。

でも、「私はきちんと計量しているけど」と思う方もいるでしょう。

 計量しても誤差が出やすいのは、卵です。

よくレシピに卵1個や1/2個と書いてあることがありませんか?

同じ卵でもSサイズやMサイズなど大きさが違いますよね。

そのため、SサイズとLサイズでは、まったく卵の量が違ってきます。

失敗したくないのなら、卵の量もグラムで表しているレシピを参考にするのが安心です。

生地の温度が高くなっている

夏など部屋の温度が高くなる時期には、クッキー生地もゆるくなりがちです。

なぜなら、 気温が高くなるとバターが溶けやすくなる から。

また、バターを早く柔らかくしようと思って、電子レンジで加熱する人もいるかもしれません。

電子レンジで加熱するとバターが溶けてしまだけでなく、バターの熱によって生地の温度も上がってしまうので、ゆるくなってベタベタしてしてしまいます。

他にも、クッキー生地を触り過ぎで、生地がゆるくなってしまうこともあります。

手の温度がクッキー生地に伝わって、生地温度が高くなってしまうんです。

クッキー生地をゆるくさせないためには、生地温度が高くならないように気をつけることが大切です。

クッキー生地がゆるくてベタベタになっちゃう時の解決策は?

クッキー生地がゆるくなる理由を分かっていただけたと思います。

でも、計量や生地温度に気をつけても、クッキー生地がゆるくてベタベタになってしまうこともありますよね。

そこで、「クッキー生地がゆるくなっちゃった」というあなたのために、解決法をご紹介します。

冷蔵庫で冷やす

クッキー生地がゆるくてベタベタになってしまったら、一つにまとめて ラップで包んで冷蔵庫  に入れましょう。

冷蔵庫1時間程度冷やせばクッキー生地が固くなり、ベタベタも解消されます。

ですが、冷蔵庫で冷やしてもまだクッキー生地がゆるくて、型抜きなどができない場合もあるかもしれません。

そんな時は、クッキー生地を棒状にしてラップに包んで 冷凍 してしまいましょう。

それを包丁で薄くカットすれば、アイスボックスクッキーになりますよ。

小麦粉を足す

クッキー生地を冷やしても、ゆるくてベタベタしてしまうのは、粉の量が少ないためかもしれません。

そういう時は、様子を見ながら小麦粉を足してみましょう。

あまりにたくさん小麦粉を足すと、粉っぽくなったりクッキーが固くなったりしてしまいます。

あくまでも少量を足すようにしてください。

クッキー生地がゆるい理由と対処法のまとめ

クッキー生地がゆるくてベタベタする時には、次のことを試してみてください。

  • 冷蔵庫で冷やす
  • 小麦粉を足す

それでも解決しない場合は、冷凍してアイスボックスクッキーにしたり、しぼり袋に入れてしぼり出しクッキーにしたりするのも一つの手です。

クッキーは材料がシンプルなため、きっちりと計量することが大切です。

レシピをしっかり守って、美味しいクッキーを作ってくださいね。