マヌカハニーは喉の痛みや咳に効果ある?のど飴でもいいの?

美容・ファッション

喉が痛かったり咳が止まらなかったりするのは、とても嫌ですよね。

そんな喉の痛みや咳にマヌカハニーが効果的だと言われています。

普通のはちみつも喉の痛みや咳に効果があると言われていますが、マヌカハニーはそれ以上の効果があるんです。

それは、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという成分のおかげ。

このメチルグリオキサールには強い殺菌作用があります。

そのため、喉の痛みや咳を鎮めてくれるんです。

ここでは、喉が痛い時や咳が出る時のマヌカハニーの食べ方や飲み方をお伝えします。

また、手軽に食べられるマヌカハニーのど飴についても紹介しますので合わせてご覧ください。

マヌカハニー|喉が痛い、咳が出る時の食べ方・飲み方

マヌカハニーとは、ニュージーランドにあるマヌカの木に咲く花から採取されたはちみつです。

冒頭にも書いたように、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという成分には強い殺菌作用があります。

このメチルグリオキサールの働きによって、風邪菌を抑制したり喉を殺菌したりすることができます。

実際に、マヌカハニーで喉の痛みや咳が改善する人もたくさんいるようです。

https://twitter.com/kaori_diary/status/1203325085756448768

そんな話を聞いたら、マヌカハニー試してみたいと思う人も多いでしょう。

効果を最大限に生かすためにも、正しい食べ方をすることが大切です。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

マヌカハニーは1日大さじ1杯程度(15ml)を目安に食べましょう。

スプーンですくってそのまま口の中で溶かして食べます。

喉の痛みや咳が出る場合は、2、3回に分けて食べるといいですね。

また、温かい飲み物に混ぜるのもおすすめです。

[/box]

そうは言っても、喉の痛みや咳が続く場合はマヌカハニーだけに頼らず、お医者さんにかかるようにしてくださいね。

マヌカハニーの「のど飴」は効果あるの?のど飴を選ぶ時のポイントは?

最近はスーパーやネット通販などで、マヌカハニーのど飴も販売されるようになりました。

のど飴なら持ち運びもできて、手軽に食べることができるのが嬉しいですよね。

でも、「のど飴でも同じように効果があるの?」「のど飴だとイマイチ効き目がないんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。

同じマヌカハニーのど飴でも、効果が高いものもあればそうでないものもあります。

効果を実感したいのなら、抗菌活性値が表示してあるのど飴を選ぶのが一番です。

抗菌活性値は「UMF」や「MGO」などと表示してあります。

「UMF」は効果や濃度を表し、「MGO」はメチルグリオキサールの含有量を表します。

つまり、これらの数値が高いほど殺菌力が高いということです。

風邪菌にはUMF15+以上、MGO514+以上が効果的と言われています。

ですが、「UMF」「MGO」などの数値が高いと、値段も高額になりがちです。

喉の痛みや咳など症状が出ている場合は数値が高いもの、健康維持などで日常的に食べたい方はほどほどの数値で価格が安いものを選ぶといいかもしれませんね。

マヌカハニーは喉の痛みや咳に効果ある?のど飴でもいいの?のまとめ

マヌカハニーは喉の痛みや咳に効果があることを分かっていただけたでしょうか?

「UMF」「MGO」などの数値が高いマヌカハニーほど、喉の痛みや咳には効果的です。

また、マヌカハニーののど飴なら携帯もしやすいので、手軽に食べたい人にはおすすめです。

マヌカハニーは薬ではないので副作用がないのが嬉しいですね。

喉の痛みや咳が気になるときに試してみてはいかがでしょうか?

[kanren2 postid=”1432,3611″]