手作りクッキーの日持ちは?保存は冷蔵庫?冷凍もOK?

食べ物
食べ物

市販のクッキーには賞味期限って書いてありますよね。

では家で手作りしやすいクッキーの賞味期限はどのくらいでしょう。

前回、手作りクッキーを湿気らないように保管しておく方法や乾燥剤の代用になるものについてお話しました。

それでもやはり食べ物には賞味期限があります。

手作りクッキーも市販のクッキーと同じくらいの期限があるのか、詳しく調べてみました!

手作りクッキーの日持ちはどれくらい?

クッキーは焼き菓子で、焼いた時点で菌は死滅していることから常温で保存ができます。
(直射日光に当たらないようにだけ気をつけて下さいね)

湿気らないように密閉して保存する!とお話した時は3日〜1週間程度と言いました。

賞味期限に関しても同じです。

1週間程度を目安に食べてください。

たとえ湿気らず、しっかり焼いているから水分がないと言ってもクッキーにはバターを使っていますよね。

そのバターの油脂が酸化して風味が落ちてしまったり、最悪のパターン、カビが発生することもあるからです。

つまり腐ってくるということです。

また水分を含むフルーツやチョコチップをアレンジで入れた場合は、もう少し早めに食べることを意識した方が良いかもしれません。

しっとりしたクッキーも美味しいですが、すぐ食べないのであればしっかりと焼いて、サクサクしたクッキーの方が数日の保管には向いています。

1週間以内であっても糸を引いていたり、油臭いなど感じたら、腐っている可能性が大きいので食べるのは避けてください。

手作りクッキーは冷蔵庫や冷凍庫で保存したほうがいいの?

常温で保存ができると言いましたが、夏と湿気が多い時期は室内で直射日光が当たらなくても
クッキーに限らず危険です。

我が家も日中は仕事や学校などで誰もいません。窓も鍵を閉めて家を出ます。

夏は飲み物、食べ物を部屋に置きっぱなしになっていないか気をつけますよね。

そんな時はきちんと密閉した上で、冷蔵庫で保存した方が良いです。

冷蔵庫で保存しても期限は1週間程度です。

そして手作りクッキーも実は冷凍することが可能です。

保存の味方、冷凍です(笑)

冷凍だと2週間〜1ヶ月もちます!

冷凍保存する際は極力、何も入っていないシンプルなクッキーにしてください。

やはりドライフルーツやチョコチップなどの水分が含まれているものは冷凍には向きませんので、注意してください。

保存袋に入れ、空気をしっかりと抜いてから冷凍です。

ちなみに焼く前、生地の状態でも冷凍が可能です。

薄く伸ばし、型抜きする前でも型抜きした後でも大丈夫です。

ラップでしっかりと包んでくださいね。

焼くときは半解凍か解凍したまま焼くだけでOKです♩

そして焼いた後に冷蔵保存、冷凍保存したクッキーは出した後に温度差で結露が発生する可能性もありますので、風通しこ良い涼しい場所に出しておいてください。

オーブンで加熱した方が菌も死滅するので確実かもしれません!

その際は冷蔵、冷凍それぞれ様子を見ながら調整してみてくださいね。

とにかく水分が大敵です!

まとめ

今回は手作りクッキーの日持ちについてお話してきました。

冷蔵、冷凍保存は考えもしませんでしたが、出すときに気をつければ問題なさそうですね♩

では、今回もおさらいしていきます!

★手作りクッキー日持ちは…
きちんと密閉していれば1週間程度は美味しく食べれます。
水分を含むドライフルーツなど入っているものは、3〜4日程度がいいかも。

乾燥剤を入れれば、もっと長く保存できるかもしれないけれどバターが酸化してしまうためオススメできません。

しっとりしたクッキーなどもあまり長く保存できないので保存を考えているのではあれば、しっかりと焼いて、サクサクしたクッキーを!

糸が引いたり、油臭くなってしまったら危険。食べないで下さい。

冷蔵保存の場合

夏や湿気の多い時期は密閉して冷蔵保存が望ましい。

これも1週間程度を目安に食べて下さい。

冷凍保存の場合

焼く前の生地でもOK。

薄く伸ばして、型抜き前でも型抜き後でも。

きちんとラップで包んで下さい。

焼いた後も同じく保存袋の中に入れ、空気をピタっと抜いて下さい。

解凍は?

冷蔵、冷凍も温度差で結露が発生する可能性あり!

オーブンで加熱した方が確実です!

焼く前の生地を冷凍した場合は、半解凍か冷凍したままでも大丈夫です。そのまま焼いて下さい。

加熱する際はクッキーの様子を見ながら加減してくださいね。

我が家は…生地のまま冷凍しておこうかなぁと思いました♩

皆さんも上手に保存してくださいね♩