白髪染めをやめる方法を考えてみよう

美容・ファッション

白髪が気になり始めて、まず最初に思いつくのは「白髪染めをしよう」という人は多いですよね。

でももし、あなたが「白髪染めをやめる方法ってないかしら?」と思っていたとしたら、それはそろそろ白髪染めをやめるタイミングなのかもしれません。

白髪染めって一度染めると、定期的に染めなくちゃ目立ってくるし、なんだか疲れてるみたいに見えてしまうし…なんて鏡を見るたびにため息をついてしまうことってありませんか?

年齢的にも40代後半から50代にかけて、白髪染めをやめたいと思い始める人は多いようです。では、どんなタイミングで、どのようにしてやめていけばいいのでしょうか?

今回は、自然に白髪染めをやめる方法を考えてみようと思います。私自身がまさにこの年代で、「いったい、いつやめればいいの?」と思っていたんです。なので、今回は白髪染めをやめるタイミングについて、ひとつの目安にしていただきたい情報をお届けします。

白髪染めをやめる方法。カラー剤やブリーチ

まず白髪染めをやめるタイミングについてですが、白髪って個人差があり「この年齢になったら!」という目安はありません。目安になるのは、ズバリ“白髪の量”なんです。

黒髪と白髪の割合を見て、明らかに白髪の割合が高いと感じる目安としては、髪全体の8~9割が白髪になっている時が白髪染めをやめるベストタイミングなんです。あなたが普段からマメに白髪染めをしていた場合、髪全体は一見すると、黒髪が多いように見えると思います。

ただ、白髪は生えてくる時にはすでに白髪なので、髪の伸び始めの頃に生え際が白髪という場合には、その髪はもう黒髪になることはありませんよね。自分の生え際を見てみてまだ白髪の方が少ない場合には、白髪染めをやめるタイミングではないかもしれません。

もちろん、白髪の方が少ない場合でもやめるのは問題ありませんよ。髪のダメージなどが気になる場合には、白髪の割合に関わらず、やめてみるのもダメージケアのひとつの方法です。

でも今回は、白髪の割合が8~9割になった場合についてご紹介しますので、あなたがそれ以下の割合だった場合には参考程度にお読みいただけると嬉しいです。

白髪染めをやめるならブリーチをする前に準備あり!

白髪染めをやめることに決めたとしても、いきなり「じゃあもう何もせず、髪が伸びたらカットしていけばいいのよね」ではありません。それでは、単に「あの人、染めに行く時間もないのかしら?」とか「なんだか疲れ切った感じに見えるわねぇ」となってしまいますから。

白髪染めをやめるにしても、方法があるんです。その方法のひとつが、カラー剤やブリーチです。

まずカラー剤についてですが、白髪染め剤の色素はオシャレ染め剤の色素よりも強く、一度染めた髪はなかなか色落ちしないと思いませんか?

なので、白髪染めをやめる準備としては「白髪染め剤を髪からなくすこと」があります。こういうと「じゃあブリーチして全体の色を抜いてしまえばいいのでは?」と思ってしまいますよね。

実は、ブリーチで色を抜く方法もいいのですが、オシャレ染め剤の場合にはこれでキレイに色を抜くことができることが多いです。

でも白髪染め剤は、先ほどもいいましたが色素が強いため、色がキレイに抜けるところと抜けないところがあるんです。つまり仕上がりが予測不能ということです。ブリーチしたはいいけれど、抜け切れていないところがまばらにある場合、それこそ疲れ切った人に見えてしまいます。

ブリーチを考えるなら、まず最初にある程度白髪染め剤を落とすことから始めましょう。そこで登場するのが、カラー剤です。

生え際を中心に、白髪染めではないカラー剤を使って染めるんです。それを繰り返していくうちに白髪染めで染められた髪はどんどん伸びて毛先に向かいますよね。それをマメにカットして、全体的に白髪染め剤がなくなった頃なら、ブリーチしてもまばらにはなりにくいそうです。

白髪染めをやめる準備はカラー剤を変えることから

ブリーチする準備として、白髪染め剤をなくすことといいましたが、それって結構時間がかかりますよね。何度も生え際だけ染め続けなくてはいけないため、時間だけでなくお金もかかりますし、カラー剤によっては髪のダメージや頭皮ダメージにも繋がることもあります。

なので、ブリーチを考えずカラー剤を変えるという方法もあります。オススメなのは、ヘアカラートリートメントです。即効性はありませんが、使い続けるだけで髪が自然に染まっていきます。

