幼稚園の靴の名前を書く場所・つける場所|書きたくない時や書き方のアドバイス

出産・子育て

幼稚園に入園すると すべての持ち物に名前を書く ように言われます。

靴もその一つで、子供や先生が分かりやすいように名前を書かなければいけません。

「どこに名前を書こうかな?」「自分の靴だと分かるかな?」と名前一つ記入するにも迷ってしまいますよね。

[aside type=”warning”]
今まではかかと部分に名前を書くことが一般的でした。

ですが、最近では防犯上の理由から靴の中敷きやベロ部分に名前を書く人も多いです。
[/aside]

ここでは、 幼稚園の靴の名前を書く場所やつける場所 についてご紹介していきます。

また、油性マジックで靴に直接名前を書くのはイヤだと思う人もいるでしょう。

靴に直接名前を書きたくない場合の書き方についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

幼稚園の靴の名前はかかとが一般的?おすすめの場所や上手に書くアイデア

幼稚園にはたくさんの子供達が通います。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

そのため、子供や先生が一目で分かるように靴に限らず持ち物全部に名前を書く必要がでてきます。

[/box]

人気のスニーカーだとクラスに同じものを履いている子がいることもあり、名前を書いていないと履き間違えてしまうことも!

私の周りでも「お友達の靴を間違えて履いて帰ってしまった」という話をよく聞きます。

では、みんなは靴のどこに名前を書いているのでしょうか?

やはり幼稚園の靴の かかと部分に名前を書く人が多い ようです。

我が子も幼稚園の靴はかかとに名前を書いていますが、やはり下駄箱から取り出す時に分かりやすいようですよ。

ですが、お休みの日も幼稚園用の靴を履きたい場合、少し恥ずかしいだけではなく名前が見えるのは防犯上あまりよくはありませんよね。

そのため、靴の中敷き部分に名前を書く人もいます。


\ノンアイロン・耐水ラミネート絵合わせシール/

靴の中敷き部分なら履いてしまえば名前は見えませんし、子供が靴を履くときに名前がよく見えるので履き間違えも少なくなります。

また、スニーカーだとベロの部分に名前を書く人もいるようです。

マジックテープタイプの靴なら、ベロ部分に名前を書いてもマジックテープを止めてしまえば外から見えることがありません。

でも、油性ペンで靴に名前を書くのって意外と難しいんですよね。

しかも、擦れて名前が消えてしまったり、素材によっては書きづらいことがあったりします。

それなら名前シールを使ってみるのも一つの手です。

最近ではノンアイロンタイプのお名前シールもあるようです。


\タグ用 名前シール アイロン不要 防水/

素材によっては剥がれやすいこともあるみたいですが、ペタッと貼るだけでいいのでとても簡単ですね。

幼稚園の靴に名前を書きたくないときにはこんな方法も!

幼稚園から名前を書くように言われても、 靴に直接名前を書きたくない ママもいると思います。

子供の足は成長が早いため、すぐに靴のサイズが合わなくなることもありますよね。

綺麗な状態なら捨てるのはもったいないですし、名前を書いていなければ兄弟に譲ったり、フリマアプリで売ったりすることもできます。

そんな幼稚園の靴に名前を書きたくないママにおすすめの方法があります。

それは お名前タグ を使う方法です。


\くつデコミニ/


\上履き デコ/

靴のうしろにあるループ部分に引っ掛けるタイプなので、簡単に取り外すことができます。

市販品だけではなく100均の材料を使って手作りすることもできますよ。

お名前タグならぱっと目につくので、他の子の靴と間違える心配もなさそうですね。

幼稚園の靴の名前を書く場所・つける場所|書きたくない時や書き方のアドバイスのまとめ

幼稚園の靴の名前を書く場所は、かかとや中敷きベロ部分などが多いようです。

幼稚園用の靴ならかかと部分、休みの日も履きたかったり、名前が見えるのに抵抗があったりするのなら中敷きやベロ部分に書くのがいいかもしれませんね。

また、靴に直接名前を書きたくない場合は、お名前タグ を利用するのがおすすめです。

[aside]補足
そうは言っても、幼稚園によって書き方に指定がある場合もあります。

しっかり確認してから名前を書いたりつけたりするようにしましょう。
[/aside]