乾燥肌に悩む幼児の冬のスキンケア!乾燥に負けないおすすめスキンケアって?!

乾燥肌対策
乾燥肌対策

暑かった夏も終わり、少しずつ季節が移りかわっていますよね。秋冬は乾燥肌にとって、つらい季節です。

それが幼児ともなれば大人よりきっとつらい季節ではないでしょうか。

乾燥肌に悩む幼児の冬のスキンケアってどうしたらいいのでしょう?いつもの保湿剤だけのケアでも大丈夫?それともこの季節ならではのケアがあるの?

そんな悩みを持つあなたに、これからの季節のスキンケアをご紹介します。

もちろん、これはほんの一例です。お子さんのスキンケアの参考にしていただけたらと思っています。

幼児だけじゃない?!冬の乾燥肌に必要なもの2大アイテム

大人もこの季節は乾燥肌に悩む人が多いですよね。

それは空気が乾燥しているため、皮膚表面の皮脂や水分が不足してしまうせいなんです。

幼児の皮膚は大人の半分以下の厚みしかないので、大人より敏感に乾燥の影響を受けてしまいます。

空気が乾燥している季節には、皮脂量がほとんどなくなってしまう幼児もいるのです。

もし、あなたのお子さんの肌が粉を吹いているくらい乾燥しているとしたら、この2大アイテムを使ってみませんか?

アイテム1:加湿器

乾燥肌のお子さんやご家族がいるお宅では、結構準備をしているかもしれませんが、冬の必須アイテムとして効果を発揮してくれるのは、やはり加湿器です。

室内の湿度を50%以上に保つことで、皮膚が乾燥するのを抑えてくれる優れものです。

もし、加湿器がないとしたら、塗れたタオルを部屋に干したり(我が家は加湿器がない部屋には乾きにくい厚手のバスタオルを濡らして干しています)、夕飯を鍋にして食卓で蒸気を出したりしても加湿効果が得られますよ。

タオルを使うなら、そばに霧吹きを置いておくとタオルが乾いた時にすぐまた濡らせます。

アイテム2:保湿クリーム

「保湿なんて1年中塗ってるわ!」と思ったあなた。お子さんが乾燥肌の場合には季節を問わず必要なアイテムですよね。この保湿クリームは、基本的に全身に塗りますよね?

冬は、この全身に塗ったあと、乾燥しがちな箇所(関節の内側やワキ、顔など)にさらに重ね塗りすることをオススメしたいんです(頭の場合にはクリームでは難しいのでベビーローションやベビーオイルが便利です)。

乾燥してると気付いた時に保湿クリームを塗るのは乾燥が気になった部分だけでいいのですが、1日のうちで2回は全身塗りプラス重ね塗りをぜひやっていただきたいと思います。

朝、起きた時に1回とお風呂上がりに1回。この2回だけは念入りに塗ることで肌の調子はだいぶ落ち着くと思います。

乾燥肌が気になる時は毎日身体を洗わなくていい?

肌を清潔に保つために身体は毎日洗うのが基本。「乾燥肌ならなおさら清潔にしていないと!!」って思っていませんか?

もちろん、清潔な肌に保湿剤を塗るのは乾燥した肌のためにはとてもいいことなんです。でも、石鹸やボディソープで毎日しっかり洗うと、残しておきたい皮脂まで洗い流してしまう可能性があるんです。

特に冬場は、空気が乾燥しがちなので皮膚を刺激から守ってくれる皮脂が流れてしまうと、乾燥肌はさらに悪化することも。そこで、冬場オススメの洗い方は“汚れや汗がひどいところだけ石鹸やボディソープを使って、他はシャワーで流すだけ”という方法です。

洗う箇所の目安としては、「頭・ワキ・陰部・足の裏」など。そして洗う際には、石鹸でもボディソープでもよく泡立てて、その泡を洗う箇所に乗せて優しく広げる程度の力で。すすぐ時には泡をつけていない箇所も一緒にシャワーで流せば、皮脂も残ってくれるのです。

夏場と違って冬場はあまり汗もかかないことが多いので、この方法での洗い方でも十分汚れが落とせます。もちろん「今日は泥んこになっちゃったわ」なんて日にはしっかりと全身を洗ってあげてくださいね。

スキンケアはスキンシップのチャンス!!

そして、お風呂から上がると保湿の時間になりますよね。

「保湿はお風呂から上がって5分が勝負!!」なんて言葉を聞いたことがありませんか?確かに、保湿は少し肌が濡れているうちにすると、浸透力が高まって保湿効果が上がると言われています。

ただし、冬場は少し事情が違います。

イメージ的には冬場の方がこの“5分が勝負!!”を意識しがちになりますが、お風呂上がりは赤ちゃんも幼児も、熱を放出するために汗をかきます。その汗の量は大人より多い場合もあるんです。

お風呂上がりの水分が残った状態での保湿は効果がありますが、実はその水分が汗だった場合、汗には塩分や老廃物が含まれているので保湿剤と混ぜて塗ってしまうと、肌が炎症を起こす可能性もあるのです。

そこで、汗が十分ひいた頃(あなたがしっかり自分の身体を拭いて、着替えられるくらいの時間はあります)に保湿クリームでケアしても大丈夫なんです。このくらいの時間では保湿効果が下がることはほとんどないので、あなたはしっかりと着替えてからゆっくりと塗ってあげてほしいです。

お子さんへのスキンケアは、スキンシップのチャンスでもあります。ゆっくりと時間をかけて、おしゃべりでもしながら塗ってあげることでお子さんも保湿することをあまり嫌がらなくなるでしょう。

一年中スキンケアは必要なのが幼児の乾燥肌!冬には冬のスキンケアで乗り切りましょう

乾燥肌のスキンケアは、一年中です。季節ごとに保湿剤の種類を変えたり、塗り方を変えたりすることも多いのでケアする側はとても大変ですよね。でも、お子さんのためだとあなたはきっと頑張ってしまうでしょう。

頑張ることは悪いことではありません。でも頑張り過ぎることは、あなたにとって苦痛となってしまう可能性があります。なので、季節ごとのスキンケアの変化で、もっとスキンケアを気軽な気持ちで続けられたらあなたの負担もかなり軽くなると思います。

冬には冬のスキンケアでお子さんとのコミュニケーションを楽しみながら保湿ケアをしてみませんか?

乾燥肌は、成長とともに緩和することが多いと言われています。今、大変でもきっと出口は見えてきます。お子さんの肌に触れられるこの時期を楽しんでくださいね。