30代女性の白髪対策|シャンプー・サプリ・食べ物・ヘアカラー

美容・ファッション

ブラシで髪をとかしたときに、黒い髪の隙間からキラっと白髪が現れて落ち込んだことはありませんか?

一般的に、白髪が気になり始める女性の平均年齢は35歳前後と言われています。そのため、早い方であれば20代後半から、徐々に白髪が目立ち始めるため、多くの30代が白髪に悩まれています。

今回は、年齢ともに白髪が気になりだした方向けに、シャンプーや食事、カラーリングといった、30代から始める白髪対策をご紹介していきたいと思います。

30代で白髪が生えてきてしまう原因とは?

そもそも、何故30代を期に白髪が増え始めてしまうのかご存知ですか?

髪の毛に色をつける「メラノサイト」の消失・衰えが原因

30代の白髪の主な原因は「加齢」です。これは髪の毛を黒くするメラノサイトの衰えがあげられます。

メラノサイトとは、作られたばかりの髪の毛にメラニン色素で色をつける色素細胞。実は作られたばかりの髪の毛は無色で、メラノサイトのおかげで色がついた髪の毛として頭皮から生えてくるのです。

しかし、加齢によってメラノサイトの機能は衰え、最悪の場合は消失してしまいます。
そうなると、色がつかないまま髪の毛が生えてきて、それが白髪となってしまうのです。

メラノサイトは何故衰えるの?

メラノサイトは「チロシナーゼ」という酵素が減少することで衰えることが分かっています。

チロシナーゼというのは、メラノサイトがより活発に働くために必要な酵素です。

このチロシナーゼが減少すると、メラノサイトの機能が低下し、黒い髪の元であるメラニン色素が作られなくなってしまいます。

そうなると、色が着かないまま髪の毛は頭皮から生えて白髪となってしまいます。

加齢以外にも白髪の原因は様々

加齢以外にも日々の生活による、環境や受ける刺激などでも白髪は生えてきます。

ホルモンバランス

女性であれば、妊娠や生理周期の乱れなどでホルモンバランスが崩れることで、一時的な白髪の増加が見受けられます。

活性酸素

ストレスや紫外線を受けることで、体内に活性酸素が増加し、健康な細胞まで傷つけてしまうことで、頭皮の毛母細胞や色素細胞であるメラノサイトまでダメージを受けるため、白髪だけでなく抜け毛まで悪化してしまいます。

栄養不足

身体の末端に位置する髪の毛は、栄養が運ばれる優先順位が低いため、栄養が届きにくい器官でもあります。そのため、栄養の偏りや不足で、髪の毛の細胞は衰えてしまいます。
黒い髪を作る、色素細胞であるメラノサイトも例外ではありません。

遺伝

まだまだ解明されていない白髪の原因ですが、遺伝的な要素が大きいという説があります。
代々家族が若白髪の家系の方は、遺伝性が大きいと思われます。

白髪対策を食事やサプリで考える

30代からの白髪の予防や改善には、食事やサプリで得られる栄養は白髪の予防・対策に最も重要といえます。

白髪対策に必要な栄養素と、食材・サプリ

まずは、白髪対策に必要な栄養素と、それが含まれる食材・サプリをご紹介したいと思います。

チロシン

チロシンは黒い髪の毛の元となるアミノ酸です。

前述でも説明した通り、体内のチロシナーゼという酵素が、髪の毛を黒くするメラノサイトの活動を活発にしています。
そのチロシナーゼは、チロシンというアミノ酸を原料として生成されているため、チロシンを積極的に摂ることで、黒い髪の毛を作りやすくできるといわれています。

チロシンは、チーズや大豆製品、鶏肉といった食材に多く含まれており、髪の元でもあるタンパク質と一緒に摂取できるため大変おすすめです。

ヨード

海藻類に多く含まれており、血行を促進させ細胞の成長を助けてくれる栄養素です。

そのため、黒い髪の元である色素細胞のメラノサイトの働きを高め、髪の毛を黒くする手助けをしてくれます。

亜鉛

亜鉛は活性酸素を除去する働きを持つため、細胞を傷つけて白髪を増やす可能性のある活性酸素を体内から排出してくれます。

活性酸素はストレスや紫外線によって生成されるため、外にいることが多い方やストレスに悩まされている方にはおすすめの栄養素です。

黒い髪の元であるメラニン色素を生み出すのに必要なチロシナーゼは銅と合わさることで、その働きをより高めることができます。

銅をしっかり摂取することで、メラニン色素の生成をサポートすることができます。

魚介類に含まれることが多い栄養素です。

ビタミンB群

ビタミンB群タンパク質の分解、アミノ酸の合成を補助する働きがあります。

チロシンもアミノ酸のためビタミンの補助が必須!

