出産後の退院はタクシーを利用するときの注意点。抱っこひもやチャイルドシートは必要?

出産・子育て

待望の赤ちゃんがうまれてうれしい反面、退院する際にやむを得ずタクシーを利用することに不安を感じていませんか?

マイカーならチャイルドシートが義務づけられていますが、実はタクシーはチャイルドシートが義務付けられていません。

しかし、新生児であればまだ安定した抱っこもできませんし、いくらタクシーだとしても抱っこひもくらいはあったほうがいいのかな・・・など、不安はたくさんありますよね。

今回は、退院時にタクシーを利用するときの注意点をまとめてみました。実際に利用を考えているあなたも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

産後の退院の時に新生児とタクシーに乗るときの注意点

タクシーはチャイルドシートが義務付けられていないので、新生児でも親が抱っこしてそのまま乗ることができますが、実はこれ、とても危険な乗り方 なのです。

実際に、抱っこしている親の体に赤ちゃんが押しつぶされて死亡し、親だけが助かったという事故が多数報告されています。

そもそもチャイルドシートは、万が一事故が起きた際に、赤ちゃんに負担がかかりにくいようにするための装置です。今では新生児から使用できるタイプのチャイルドシートがたくさんあり、機能も豊富で長く使えるものがほとんどです。

まだ間に合うのであれば、「チャイルドシートを持ち込む」という方法がおすすめです。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

マイカーを持っていないからタクシーを利用したあとは邪魔になる、というのであれば購入するのではなく レンタル する方法もあります。

タクシー会社によっては キッズタクシー のような、最初からチャイルドシートをつけてくれているタクシーもありますので、お住まいの地域でそういったタクシーを手配することができないか調べてみるのもいいと思います。

[/box]

また、抱っこひもを使っての乗車はおすすめできません。

いくらお母さんがシートベルトをしているからといっても、急ブレーキや事故が起きた場合に、赤ちゃんが圧迫されたり、シートベルトが抱っこひもに絡まってしまったりして大変危険です。

どうしてもそのまま乗らなければいけない場合は、 事前にタクシー会社に事情を説明 しておくこともおすすめです。

赤ちゃんが乗るなんて知らなかった、という状況を避けられますし、いつもよりも安全運転で送り届けてくれるはずです。

出産後退院時のタクシー代は医療費控除の対象になる?出産時以外での利用はどうなの?

タクシーを利用すると、公共の交通機関を利用するよりも確実に高額になりますよね。ただでさえ出産や育児に費用がかさんでしまうので、できるだけ出費は押さえたいもの。

そんな時に便利なのが、確定申告の 医療費控除 です。

妊娠時のつわりや、出産時に緊急性があってタクシーを利用した、という場合でも控除できますが、実はやむを得ず産後にタクシーを利用しても医療控除の対象になるのです。

ただし、 確定申告の際には領収書が必要 になってきますので、なくさないようにしっかりと保管しておきましょう。

まとめ

今回は出産後の退院でタクシーを利用することについて、注意点をご紹介しました。

産後はまだまだお母さんの体も弱っている状態ですし、赤ちゃんも生まれて間もない状態です。

わざわざチャイルドシートを準備しなくても・・・と思うかもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんの命を守るためにも、できるだけ安全な対策をとってください。

また、医療費控除も受けられますので、制度を賢く利用して、あなたも赤ちゃんとの素敵な生活をはじめられるようにしてくださいね。