ドライバーの代わりアイデア!ドライバーがない時のネジ開け方紹介!

ライフスタイル
ライフスタイル

家庭の中には、いろんなところにネジってありますよね。そして「あ、このネジ緩んでる」や「ちょっとこのネジ外したいな」なんてシーンもあると思います。

そんな時に「ドライバーが見つからない!!」と慌ててしまったことってありませんか?

最近では、ドライバーも100均で売っている時代ですが、わざわざ買いに行くのも面倒だし、今すぐどうにかしたいって時もありますよね。そこで、覚えておくと便利なのが“ドライバーの代用となるもの”なんです。

恐らくこれから紹介する代用品の中のひとつくらいはご家庭にあると思いますので、「ホント?」と思ったあなたはこれを読んだ後、試してみてくださいね♪

プラスドライバー、マイナスドライバーの代用品|ドライバーがない時のネジの開け方

まず最初に、これだけは忘れないでほしいことがあります。それは…

ドライバーの代用はネジの溝にフィットする硬いものを使うこと

です。硬さがないと代用として使ったものが折れてしまったり割れてしまったり変形してしまったりして、本来の使い方ができなくなることもあります。できるだけ硬いものを使うことだけは忘れないでください。

そして、その条件にピッタリの代用品を7つご紹介しますね。

ハサミ

ハサミの場合は刃先を広げて片方の刃を使用します。

先が尖っているものより少し丸みがある方が使いやすいかもしれません。ネジの大きさによっては先が尖っているものの方が適している場合もあります。

定規の角

定規の場合は厚みのない方がネジの溝にフィットしやすいでしょう。

角の角度を変えながらネジの溝にフィットした角度で使えばいいので、ネジの大きさが違っても使えるので便利です。

硬貨

ネジの大きさに合わせて一番フィットする硬貨を選ぶのがポイントです。私はよく10円玉を代用します(笑)

缶ジュースなどのプルタブ

缶の本体から外したプルタブもドライバー代わりとして使えて便利です。持ちやすい形なので力も入りやすいですよ。

クリップ

クリップも意外とドライバーの代用として使えます。丸みの部分にフィットするネジの溝であれば十分ドライバーの役割を果たしてくれますよ。

ノミ

カンナやノミがあるのにドライバーが見つからない…ということは滅多にないと思いますが、そんな状況だった場合には、ノミもドライバーの代用として使えます。

ただし、ご紹介した代用品の中でもっとも硬い素材なので力の入れ加減ではネジ山がつぶれてしまうこともありますので、注意が必要です。

カッターの刃

これは硬いものではありますが他の代用品に比べると薄くて折れやすいという難点があります。

折れた刃がどこかに飛んでしまっても危ないのでここに書いた代用品が何も手元になく、なぜかカッターだけがある!なんて時だけにした方がいいでしょう。

ご紹介した代用品の使い方はネジの溝に入れて回すだけ。+(プラス)型のネジでも-(マイナス)型のネジでも使えます。ただし、あくまでも代用品なので「この代用品があるから別にドライバーなんて買わなくてもいいや」とは思わずに、応急処置、緊急処置として使う場合にしておいた方がいいです。

先ほども書きましたが、最近では100均でもドライバーセットなどが売られています。買い物ついでにちょっと買っておくといざという時には、+型ネジの時にはプラスドライバーを、-型ネジの時にはマイナスドライバーをきちんと使うことができるので、「ネジ山がつぶれちゃった」や「代用品が折れちゃった」などのトラブルは回避できますよ。

精密ドライバーの代用になるものはある?

今までに紹介した代用品の力が発揮されるのは、一般的なネジの場合。では、一般的なネジより小さいネジの場合ってどうすればいいのでしょうか?

例えば、私が思いつく小さなネジといえばメガネです。メガネを使っている人なら分かってもらえると思いますが、あれって使っているうちにいつの間にかネジが緩んでしまうことってありませんか?