ビタミンB群の力によって吸収率があがり、黒い髪の毛を作るサポートになります。

以上の5つの栄養素は、比較的食事からとることが容易で、今日のご飯から摂れるかと思います。

食事でとるのはちょっと難しい・・・という方にはサプリもありますので、ドラッグストアやコンビニなどでも手に入れられるので検討してみてはいかがでしょうか。

白髪対策をシャンプーで考える

白髪対策のシャンプー選びには「ヘマチン」という成分が配合されているかを必ずチェックしてみましょう!

ヘマチンの効果とは

聞き覚えのないへんてこな名前の「ヘマチン」は、白髪対策には必須!!
白髪に悩む私たちの救世主になりうる成分です。

チロシナーゼの働きを活発にして、黒い髪を作りやすくする

このヘマチンは、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを促してくれます。

加齢やストレスなどで減ってしまったチロシナーゼをサポートしてくれるため、白髪対策には必須の成分といえます。

白髪の原因「活性酸素」を除去してくれる

ヘマチンには白髪の原因でもある活性酸素を除去する力があります。

ヘマチンは元々、ヘモグロビンという血液中に存在する成分を分離させて作ったもの。

血は酸素を身体の隅々まで運ぶ性質があり、その力を持ったヘマチンは活性酸素を運ぶことが得意な成分なのです。

ストレスや紫外線で発生した活性酸素をキレイにしてくれる効果が期待できます。

ダメージ補修もしてくれる

白髪が気になりカラーをするも、髪が痛んでしまってそれも悩みになっている方も多いかと思います。

ところが、ヘマチンは髪の主成分であるケラチンと硬く結びつき、ダメージを負った髪を補修してくれます。

ヘマチンとケラチンは分子レベルで結びつくため、シャンプーでガシガシ洗ってもヘマチンは洗い流されることなく、髪の毛に残留してくれます。

その結果、日々のシャンプーによって、髪のダメージが徐々に解消されていくというわけです。

30代の白髪染めはどうする?

「30代なのに白髪染めはちょっと・・・」と、抵抗を感じる女性は多いはず。
でも気になり始めた白髪を抜いたり、切るのもキリがないですし、隠しきれず出先で発見してしまうこともしばしば・・・。

そんな方におススメなのは、思い切ってオシャレなカラーで染めてしまうという方法!

「白髪染めじゃないのに染まるのか不安・・・」という方に、逆にオシャレなカラーで染めることが30代の方にはおすすめな理由をご紹介いたします。

明るいカラー・淡いカラーで白髪を目立たなくさせる

白髪染めは、白髪が染まりやすいブラウンや黒色といった暗い色が多く、30代なのにオシャレな髪色に出来ないのは抵抗がありますよね。

ところが、30代の白髪は年配の方と比べて比較的少ないため、逆に明るい色や淡い色で白髪を目立たなくさせることができます。

日本人は地毛の色が暗いため、元の髪色と白髪の色の明暗がハッキリしてしまうので、白髪がまだ少ない方でも目立つようになります。

そこで、あえて明るい色や淡い色など、白髪との色の明暗の差をなくすことで、少ない白髪を自然に目立たなくさせることができます。

白髪をハイライトで隠す

ハイライトとは、ひと昔で言えばメッシュのようなもの。
明るい色を縦に入れていき、髪全体を立体的に見せてくれる効果があります。

それがちらほらと目立つ白髪を目立たなくさせ、オシャレなのに白髪を自然に隠してくれるおすすめの方法です。

以上の2点は、目の錯覚をうまく利用してオシャレに白髪を隠す方法です。

30代の白髪は予防をしっかり行い、オシャレに隠す!

30代の場合、白髪は加齢もありますが、ストレスや環境のように、原因を取り除けば黒い髪の毛が再び生えてくる可能性がとても高い世代。

まずは、食事やサプリなど黒い髪に必要な栄養をしっかりとって予防し、白髪の原因を取り除くことで長い間黒い髪をキープすることに努めてみましょう。

そして、すでに出てしまった白髪は絶対に抜かず、美容院にいきオシャレなカラーで目立たなくさせ、白髪のストレスをフリーにしてみませんか?