1時間のウォーキングで痩せた?ウォーキングダイエット1ヶ月の効果とは?

ダイエット
ダイエット

ダイエットでウォーキング を始めてみよう!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットでウォーキング するのは本当にオススメです!

脂肪の燃焼は、『有酸素運動』が必須です。

そして、ウォーキングは誰もが簡単に始められる『有酸素運動』なのです!

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • 食事制限だけでは辛い&リバウンドしちゃった・・・
  • きつい運動はできない・・・
  • ダイエットしたいが何をしたらいいかわからない・・・

[/box]

などなど。

私もかつて 10㎏以上のダイエットに成功 し、停滞期を乗り越え、リバウンドなく体系を維持できたのは、他でもない『ウォーキング』の効果だと思います!

そして、「ウォーキングくらいで本当に痩せるの?」と 半信半疑 な方も多いはず。

どうしてウォーキングがダイエットに効果的なのか、早速みていきましょう!

1時間のウォーキングで痩せる?効果が出るまでの期間は?

では、1時間のウォーキングでどれくらいの効果が出るのでしょうか!

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

  • 1時間で歩ける量と消費カロリー
  • 1週間に何日歩けばいい?
  • ウォーキングの効果が出るまでの時間は?
  • 1時間で歩ける量と消費カロリー

[/box]

ウォーキングの消費カロリーを計算してみましょう。

[aside type=”boader”]

消費カロリー(kcal)=METs×運動時間(h)×体重(kg)

 [/aside]で求めることができます。

ウォーキングは できるだけ早歩きしなければ効果がありません。

[aside type=”warning”]
早歩きのMETs(運動強度)は4.5METsです。
[/aside]

体重50㎏の人が1時間ウォーキングした場合で計算してみます。

[aside type=”boader”]4.5METs×1(h)×50(kg)=消費カロリー225kcal [/aside]

このように計算することができます。

1時間で歩ける 距離は5kmほどで、歩数は約8,000歩 です。

どうですか?多いと感じますか?少ないと感じますか?

この数字はあくまでも目安です。あまり深く考えなくてOKです!

1週間にどのくらい歩けばいい?

初めは1週間のうち、3~4日を目標 にウォーキングすることをオススメします。

慣れてくるまでは一日置きに歩いてもいいと思います。

[aside type=”warning”]注意
大事なことは、生活の中の一日の習慣にし、継続することです。
[/aside]

ウォーキングは脂肪を燃焼させる『有酸素運動』ですが、即効性のあるものではありません。

できるならば1週間のうち、3~4日を目標に、自分のペースで続けたいですね!

ウォーキングを楽しんで生活の中でにうまく取り入れ、習慣に出来るといいですね。

ウォーキングの効果が出るまでの時間は?

ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動は20分を超えたあたりから脂肪燃焼が始まります。

それまでは体の中にある糖質が先に使われています。脂肪を燃焼したいダイエットでは、20分以上 を目標に歩きましょう。

ウォーキングだけで体重を減らすのは時間がかかりますが、体が引き締まるなどの変化は早い人なら1週間くらいで感じ始めると思います。

そこから継続して、最低でも 1カ月 は続けましょう。1カ月続けることができたら、体の変化を感じられるはずです。

水分を摂らないだけで体重は減りますが、それは決して脂肪が少なくなって痩せたわけではありません。

[aside type=”warning”]注意
ウォーキングをして体重が減った、減らない、ということだけでダイエットの成功を判断するのはとても危険です。
[/aside]

「スカートやズボンがゆるくなった気がする」、「お尻がヒップアップされた気がする」などの『自分の体感』がダイエットを成功させるためにはとても大事です!

ウォーキングのダイエット|効果的な時間帯とやり方・歩き方

ウォーキングダイエットの効果的な時間帯や、やり方・歩き方などについて紹介しますね。

ウォーキングダイエットを始める時に参考にしていただいて効果的にウォーキングダイエットを実践してみてくださいね!

