コーヒー豆の賞味期限はどれくらい?真空パックなら1年持つ?冷凍保存なら大丈夫?

食べ物

コーヒーが好きな方は多く、家庭でもインスタントではなくレギュラーコーヒーを楽しむ方が増えましたね。

私もそのひとりです。

では、おいしいコーヒーを飲むための保存は、どのようにしたらよいのでしょうか?

コーヒー豆の賞味期限は?1年は大丈夫?美味しく飲めるのはいつまで?

結論から言ってしまいますと、実はコーヒー豆は保存に向いていません。

なぜなら、コーヒー豆の味を損なう天敵は「湿度」「空気」「温度」「光」であり、どこにでもあるものが天敵になってしまうからです。

コーヒーを淹れたあとの豆は脱臭剤に使えるって聞いたことありませんか?

つまり、コーヒー豆の構造は小さな穴がたくさんあいていて、イヤなにおいなどを吸う性質なので、脱臭剤に使えるのです。

ということは、保存して置いても、「湿度」「空気」を吸い込んでしまう性質を持っているということです。

さらに、光や空気によっても劣化します。

なので、第一に鮮度の良いコーヒー豆を購入することを考えます。

その次に保存方法を考えます。

おいしいコーヒーのお店に行くと、コーヒー豆は冷蔵庫や冷凍庫に入っていませんよね。

だいたい、ガラスのキャニスターに入っていてカウンターに並んでいることが多いですね。

おいしいコーヒーのお店では、数日で飲みきれる量をキャニスターに入れて常温で保存しているのです。

家庭でも同じことが言えます。

2~3週間で飲みきれる量のコーヒー豆を密閉できる容器、例えばガラス製のキャニスターやアルミ製の缶などに入れて、光のあたらない棚の中に入れます。

家族構成や1日に飲む量は家庭によって異なりますので、2~3週間程度で飲みきれる量が異なると思われます。

なるべく小さなパックを購入して、回転を良くした方がおいしく飲めます。

真空パックのコーヒーの賞味期限は、半年くらいありますが、これは”飲んでも体調を崩すことはない”目安だと思っていいでしょう。

コーヒー豆の賞味期限、冷凍しておけば大丈夫?

コーヒー豆の保存は冷蔵庫や冷凍庫を利用することがいいのかどうかは専門家でも意見が分かれます。

その理由として

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • 冷蔵庫や冷凍庫から出した時に結露が生じてしまい、湿気を帯びてしまう。
  • 家庭の冷蔵庫や冷凍庫では他の食材の匂いを吸ってしまう。
  • コーヒーのもつ風味が損なわれる。

[/box]

つまりは、

「あまり大っぴらに勧められる方法ではないが、1か月以上保存するならば、冷凍庫を利用する方法もあるよ。」です。

常温で保存していて湿度・空気・温度・光にさらされたコーヒー豆と、冷蔵庫や冷凍庫で保存し、温度と光による影響は少なくなったものの湿度と空気の影響は受けてしまい風味が損なわれたコーヒー豆のどちらがおいしいかは、個人差もあるでしょう。

ですが、堂々と「冷蔵庫or冷凍庫で保存してくださいね。」というコーヒー店は信用しないほうがいいです。

実際に私は冷凍庫に保存したことがありますが、風味が損なわれてしまったので他の方にはお勧めしません。粉の状態だったからかもしれませんが。

どうしても新鮮なコーヒー豆を頻繁に購入できないのであれば、粉にしないで豆の状態で購入し、5日程度で飲みきれる量に小分けして、ジップロックなど袋を二重にして空気を抜いて冷凍庫に保存します。

冷凍庫から出したら、戻さずに常温で保存し、コーヒーを淹れるたびに粉にするのが、betterだと考えます。

なぜなら、粉の方が豆よりも表面積が大きくなるので、湿気や空気に触れる面積が大きくなるからです。

まとめ

近くにおいしいコーヒーのお店がなく、通販でまとめ買いするしかない方も
いるかもしれませんが、コーヒーは保存に向いたものではないので、2~3週間で飲みきれる量を購入し、回転良くした方がおいしく飲めます。

どうしてもまとめ買いをするしかない、長期の出張や旅行で留守にする場合は
豆のまま、小分けにして冷凍庫に保存する方法もあります。

コーヒーの持つ風味が損なわれてしまうので、やむを得ない場合のみ冷凍庫に保存することとして、どんなに長くても3か月程度で飲みきるようにしましょう。