知らないと恥ずかしい?お墓参りの花の予算ってどれくらい?どこで買ったらいいの?

ライフスタイル
ライフスタイル

お盆やお彼岸には、家族そろってお墓参りに行く人も多いと思います。

我が家もお盆になると義父や義母と一緒に、親戚の墓参り巡りをするのが恒例行事となっています。

ですが、墓参りのマナーって意外と知らないですよね。

お墓に供える花もその一つではないでしょうか?

いくらぐらいの花を供えるの?どこで買えばいいの?って疑問に思いませんか?

お供え用の花は、花屋、スーパーやホームセンター、霊園などで買うことができます。

花屋や霊園は一束1000円程度、スーパーやホームセンターなどの量販店では一束300円~800円程度です。

購入場所によって値段が少し違いますね。

それでは、購入場所別の特徴やメリットをご紹介したいと思います。

また、せっかくなら供えた花を長持ちさせたいですよね。

お墓参りの花を長持ちさせる方法についてもご紹介しますので、合わせてご覧ください。

お墓参りの花はどこで買う?

まず、お墓参りの花を買う前に一つ気を付けないといけないことがあります。

お墓には花台が左右1つずつ、つまり1対ありますよね。

なので、花は同じものが2束必要なことを覚えておいてください。

宗派によっては左に1つしかない場合もありますので、お墓に合わせた量の花を用意するようにしましょうね。

冒頭でも書いたように、花を購入できる場所は

  • 花屋
  • スーパーやホームセンター
  • 霊園

などがあります。

コンビニエンスストアでも、お盆やお彼岸の時期だと売っていることもありますね。

では早速、それぞれの特徴や値段、メリットについてみていきましょう!

花屋

花の専門店なので、花の種類の豊富さにおいてはピカイチです。

故人が好きだった花をお供えしたいのなら、花屋がおすすめです。

また、その日仕入れた新鮮な花が売っているので、長持ちしやすくなります。

希望の花やお墓参りに供えることを伝えれば、予算に合わせて作ってもらうことができますよ。

相場は一束1000円程度です。

一対で2束必要なので、2000円になりますね。

また、お盆やお彼岸などの時期は、お供え用のお花として売っている場合もあります。

それだと、一束700円くらいから手に入れることができますよ。

スーパーやホームセンター

大量に仕入れているので、値段が安いです。

一束500円~800円などが多く、物によっては300円台ということも!

また、スーパーなら日頃の買い物ついでに利用できるので便利ですね。

ですが、花屋に比べると花の種類は少ないです。

そして、入荷が毎日ではないので数が少なかったり、鮮度が悪かったりすることもあります。

霊園

大きな霊園では、お供え用の花を売っているところもあります。

花を買う時間がなかったり、買い忘れていたりした場合は助かりますね。

また、荷物を少なくした人にもいいですよ。

値段は一束1000程度のことが多いようです。

霊園によっては、2束セットで売っているところもあるみたいです。

ですが、お盆やお彼岸などのお参りする人が多い時期限定のことが多いので、事前に霊園に電話するのが確実だと言えますね。

それぞれ特徴があることが分かっていただけましたか。

値段を抑えたいのなら、スーパーやホームセンターがおすすめです。

また、花にこだわりたいのなら花屋がいいと思います。

あなたに合ったお店で購入してくださいね。

墓参りの花を長持ちさせる方法は?

お墓に供えた花は、なかなか取り換えることができないため、しばらくの間飾られることになります。

近くにお墓があるのなら度々行くことができますが、そうもいかないでしょう。

せっかくお供えした花なので、できることなら綺麗な状態を長く保ってほしいですよね。

ちょっとしたコツで長持ちさせることが可能ですので、参考になさってください。

まず、墓参りの前日に花を準備しておく人が多いと思います。

あなたは買った花をどのようにしていますか?

もちろん水に浸しておくでしょう。

その時に水切りをしておくと、より新鮮な状態を保つことができますよ。

バケツや洗面器に水をためて、茎の部分を浸します。

そして、水の中で2センチほどのところを、花切りばさみなどで斜めに切り落としましょう。

そうすることで、茎の表面積が広くなり、水の吸い上げがよくなりますよ。

また、水中で切ることで茎の中に空気が入りません。

空気が入ると吸い上げが悪くなるので、必ず水の中で切ってくださいね。

次は、当日墓参りに行った際にやる事です。

  • 水に浸かる部分の葉を取り除く
  • 10円玉を入れておく

この2点のことをすれば、綺麗な状態を保ちやすいです。

水に葉が浸かってしまうと、葉が腐さりやすくなります。

水に浸かる部分の葉は手で取っておきましょう。

また、水の中に10円玉を入れておくのもいいですよ。

銅を入れることによって、水が腐りにくくなります。

そのため、花が長持ちするんです。

確かに、排水溝に10円玉を入れておくと、ヌメリが出にくいという話を聞いたことがありますよね。

銅には殺菌作用があり、雑菌が繁殖しにくくなるためです。

10円玉をたくさん入れても効果は変わらないので、花立てに1つ入れるようにしましょう。

お墓参りの花の予算ってどれくらい?どこで買ったらいいの?のまとめ

お墓参りの花は、

  • 花屋
  • スーパーやホームセンター
  • 霊園

で買えることが分かっていただけたと思います。

また、花屋や霊園は若干値段が高く1束1,000円程度です。

スーパーやホームセンターは1束300~から購入することができます。

そして、花を長持ちさせるためには水切りが重要です。

当日、バタバタしないためにも、前日に購入して水切りしておくと安心ですね。

非常識って言われないか心配?!お墓参りに行ったら花がいっぱい!こんな時どうしたらいい?
お盆やお彼岸などお墓参りにいくときには、お墓に花を供えるのが一般的です。ですが、この時期は親戚みんながお墓参りに行くことが多いため、お墓が花であふれかえっていることがあります。そのため、花立に花をお供えしようとしても入らない!なんてこと...
お墓参りの花にひまわりを持っていくのはあり?お墓参りの花にタブーなんてあるの?
お墓参りに行くときには何を持っていきますか? 線香、数珠、花は欠かせませんよね。 そのうちの1つ、花はどんな種類のものがいいのでしょうか? どんな花を選べばいいのか分からない!何か決まりはあるの?と思うかもしれませんね。 特に明るい...