薄力粉と小麦粉の違いって?クッキーや天ぷらを作る時は?

食べ物

「薄力粉と小麦粉って同じもの?違いはあるの?」と思う方は多いのではないでしょうか?

料理やお菓子のレシピにも、薄力粉と書いてあったり小麦粉と書いてあったりすることがあるので、何が違うのか気になりますよね。

小麦粉は字の通り小麦を挽いた粉で、その小麦粉の中の一つが薄力粉なんです。

つまり、小麦粉と薄力粉は同じものと言うことになります。

ここでは、薄力粉と小麦粉の違いだけでなく、製菓用薄力粉や天ぷら粉との違いについてもお伝えしていきます。

また、製菓用薄力粉や天ぷら粉がない場合の代用法についてもご紹介しますので、合わせてご覧ください。

薄力粉と小麦粉は同じ!

薄力粉と小麦粉、見た目はとても似ていますよね。

それは、薄力粉は小麦粉の一種だから。

つまり、薄力粉と小麦粉は同じものになります!

小麦粉は薄力粉、中力粉、強力粉の3種類があります。

では、同じ小麦粉でも何で種類が分かれているのでしょうか?

小麦粉は小麦を挽いて粉にしたものですが、タンパク質(グルテン)の量によって種類を分けているんです。

薄力粉<中力粉<強力粉の順にタンパク質が多くなります。

薄力粉はタンパク質の量が一番少ないため調理しても粘り気が少なく、クッキーやケーキなど軽い食感を出したいメニューにぴったりです。

そして、強力粉は3種類の中で一番タンパク質が多いため、粘り気や弾力が出ます。

そのため、強力粉は弾力を出したいパンやピザなどに最適なんです。

最後に、中力粉は薄力粉と強力粉の中間くらいのタンパク質量になります。

薄力粉ほどは軽い食感にはならず、強力粉ほどは粘り気や弾力はありません。

この中力粉は、うどんに使われていることが多いです。

つまり、用途に合った小麦粉を使うことが大切になってくると言うことになります。

それなら、「レシピに小麦粉と書いてあったら、薄力粉、中力粉、強力粉のうちのどれを選べばいいの?」って思いますよね。

小麦粉の量が少量なら、どの種類を使ってもかまいません。

小麦粉の量が多い場合は仕上がりも変わってくるので、薄力粉や強力粉など種類がちゃんと指定してあることがほとんど。

レシピに小麦粉の種類が記載されている場合は、指定の材料を使ったほうが失敗も少なくなります。

失敗なく美味しく作るためには、レシピ通りの種類の小麦粉を使うようにしましょう。

製菓用薄力粉と薄力粉の違い、天ぷら粉と小麦粉の違いは?代用はできる?

いざ、お店に薄力粉を買いに行くと、さらに迷うことがあるかもしれませんね。

お店には薄力粉や中力粉、強力粉以外にも、製菓用薄力粉やてんぷら粉なども売っています。

「製菓用薄力粉はお菓子作り専用なのかな?」となんとなく思いますが、普通の薄力粉と何が違うのかよく分かりませんよね。

お菓子作りでは、クッキーはサクッとケーキはふんわりさせるために薄力粉がよく使われます。

それは、強力粉などを使うと粘り気が強いため、クッキーが固くなったり、ケーキが膨らまなかったりしてしまうからです。

その点、製菓用薄力粉は普通の薄力粉に比べさらにタンパク質量が少ないため、クッキーやケーキなどをよりサクッとふんわりさせることができるんです。

つまり、製菓用薄力粉はお菓子作りに最適な小麦粉ということ。

そのため、お菓子作り初心者は、製菓用薄力粉を使うことをおすすめします。

もちろん、普通の薄力粉を使ってもかまいません。

その場合は、粉を混ぜる時は練らないようにサックリと混ぜるようにしましょう。

混ぜ過ぎると生地に粘り気が出てしまうので、くれぐれも注意してくださいね。

次に、天ぷら粉と薄力粉の違いについて見ていきましょう。

天ぷら粉は水で溶かすだけで、サクッと美味しい天ぷらができるのでとても便利ですよね。

それは天ぷら粉には薄力粉だけではなく、でん粉や卵粉、ベーキングパウダーなどがバランス良く配合されているからなんです。

そんな便利な天ぷら粉ですが、普段から常備している方は少ないと思います。

では、天ぷら粉が無かったら、天ぷらを諦めるしかないんでしょうか・・・。

安心してください、薄力粉で代用することもできます!

でも、サクッとさせるために、薄力粉に片栗粉と卵をプラスしましょう。

まず、薄力粉200cc、片栗粉20cc、卵1個、冷水200ccを用意します。

ボウルに卵を割り入れ、冷水を入れてかき混ぜます。

そこに、薄力粉と片栗粉を混ぜましょう。

混ぜ過ぎるとサクッと感がなくなるので、あくまでサッと混ぜる程度にしておいてくださいね。

あとは、天ぷら粉と同じように使えばOKです。

また、天ぷら粉は、お好み焼き粉やたこ焼き粉で代用することも可能です。

天ぷら粉とお好み焼き粉やたこ焼き粉は、入っている原料がほとんど同じ。

少しダシの風味はしますが、それはそれで美味しい天ぷらができると思いますよ。

薄力粉と小麦粉の違いのまとめ

薄力粉は小麦粉の一種だということが分かっていただけたでしょうか?

小麦粉はタンパク質量によって、薄力粉、中力粉、強力粉の3種類に分けられます。

クッキーなどのサクッとさせたいものには、タンパク質が一番少ない薄力粉を使うようにしましょう。

また、お菓子作りには薄力粉に比べ、さらにタンパク質量の少ない製菓用薄力粉を使うことをおすすめします。

そして、天ぷら粉は薄力粉で代用することも可能です。

片栗粉や卵をプラスして、天ぷら粉がなくても美味しい天ぷらを作ってみてくださいね。