もう悩まない!カビの死滅温度と効果的なカビ退治方法と予防方法を知っておこう!

豆知識
豆知識

いつの間にか黒いポツポツが・・・。

そんなお風呂のカビに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

一旦できたカビを死滅させるためには、カビ取り剤などの薬剤を使わないといけません。

ですが、もっと簡単な方法があると聞きつけました!

それは、「カビに50度の熱湯をかける」というもの。

そんなことでカビを死滅させることができるの?と疑問に思いますよね。

そこで、50度の熱湯がカビに効く理由とお風呂のカビ対策について調べてみました。

カビには“50度”を使い倒せ!カビと温度の関係

カビが発生すると見た目が悪いだけでなく、アレルギーの原因にもなると言われています。

そんな話を聞いたら、健康のためにもそのままにしておくわけにはいきませんよね。

カビが繁殖しやすい環境は、温度20~30℃、湿度60%以上の状態です。

確かにカビって、キッチンやお風呂などの水回りや結露の多い窓際で発生することが多いですもんね。

では、カビの弱点って何か分かりますか?

ほとんどのカビは高温と乾燥に弱く、熱するとタンパク質が変性して死んでしまいます。

50度の熱湯をかけるのは、カビが熱に弱いことが理由だったんですね。

これを上手に利用すれば、カビの除去や予防もできます。

では、早速50度の熱湯を使ったカビの除去や予防方法をみていきましょう。

お風呂のカビを除去、予防する方法

カビは湿気の多いところを好むので、特にお風呂場は発生しやすい場所です。

また、カビはお風呂場にたまりがちな皮脂や水垢を栄養とするので、より繁殖しやすくなります。

なので、こまめにお風呂掃除してもすぐにカビが発生してしまうんですね。

そこで、50度の熱湯を使っていきましょう。

やり方は簡単、カビが発生している箇所にシャワーで50度の熱湯を90秒間かけてあげるだけです。

そうすることで、カビの内部まで熱が伝わり死滅させることができます。

ですが、熱湯をかけるとカビを死滅させることができますが、黒い色素まで除去するのは無理です。

色素が残った個所はカビ取り剤で漂白したり、白い目地材を塗ったりしてきれいにしましょう。

また、50度の熱湯はできてしまったカビだけでなく、カビ予防 としても活用できます。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

お風呂上りにシャワーで50度の熱湯を5秒間かけるだけです!

しかも毎日ではなく、1週間に1度でいいんです。

[/box]

カビが大きくなるには1週間から10日程度かかると言われています。

カビが大きくなる前に、熱湯をかけるとカビの元を死滅させることができます。

また、カビの栄養源になる皮脂や石鹸カスも洗い流せるので一石二鳥ですね。

[aside]補足
お湯をかけた後は、換気扇を回したり窓を開けたりしてしっかり乾燥すれば、よりカビが発生しにくくなりますよ。
[/aside]

最近では、カビを予防するくん煙剤なども販売されていますが、あれって意外と臭いが残るんです。

その点、熱湯だけなら臭いもありませんし、買いにいく手間もかからないので便利ですね。

ですが、くれぐれも天井に熱湯はかけないようにしましょう。

やけどの原因になりますので・・・。

天井は消毒用のエタノールをつけたフロアワイパーで、1か月に1度程度拭いてあげるといいですよ。

カビの死滅温度50の効果的なカビ退治方法と予防のまとめ

50度の熱湯がカビに効果があるなんて驚きでしたね。

また、カビ除去だけでなく予防もできるとは、忙しい主婦にとって嬉しいことではないでしょうか?

一旦できてしまったカビを除去するのは、なかなか大変な作業です。

熱湯をかけるだけで簡単なので、私もぜひ試してみたいと思います。

404 NOT FOUND | happy-kirei
素敵な毎日を!
ショック!ビニールプールに黒カビが?!今からでも間に合うカビ対策と保管方法について
皆さんの家には ビニールプール はありますか?我が家も下の子も楽しめそうな月齢になってきたので「今年こそ買おう」と話しています。そして先日、お店にも下見に行ったのですが、値段は大きさに比例していきますが、今は滑り台付きなんかもあるんです...