大豆のドライパックと大豆缶の水煮の違いは何?

食べ物
食べ物

畑の肉と呼ばれるくらい栄養豊富な大豆、ぜひ食卓に取り入れたい食材ですよね。

でも、乾燥大豆を水戻しして煮る作業は大変です。その点、ドライパックや水煮の大豆は、すぐに使えてとても便利ですね!

あなたは、 大豆のドライパックと水煮の違い を知っていますか?

簡単に言うと、

  • ドライパックは大豆の水分のみで蒸したもの
  • 水煮は大豆を水で煮たもの

です。

同じように使いやすい状態にしてありますが、栄養はドライパックのもののほうが豊富です。

ここでは、大豆のドライパックが栄養豊富な理由や使い方をご紹介します。

また、1人暮らしだったり、少しだけ使いたかったりする場合は、余ってしまうこともあると思います。

余ってしまった場合の保存方法についても紹介しますので、合わせてご覧ください。

大豆のドライパックの栄養と使い方

最近、スーパーでよく見かけるドライパックの大豆。

水煮に比べて軽く、水をきる必要がないのでとても便利ですよね。

冒頭でも書いたように、大豆のドライパックは水戻しした大豆を缶やパウチに詰めて、大豆の水分のみで蒸したものです。

水を使っていないので、ほっくりしており、旨味が強いのが特徴です。

一方、水煮はその名のとおり、大豆を水で煮たものです。

水で煮ると、どうしても大豆の旨味や栄養が溶け出てしまいます。

大豆にはタンパク質や脂質、糖質、食物繊維、ビタミンB1などが含まれていますが、どの栄養素も水煮に比べて、ドライパックのほうが含まれる量が多くなっています。

その中でも、糖質はドライパックのほうが水煮の約3倍とかなり違うんです。

そのため、大豆の栄養を余すことなく取り入れたいのなら、ドライパックのほうがおすすめです。

では、ドライパックの大豆はどうやって使えばいいんでしょうか?

なんと、そのまま食べても大丈夫!

一度加熱してありますし、水煮のように水が入っていないので、ザルで水をきる必要がありません。

大豆だけでそのまま食べるのはもちろん、サラダにトッピングして食べてもいいですね。

普通の大豆を煮たものと同じように、煮たり炒めたりしてもOKです。

また、缶タイプは3年、パウチタイプは1~1年半と長期保存できるので、非常食としてストックしておいたら安心ですね。

大豆のドライパック開封後の保存方法。冷凍でも大丈夫?

次に余ってしまった場合の保存方法をご紹介します。

一度開けてしまったものは、早めに食べる のが一番です。

タッパーに入れ替えて、3日程度を目安に食べましょう。

でも、食べきれるか不安な場合は、冷凍保存 がおすすめ。

1回分の量をラップに包み、保存袋に入れて冷凍しましょう。

その際に、なるべく平らにして包むようにしてください。

平らにすることで素早く冷凍することができ、食感や旨味を損なわず美味しく保存することができますよ。

また、使うときは煮物や汁ものなら、凍ったまま入れるだけで大丈夫です。

そのまま食べる場合は、熱湯で少し茹でてあげると冷凍の嫌な臭いを消すことができます。

冷凍したものは、1か月を目安に使い切るようにしてくださいね。

大豆のドライパックと大豆缶の水煮の違いは何?のまとめ

大豆のドライパックと水煮の違い が分かっていただけたでしょうか?

  • ドライパック・・・大豆の水分のみで蒸したもの
  • 水煮・・・大豆を水で煮たものです。

水煮は煮るときに水煮栄養が溶け出るため、ドライパックのものに比べて栄養が少なくなります。

同じ大豆でも、ドライパックのほうが栄養豊富だとは驚きですね。

実は、私もドライパックの大豆を日頃から使っていながら、違いはよく分かっていませんでした^^;

ただ単に、水気がきってあるだけだと思っていたんです。

ドライパックは水分が入っていないので、買い物で持ち帰るときも軽いのがいいですね。

これからは栄養豊富なドライパックばかり選んでしまいそうです。