柏餅の葉っぱは食べる?食べない?葉っぱの作り方や代用品について

食べ物
食べ物

5月5日のこどもの日には、柏餅を食べる人も多いんじゃないでしょうか?この時期になると、スーパーで売っているのをよく見かけますよね。

柏餅と言えば、葉っぱが巻いてあるのが特徴的です。ですが、あなたは柏餅の葉っぱはどうしていますか?

柏餅の葉っぱ、食べる食べない?

食べる人もいるかもしれませんが、一般的には柏餅の葉っぱは食べない人が多いです。

もちろん食べても害はありませんが、あまり美味しくはないですよね。

ここでは、柏餅の葉っぱにはどのような役割があるのか、そして柏餅の葉っぱの作り方や代用法についてご紹介します。

柏餅を手作りしようとしているあなたの参考になれば幸いです。

柏餅の葉っぱは代用できるの?葉っぱの役割とは?

あなたは柏餅の葉っぱは、何のために巻かれているのかご存知でしょうか?

まずは、柏餅の葉っぱの役割についてお話します。

柏餅の葉っぱの役割とは

香りづけのため

柏餅はただのお餅と違い、葉っぱの香がしますよね。

これは、柏の葉っぱと一緒に蒸すことで香が付くためです。

柏餅は味だけでなく、香りも楽しめるお菓子だと言えますね。

菌の繁殖を防ぐため

柏の葉っぱには「オイゲノール」という成分が含まれています。

この「オイゲノール」には殺菌作用があります。

昔は冷蔵庫がなかったので、菌の繁殖を防ぐために柏の葉っぱを巻きました。

昔の人の知恵だったんですね。

乾燥を防ぐため

お餅をそのまま置いておくと、空気に触れてカピカピになってしまいますよね。

葉っぱを巻くことによって、乾燥から守ることができます。

手の汚れを防ぐため

お餅を手でさわるとベタベタと、手にくっついてしまいますよね。

その点、葉っぱで巻いてあれば、直接お餅にさわることがないので手が汚れません。

また、昔はウエットティッシュなど便利なものがないので、手を綺麗にするのは簡単ではありませんでした。

汚れた手でも食べられるように、葉っぱを巻いたと言われています。

つまり、柏餅の葉っぱは

  • 美味しい状態を保つ
  • 食べやすくする

ための工夫だと言うことです。

でも、最近ではなかなか柏の葉っぱを手に入れることはできませんよね。

そこで、代用品はないのか調べてみました!

柏餅の葉っぱの代用品は?

柏餅の葉っぱの代用品としては、

  • サルトリイバラの葉っぱ
  • ビニールの葉っぱ

この2つがよく代用品として使われています。

サルトリイバラの葉っぱ

西日本では柏の木が少ないので、元々サルトリイバラの葉っぱが使われていました。

柏の葉っぱがギザギザしているのに比べ、サルトリイバラの葉っぱは丸みがあります。

ビニールの葉

もう一つはビニールの葉です。

市販の柏餅にも使われているのを見かけますよね。

現代では、冷蔵庫があるので葉っぱで殺菌する必要はありません。

食べやすさのために巻くのなら、ビニールの葉でも十分ということです。

それでも、せっかく作るのなら柏の葉っぱを使いたい!とあなたは思うかもしれませんね。

こどもの日が近いと、大きなスーパーでは置いてあるところがあります。また、製菓材料店でも手に入りやすいですよ。

確実に手に入れるのなら、インターネットで買うのが一番ですね。

ただの葉っぱじゃない!柏餅の葉っぱの作り方

市販の柏餅の葉っぱを見ると、しっとりとしており、ただの生の葉っぱを巻いてあるわけではない気がしますよね。

柏餅の葉っぱは、何か特別な作り方があるんでしょうか?

柏の葉っぱを手に入れようと思ったら、生の葉っぱを思い浮かべるかもしれません。

ですが、こどもの日前後はまだ柏の葉っぱが成長しておらず、お餅を包むには小さいので、市場にはほとんど出回っていません。

でも、自宅に柏の木があったり、誰かから貰ったりする場合もあるでしょう。

その場合は、熱湯に5分ほどつけたり一晩水に付けておいたりして、アク抜きをしましょう。

この時期に、お店で手に入れられる柏の葉っぱはこの2つになります。

  • 乾燥させた葉っぱ
  • 塩漬けにした葉っぱ

乾燥させた葉っぱは、使う前に水で戻してアク抜きをしましょう。

香りも良く、生の葉っぱに一番近いです。

しかし、最近ではお店に売られている柏の葉っぱのほとんどが、塩漬けされたものです。

塩漬けして加熱処理したものが真空パックに入っています。

面倒な下処理はいらず、水でさっと洗いながすだけでいいのでとても簡単ですよ。

柏餅の葉っぱのなぞ、食べる?食べない?何の役割があるの?のまとめ

柏餅の葉っぱには

  • 香りづけのため
  • 菌の繁殖を防ぐため
  • 乾燥を防ぐため
  • 手の汚れを防ぐため

などたくさんの役割があります。

食べるための葉っぱではないことが、分かっていただけたでしょうか?あまり美味しくはないので、無理して食べる必要はありませんね。

また、西日本では柏の葉っぱではなく、サルトリイバラの葉っぱが使われていたとは驚きでした。

私が小さい頃、祖母がよく柏餅を作ってくれていたんです。今になって、あれはサルトリイバラの葉っぱだったんだ!と気づきました。

柏の葉っぱは、最近ではなかなか手に入れることができません。大きなスーパーや製菓専門店、インターネットで探してみてくださいね。

柏餅はかつて、武家の子孫繁栄を願って食べる習慣がありました。

子供の成長を願う縁起のよい食べ物なので、あなたもお子様と一緒に美味しく食べてくださいね。