ルイボスティーはやばい?!副作用や正しい選び方も知っておこう

食べ物

少し前にルイボスティーってダイエット効果があるといわれていて、私も飲んでいた時期がありましたが、実はルイボスティーは危険だっていわれているようですね。

何がどんなふうに危険なのかを調査してみましたので、ご紹介します。副作用や正しい選び方についてもご紹介しますので、ルイボスティーを飲んでみたいけれど危険なら怖いなぁと思っているあなたの不安を解消できたらと思います。

ルイボスティーの副作用|飲まないほうがいい人

ルイボスティーは、結論からいいますと副作用というものはありません。ただ、副作用に似た症状が出ることもあるんです。

すべての人に当てはまるわけではなく、飲まないほうがいい人がいるんです。そういう人が飲んだ場合、副作用に似た症状が出る可能性があるので、ご紹介します。あなたがもし当てはまるならば、注意してくださいね。

飲まないほうがいい人は、主に次の4つのうちひとつでも当てはまる人です。

  • 胃が弱い人
  • アレルギーがある人
  • サプリなどを過剰摂取している人
  • 便秘しやすい人

まず、胃が弱い場合、ルイボスティーに含まれている食物繊維(製品によっては含まれていないものもあります)は腸内環境を整えて悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれますが、マグネシウム(ミネラル分の一種)は腸内で水分を吸収して便を柔らかくする効果があるんです。胃が弱い人はこの効果が強く出ると下痢になることがあります。

次に、アレルギーがある人は、現在分かっているアレルギーの他にもアレルギーがある可能性があります。もしあなたが、今までルイボスティーを飲んだことがないとしたら、ルイボスティーの中に含まれている成分の中にアレルギーがある可能性があるので、注意が必要になります。

初めて飲む場合には、薄めのものから始めて様子を見てみましょう。

そして、サプリなどを飲んでいる人は、ルイボスティー内に含まれている成分をもともとサプリで摂取していたとしたら過剰摂取になってしまう可能性があります。

ルイボスティーは、薬ではないので摂取量は決まっていませんが、含まれる成分としては、「食物繊維」「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)酵素」「ミネラル分」「タンニン」などです。

ミネラル分には、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、カリウム、銅、ナトリウムなどが含まれます。これらの栄養素をサプリで摂取している場合には注意が必要なんです。

最後に、便秘しやすい人は、ルイボスティー内に含まれるタンニンが便秘になる可能性がありますので最初から大量に飲まず、様子を見ながらの方がいいかもしれません。

ルイボスティーの水銀問題とは?安全な茶葉はどう選ぶ?

ルイボスティーが危険だといわれている原因のひとつに「水銀」というワードが出てくると思います。「お茶に水銀ってどういうこと?」と思って調べてみると、どうやら原産地の土壌にその原因があるようでした。

ルイボスティーの水銀問題とは?

ルイボスティーになる茶葉が収穫できるルイボスの木を育てられる土壌は、南アフリカのセダルバークしかないといわれています。そこの環境でしか、ルイボスの木が育てられないんです。

しかし、この土壌には水銀が含まれているため、その土地で育てたものを大量に摂取すると体内に水銀が溜まってしまう可能性があるようです。現にその土地で育てた野菜などを食べ続けた現地の人の髪の毛から水銀の値が出たという報告もあります。

ただし、ルイボスティーに関しては、多くは国際基準の検査をクリアしたものなので、水銀の量も身体に悪影響を及ぼすほどの量は含まれていません。なので、ルイボスティーを飲むと水銀が体内に溜まってしまうという危険性は限りなくゼロに近いということになります。

ただ注意してほしいことは、安全基準を満たしていないものに関しては、保証はされていないのでもしかしたら水銀量も多くなっている可能性はあるんです。

ではどんなふうに安全な茶葉を選べばいいのでしょうか?

安全な茶葉はどう選ぶ?

まず、栽培方法がとても重要になります。茶葉は、「オーガニック認定」「エコサート認定」「有機JASマーク」のあるものを選びましょう。

オーガニック認定

オーガニック認定は、品質管理の徹底がされているものに対して苗植えから刈入れまで無農薬のものに対して認定されるものです。

エコサート認定

エコサート認定は、国際基準の安全性を検査するもので日本の基準よりも厳しい検査があるので、この認定を受けているものは安全だと見て大丈夫だと思います。

有機JASマーク

有機JASマークがついているものは、製造工程の厳しいチェック項目をすべてクリアした製品にのみつけられるマークなので、栽培や刈入れをした次の段階である製造工程でもチェックをクリアしているものの証です。

ルイボスティーにはグレードも!安全な茶葉を選びましょう

ルイボスティーと一言でいっても、さまざまな種類があります。中には原産地が南アフリカのセダルバークではない表記のものもあるんです。地域までの表記はないものもありますが、南アフリカという原産地を参考にしてください。

初めて飲むなら、やはりきちんとした原産地の茶葉を選ぶようにしましょう。
そして、茶葉にもグレードがあるので、できれば上質の茶葉を選ぶことをおすすめします。グレードは主に3つ。

「チョイス」(茎の部分が多く色や味が濃い)、「スーペリア」(茎と葉の割合がちょうどよく配合されている)、「クラシック」(葉の部分が選別されている)です。

できれば「スーペリア」か「クラシック」がいいでしょう。

でも実は、さらに上質の茶葉のグレードもあるんです。それが「スーパーグレード」(枝の先の部分のみを使用している最高茶葉で、収穫した茶葉の中で数%しか収穫できないもの。色も濃さも上品なもの)です。でも貴重な茶葉なので、あまり流通されていないようですし、あったとしてもかなり高価です。

普段飲むのなら、「スーペリア」や「クラシック」の方が気軽に飲めると思います。
お茶なので、健康や美容に効果があるものを気軽に飲める方がいいですからね。

あなたがどんな目的でルイボスティーを飲むのかは分かりませんが、薬ではないので即効性はありません。長く飲み続けることによって、その効果を実感できると思います。是非良質の茶葉のルイボスティーを長く飲み続けて理想を手に入れてください。

あなたが描く理想がどうか手に入りますようにと願っています。

ルイボスティーの効果|白髪が減るってホント?何ヶ月飲めば効果が出る?

ルイボスティーはやばい?!副作用や正しい選び方も知っておこう

黒豆茶の効能|白髪やむくみ・便秘に良いってホント?妊婦さんは飲んでもいいの?