しかも、トリートメントなので頭皮にも髪にも優しい。

生え際が気になる時には、週に3~4回使用しても大丈夫なので、オシャレ染め剤よりダメージは圧倒的に低くなります。

常にカラートリートメントを使用しているだけで、生え際の白髪も気になりにくくなります。

おすすめのカラートリートメントは下記の商品

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラー・無添加化粧品 自然派clubサスティ[白髪用] 利尻ヘアカラートリートメント: 白髪ケア 利尻ヘアカラーシリーズ
利尻ヘアカラートリートメント。「利尻ヘアカラートリートメント」「リシリッチ」など無添加白髪ケア・無添加スキンケア化粧品の自然派clubサスティ公式通販サイトです。自然派clubサスティでは自然素材の持つ力を生かした商品づくりをコンセプトにしており、成分にもひとつひとつこだわって、自ら足を運び、自分の目で直接確かめて納...

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメント | LPLP(ルプルプ)
ヘアカラートリートメント。LPLP(ルプルプ)&#12...

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

オールインワン カラートリートメント(白髪用)
長く使うものだから、髪と頭皮へのやさしさにこだわりたい

毎日使ってもヘアダメージがないのがトリートメントの嬉しいところですよね。

カラートリートメントは、分類でいうとヘアマニキュアと同じなので、使用をやめれば色は元の色に落ちてしまいます。ここが白髪染め剤と違うところです。

白髪染めをやめる方法。帽子やヘアスタイル

ここまでは、白髪染め剤以外で染める方法をご紹介しましたが、そもそもどんなカラー剤でも染めるのそのものをやめたいという場合には、帽子やヘアスタイルで白髪が髪全体になるまで待つという方法もあります。

帽子などは、生え際を隠してくれるので、手軽に白髪が伸びきるまで隠しておけますよね。ヘアスタイルも生え際が目立たないように、ロングの場合には頭頂部の生え際から編み込みなどをすると白髪は目立たなくなります。ショートの場合は、ブローなどでふんわり髪を立ち上げるだけで生え際は目立ちにくくなります。

ただし、帽子の場合はTPOに合わせて、被れない場合もありますからまったく染めずに伸びるのを待つ場合にはヘアスタイルで目立たなくさせる方法の方がいいかもしれません。

あなたの本来の髪の色を楽しめば気持ちがラクになれる

白髪染めをやめようかと考え始めたあなたに合った方法で、あなたの本来の髪の色を楽しめるようになると、気持ちがラクになれます。

今までは、鏡を見たりふとした瞬間に白髪が気になっていたのではありませんか?本来の髪の色を楽しめるようになると、今まで白髪染めにかけていたお金も、他のことに使うことも貯めることもできます。少しシャンプーやトリートメントにお金をかけて髪や頭皮にいいものを使うのもいいと思います。

ヘアダメージ(カラーリング含む)がある場合には、アミノ酸や保湿成分入りのシャンプーやコンディショナー、トリートメントがオススメなので、もしあなたが今使っているシャンプー類にそういう成分が入っていなかったり、少量だったりするならちょっぴり高くても髪にいい成分入りのものを使ってみましょう。

髪も頭皮も手入れをしてあげれば、それにしっかり答えてくれますから、あなたの本来の髪の色であってももう誰にも「疲れきっている」なんていわせませんよ。

身だしなみは、白髪を黒く染めるだけではありません。ヘアケアがしっかりしていれば髪の色なんて関係なく、キレイなあなたでいられると思います。あなたの気持ちがラクになり、あなたが活き活き暮らせることを願っています。

黒豆茶の効能|白髪やむくみ・便秘に良いってホント?妊婦さんは飲んでもいいの?

白髪染めってシャンプーで色落ちしちゃうのは仕方がない?色落ちしにくいシャンプーってある?

30代女性の白髪対策|シャンプー・サプリ・食べ物・ヘアカラー

ルイボスティーの効能|白髪が減るってホント?何ヶ月飲めば効果が出る?

白髪染めっていつから?大人の女性の新常識!

白髪染めの頻度、30代のベストなタイミングは?

白髪染めをやめる方法アイデア|白髪染めをやめたらおしゃれに変身できるかも?!

白髪染めの頻度は?美容院で染めるベストなペースは?

白髪染めの頻度、50代ではどれくらい必要?

若白髪だって抜くとはげる!?若いからって油断しちゃダメ!

白髪染めをやめる方法を考えてみよう

ヘアカラーのリタッチとは?何センチまで?リタッチカラーで、賢くおしゃれ髪を取り戻そう!

ヘアカラーのリタッチとは?何センチまで?リタッチカラーで、賢くおしゃれ髪を取り戻そう!

リタッチカラーは違う美容室でお願いしても大丈夫?きれいに染まる?失礼じゃない?