使っていて、ネジの緩みに気付いた時、ネジを閉めなくちゃとは思ってもそばに精密ドライバーがないと「ネジが取れちゃったら困るぅ」と焦ってしまいますよね。

でも大丈夫!!慌てないでください。精密ドライバーの代用もちゃんとご紹介しちゃいますから。あなたが女性だとしたらひとつくらいは持っているであろう“あるもの”が精密ドライバーの代わりになっちゃうんです。それは…

ネックレスの留め具

です。一般的には「板カン」とか「ダルマカン」と呼ばれる平たい方の留め具です。見てもらうと納得してもらえると思いますが、平たいのでドライバーとして代用できそうな予測がつきましたか?これなら精密ドライバーが必要なくらい小さいネジでも回せちゃうんです。

実際私も試してみましたが、小さいわりには意外と持ちやすくて力も適度に入り、ちゃんと回せました。普段、身に付けていなくても、もし持っているなら覚えておくといいと思います。

そして、あなたが男性だとしたら「ネックレスなんて持ってないよ…」ってなるかもしれません。そんな時には、ちょっとひと手間ありますが、他にも代用品があるんです。それは…

クリップ

です。あれ?一般的なネジの方でもクリップって書かれていたな!と思ってくれたあなた。その通りです。実はクリップってどんなネジにも対応できる確率がとっても高い優れもの。

ただし、一般的なネジのようにそのままの形状では使えません。小さいネジに使う場合にはひと手間が必要なんです。その手間っていうのが、

  1. クリップを伸ばす
  2. 二つ折りにしてネジの溝にフィットするように調整する

このふた手間!!

ネジの溝にフィットさせたあとは、余った針金の部分をネジを回しやすく数回曲げて持ち手を作ると使いやすいと思いますよ。ネジにフィットさせた部分の強度が小さいと感じた場合には、そこを二重にするといいでしょう。

手で曲げるのは難しい場合にはラジオペンチなどがあると簡単にネジの溝に合わせることができます。クリップがひとつあるとある程度のネジに対応できるので便利だと思いませんか?

家にあるもので代用できてもよく使うなら買っておく方が作業効率は上がる

ドライバーの代用になるものをご紹介しましたが、家の中には本当にたくさんのネジがあります。中には一度取り付けたらドライバーを使うことはないものもあるでしょう。

でも緩みやすいネジや、取り外さなくてはいけない状況なんてことがあるものも結構あるのではないでしょうか?代用品はあくまでも代用品だと先ほども書きましたが、本来の使い方ではないのでドライバーをよく使う場合には、購入した方が作業効率は上がりますよ。

そして、これはおまけの情報なのですが、ドライバーがあることを前提にした情報です。うまく使えば代用品にも使えると思いますのでご紹介しておきますね。

精密ドライバーが必要なくらい小さなネジとは反対に、ご家庭にあるドライバーではフィットするサイズがない大きめのネジの場合もありますよね。

そんな時には、

輪ゴムをネジの溝に入れて、持っているドライバーを差し込んで回すとドライバーでは対応できなかった溝にゴムがフィットしてネジを回す

と良いでしょう。ゴムは滑り止めにもなりますので小さいドライバーしかなかった時にはゴムがドライバーの足りない部分をカバーしてくれます。

出来れば幅広のゴムが理想ですが、ない場合には普通の輪ゴムでもOKです。普通の輪ゴムの場合には数本を使ってネジの溝を埋めるようにしてみてください。

ネジを回す作業がしたい時って、「あとにしよう」ってなかなか思えない状況の時が多いですよね。そんな時には、今回ご紹介した代用品を思い出してみてください。必要なドライバーがなくても、あなたの作業をスムーズにしてくれるアイテムは、あなたの身近にあることを忘れないでくださいね。

栓抜きがない!そんなときは10円玉を使ってみて!栓抜きがない時の開け方紹介

メイク落としの代用は?クレンジングオイルがない時、化粧落としの代わりになるもの5つ!

缶切りの代用を探せ!なにもない時の道具を使わない缶詰の開け方も紹介

ドライバーの代わりアイデア!ドライバーがない時のネジ開け方紹介!