効果的なタイミングと時間帯は?

まずは、ウォーキングダイエットの効果的なタイミングと時間帯について解説します。

タイミングは食前or食後?

空腹時に有酸素運動をすると、脂肪を早く燃焼し始めてくれると聞いたことがありませんか?

空腹時にウォーキングすると、糖が体の中に溜まっていない状態でスタートできるので、効率的に脂肪燃焼効果を高めることができます。

食後にウォーキングする場合は、上がった血糖値をゆるかやにする効果があるので、食べたものが脂肪になりにくい効果があります。

空腹時でも食後でも、ダイエットに嬉しい効果があるわけです。

朝or夜、どちらがウォーキングに適している?

朝ウォーキングするメリットは、一日の始まりに運動することで、一日中代謝が高まる効果があるというころです。

夜ウォーキングするメリットは、体が動きやすく、疲労回復や快眠に効果があるということです。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

朝と夜のどちらにもダイエットに嬉しい効果があります!

何よりも大事なことは、『自分の生活に合う時間帯で、継続して続けられる』ことなのです。

[/box]

効果的な歩き方

散歩のようにのんびり歩いても効果はありません!ほとんどありません!

ダイエットを目的にするならば、背筋を伸ばして、姿勢を正しましょう。しっかりと前後に腕もふって、早歩きで歩きましょう。

[aside]補足
5分~10分ほど歩いたところで、体があたたまっているのがポイントです。
[/aside]

小さな歩幅ではなく、できるだけ大きな歩幅を意識してグイグイと歩きましょう。

慣れてきたら、「お腹周りの腹筋」、「お尻のヒップアップ」、「太ももの筋肉」を意識するように歩くとより効果的です。

姿勢や歩幅、筋肉を意識して、シェイプアップされた体をつくりましょう!

まとめ

ウォーキングは時間さえ確保すれば、誰でも簡単に取り入れられる有酸素運動です。

私も始めるまでは、 ウォーキングで本当に痩せるのか? と半信半疑でした。

確かに、ウォーキングだけで痩せるにはとても時間がかかります。そのぶん、ダイエットに重要な、『モチベーションを維持』すること自体が大変になってきます。

無理な食事制限は、すぐに目に見えた効果が出るのですか、一番危険なダイエットです。

体重減少とともに、大事な筋肉が減ってしまうことで、少しでも食べたらすぐに吸収されてしまう体になってしまいます。よって、すぐにリバウンドし、リバウンド後はダイエット前よりも太りやすい体になってしまっているというわけです。恐ろしいですね・・・。

[box class=”pink_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

適度な食事制限 で摂取カロリーを減らし、と ウォーキング による有酸素運動で、無理なくダイエットすることはとても効果のある方法なのです。ウォーキングによって筋力アップにも繋がり、見た目も引き締まり、代謝も上げることができるのです。

[/box]

そして何より、『継続』です!

自分の生活にあった方法で、生活の習慣になるようにウォーキングを取り入れましょう!

[box class=”green_box” title=”ラベル名”type=”simple”]

私は5㎞の通勤を電車から徒歩に変えたことで取り入れることができました。

朝に余裕があるときは出勤時、体力に余裕がある時は帰宅時に歩くことで、3年

継続して通勤できました。

夏は日焼けを避けるため、帰宅時に歩くようにしていましたし、冬は夜風の寒さが辛いので、朝の出勤時に歩くようにしていました。

子供のころからぽっちゃり体系で、特に下半身がデップリしていましたが、ウォーキング継続したことで初めて、痩せたと実感できる体系を手に入れました!

ダイエットとは別件ですが、肩こりがとても少なくなったのも嬉しい効果です。

他には、体力がついたことで旅先でも疲れることなく、体力的に遊べるという嬉しい効果がありました。

[/box]

ダイエットを始めようと考えている方も、ダイエットで停滞期を乗り越えたい方も、ぜひウォーキングを取り入れて素敵なダイエットを頑張ってくださいね!