産後の1ヶ月検診の費用と検診内容、実際の雰囲気はこんな感じでした

妊娠・出産
妊娠・出産

初めての出産を終えた新米ママたちはきっと 毎日があっという間に過ぎている のではないでしょうか?!

一日中おむつ替えに授乳を繰り返していると、今が朝なのか夜なのか分からなくなるなんてこともあります…

私も一児の母でありもうすぐ第二子出産予定です。

産後の生活を懐かしく思います。

さて、産後一ヶ月を迎えると出産した病院にて 産後1ヶ月検診 が行われます。

初めてのママたちは、 検診の費用や内容など 気になることも多くあるでしょう。

そこで今回は経験を踏まえながら一ヶ月検診について紹介したいと思います!

是非参考にしてくださいね。

1ヶ月検診の目的や内容は?実際に行った時の雰囲気はこんな感じでした!

産後1ヶ月の検診は ママたちの健康状態のチェック赤ちゃんの発育状況の確認 のために行われます。

ママの健康チェック

ママは、尿検査や血圧・体重の確認をしたり内診をして子宮の戻り具合の確認をします。

会陰切開をしたというママたちは、傷の状態も見てもらいます。

私の友人の中には、このとき抜糸したという人もいました。

[aside]補足
普通抜糸は退院前に行わるのですが、どうやら抜糸し足りない部分があったそうです…。

こういった稀なケースもあるようですね。
[/aside]

赤ちゃんの検診

赤ちゃんの検診では、発育状況として 身長や体重、頭囲や胸囲 を測ります。

 母乳やミルクを飲む量 を聞かれますので、産まれてから毎日記録をつけておくとすぐに答えることができますよ♪

また、診察もします。

手足の曲げ伸ばしのチェックをしたり男の子は停留精巣などの確認をされたりします。

乳児ビタミンK欠乏性出血症を防ぐためにビタミンK2シロップを哺乳瓶で飲ませます。

1ヶ月検診では、他にもママが心配であることや聞きたいことがあればゆっくりと聞くこともできますよ。

入院時の聴覚や視覚検査などの結果を聞いたり、血液型を聞くこともできたりします。

1ヶ月検診はベビーカー?抱っこひも?

さて1ヶ月検診へは、 ベビーカーよりも抱っこひもで行く方がスムーズ に動けます。

赤ちゃんを乗せるベビーベッドが何台も準備されていますので、ベビーカーがなくても赤ちゃんをおろすことも可能です。

付添は必要?

また、検診には実母の付き添いが多い印象でした。

というのも、 ママは受付をしたり書類を記入したりと何かと忙しい のです。

検診は平日に行われることや里帰り出産の方が多いことから、実母と一緒に来ている人が大変多いですよ。

もちろん旦那さんやお義母さんの付き添いでも大丈夫です。

1ヶ月検診の赤ちゃんと母親の費用はいくら?

1ヶ月検診の赤ちゃんと母親の費用は、ほとんどの地域が無料 です。

というのも補助券を母子手帳交付のときに保健センターや役所でもらいましたよね。

その補助券の中に、産後検診のものが入っていると思います。

一度確認してみましょう。

[aside type=”warning”]注意
しかし、赤ちゃんの費用は保険証の発行が間に合っていなかった場合は約5000円ほど検診費用がかかります。
[/aside]

私もそうでした。

ですが、保険証が発行されて病院へ持って行くと 全額返金 されました。

きっとそのような説明を受付の方からされると思いますので、聞き逃すことのないようにしておきましょう!

まとめ

産後1ヶ月検診では何をするのか 不安 になってSNSで情報を探っているママも多いのではないでしょうか?!

今回はそんなママたちに簡単に紹介させていただきました。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

1ヶ月検診が無事に終われば、赤ちゃんと外出することも可能になっていきます。

[/box]

外に出られるとママもリフレッシュできますよ♪

そんな日を楽しみに、まずは1ヶ月検診を忘れることなく行ってきてくださいね♪