ピザの生焼けで腹痛に?!家庭で美味しくピザを焼くコツは?

食べ物
食べ物

出来立てアツアツのピザはとても美味しいですよね。

最近はホームベーカリーもあるので、家で手作りピザを焼く人も多いのではないでしょうか。

でも、家でピザを焼いたら生地が生焼けだった・・・という経験はありませんか?

ピザの生地は小麦粉から作られます。


生の小麦粉は消化が悪い ため、場合によっては 腹痛や下痢 を引き起こしてしまうことがあるんです!

ピザが生焼けだと体にも良くない上、美味しくもありませんよね。

ピザを生焼けせず美味しく焼くには、なるべく 高い温度で焼く のがベストです。

今回は、家庭でピザを美味しく焼くコツをお伝えしていきます。

家庭でもお店のような美味しいピザを焼いちゃいましょう!

ピザを焼く温度は200度?250度?仕上がりの違いは?

ピザを焼く温度によって、ピザの仕上がりにも違いがでます。

お店のピザは表面がカリっとしているのに、中は もちもち でとても美味しいですよね!お店では石窯を使ってピザを焼いているところが多いのです。

石窯の温度はなんと 400度以上 になるのをご存知でしょうか?

400度以上の高温で短時間焼くことで、カリっとしながらも中までしっかり火を通すことができます。

つまり、家庭でピザを焼くときも、なるべく高温にして短時間で焼けば表面はカリっとしながらも中はもっちりの状態にすることができるんです。

オーブンの設定温度を 200度~250度 にして、ピザを焼きましょう。

オーブンの設定温度が200度なら、ピザを焦げ付かせずじっくりと焼くことができます。

分厚い生地のピザなら中までしっかりと火を通すために、200度で10~15分くらい焼くといいです。

また、オーブンの設定温度が 250度 なら、ピザがカリっと焼き上がります。

薄い生地のナポリ風ピザは、250度で6~7分焼くようにしましょう。

ですが、家庭用の電気オーブンは温度が上がりにくい上、扉を開けると温度が下がりやすいです。また、オーブンによって癖があり、ピザの焼け具合も変わってきます。

オーブン内をこまめに見ながら、焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせるなどの対策をしてくださいね。

生焼けが心配なら、ピザの生地だけ先に焼く、という方法も!

ピザを家庭用のオーブンで焼くと、しっかり焼いたと思っても中心のあたりの 生地が生焼け になっていることがありませんか?

生焼けの生地は美味しくないだけではなく、体にもあまりよくありません。

ピザに限らず、生の小麦粉は消化が悪いため腸で吸収できず、腸壁を刺激 してしまう場合もあります。

そのため、生焼けのピザ生地を食べると消化不良になったり、腹痛や下痢を起こしたりする人もいるんです。

体のためにも、ピザの生焼けは防ぎたいですよね。

ピザの生焼けを防ぐには、 ピザ生地だけを先に焼くという方法  もあります。

伸ばしたピザ生地だけを、5分程度下焼きしましょう。その後、生地をオーブンから取り出して、具をのせてから再び焼いて下さい。

そうすれば、ピザの中心までしっかり火を通すことができ、生焼けを防ぐことができますよ。

ピザの生焼けで腹痛に?!家庭で美味しくピザを焼くコツのまとめ

生焼けのピザを食べると、小麦粉を消化できず腹痛や下痢を引き起こすことがあります。

美味しく食べるためにも、ピザの中心まで しっかり火通すことが大切 です。

ピザ生地の生焼けを防ぐには、 生地だけを先に5分ほど下焼き するといいです。

その後に具をのせて焼けば、ピザが生焼けになることを防ぐことができますよ!

また、ピザを焼くときにはなるべく 高温で短い時間 で焼くと、表面はカリっとしながらも中はもっちりと仕上がります。しっかりオーブンを予熱して、庫内が高温になるようにしましょう。

手作りピザだけではなく、冷凍ピザなども高温、短時間で焼くと美味しく仕上がります。

家庭でもお店のような美味しいピザを楽しんでくださいね。

お好み焼きが生焼けだと危険?判断や食べてしまったときの症状は?