ささやかな就職祝い|女性へ贈る【予算1000円】で選ぶおすすめプレゼント

ライフスタイル
ライフスタイル

学生の時のバイトはとても貴重な経験ですね。

それまで受け身一方だった自分が、他の人のために行動することが出来るからです。

バイトをしているうちに同僚と仲良くなることもあると思いますが、その同僚の就職が決まったらお祝いをしたいですね。

贈った方に気を遣わせない女性へのプレゼントは、どんなものがいいでしょうか?

選ぶ時のポイントと一緒にご紹介しましょう。

贈った方に気を遣わせない女性へのプレゼント。選ぶ時のポイントは?

ギフトを贈るならば、相手に喜んでもらいたいものです。

では、どんなギフトだと貰って困るのでしょうか?

[box class=”blue_box” title=”もらって困るギフト”]

  • 好きではないデザイン
  • サイズが合わないもの
  • 肌に身に付けるもの
  • 夢がないもの
  • 分不相応に高価なもの

[/box]

ではないでしょうか。

順にみて行きましょう。

好きではないデザイン

シンプルなものが好きなのに、ゴージャスなイメージのあるデザインのものや、好きではないキャラクター物は、貰っても使えません。

とても好きなキャラクターがわからない場合はキャラクター物は避け、シンプルなデザインのものを選びましょう。

サイズが合わないもの

服などはサイズが合わないと、どうにもなりません。

サイズのあるものは、大きすぎても小さすぎても使えませんので、サイズがあるものは避けましょう。

肌に身に付けるもの

アクセサリーはギフトにもお勧めですが、アクセサリー以外で肌に直接身に付けるものは贈り物としてふさわしくありません。

肌に近いほど抵抗感を感じます。

下着はもってのほかですが、くつ下もあまりお勧めしません。

夢がないもの

良いギフトは使えるもの、つまり実用性のあるものですが、かと言って夢が全くないものも贈り物にふさわしくありません。

洗濯洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品はわざわざプレゼントする必要もありませんね。

実用性にばかり目が行って夢がないものは避けましょう。

分不相応に高価なもの

親戚や恩師など目上の方からのお祝いであれば、5,000円以上ということもありますが、年齢、親しさの度合いで不相応に高価なものを貰ってしまうと気を遣ってしまいます。

バイト先の同僚への就職祝いならば、1,000円程度が適切でしょう。

私の体験談

私の経験談をお話しましょう。

私は勤務先が移転になったので、ひとり暮らしを始めることにしました。

すると”母の友人が食器戸棚を贈りたい”と連絡がありました。

その方とは母の友人としての関係しかなく、引っ越しはひとり暮らしであって、結婚するためではないので高価すぎると感じ、丁重に断りました。

すると、その方は気軽に使えるマグカップのセットを贈ってくださいました。

こちらは5,000円前後だったのでありがたく頂きました。

目上の方だったので、特にお返しはせずに、後で海外旅行へ行った時にお土産にお菓子を購入してお渡ししました。

結果としては丸く収まったのですが、どのようにお断りしようかと、とても悩みました。

実際に食器戸棚を頂いてしまったら・・・とても気を遣います。

予算1,000円!女性に贈る就職祝いを選ぶなら?

上記を踏まえて、どのようなものを贈ったらいいか具体的にご紹介しましょう。

今回は、女性に贈る就職祝いを予算1,000円で選んでみました。

ハンカチ

何枚あっても困らないのが、ハンカチです。
なるべくシンプルな柄のものを数枚組み合わせて箱に入れてもらいましょう。

ハンドクリーム

化粧品は好みがありますし、予算を超えてしまいますが、ハンドクリームなら予算内です。

日常使いより少しオシャレなものだと嬉しいですね♪

バスソルト

いつものバスタイムをゴージャスに演出するのがバスソルトです。

スーパーで入手できるものではなくて、ちょっぴりリッチなものを選んで組み合わせてください。

まとめ

せっかくバイト先で親しくなったのであれば、同僚が就職してもたまには
会えるような関係でいたいですね。

同僚の就職を一緒にお祝いする気持ちを込めた、さりげないギフトが
贈れたらいいですね。