離乳食用に納豆を冷凍保存していた時、解凍はどうすればいい?

出産・子育て
出産・子育て

赤ちゃんは生まれてからすぐは、母乳やミルクで栄養を補給していますが、生後5ヶ月頃からは離乳食がスタートしますよね。

少しずつ離乳食が順調に進んでいき、成長していく中でたくさんの食材を食べてもらい、 たくさんの食材の味を覚えて欲しいと願いますよね。

そして母乳やミルクがメインで育っていた赤ちゃんも、どんどんと食事だけで栄養を摂るようになります。

そのため、たくさんの食材を経験させてあげながらも、栄養がある食材を食べさせてあげたいですね。

そこで納豆は栄養価がとても高く、離乳食にもオススメな食材です。

納豆特有の粘り気が、他の食材と混ぜることによりとろみがついて食べやすくもなります。

ただ離乳食では納豆一パックを使い切れないこともありますよね。

そこで今回は、離乳食で納豆便利に使うための方法を紹介していきます。

離乳食に納豆を使うなら小分け冷凍が便利!

納豆は栄養価も高く離乳食で使うのはとってもおすすめの食材なんですよ。

大人にとって一パックは簡単に食べることができますが、離乳食では一回で使い切れないことが多いですよね。

そんな時には1回分ずつ分けて、 小分けにして冷凍しておくことをお勧めします。

そうすれば離乳食で納豆を食べさせてあげたい時も、中途半端に使う必要もなく、手軽に取り入れてあげることができます。

納豆はだいたい 賞味期限が10日ほど に設定されています。

この納豆を冷凍庫で保存することにより、発酵が進まなくなるので長期保存されるようになるんですよ。

冷凍するときは一回ぶんずつシリコンカップなどに小分けしておくと、取り出すときに必要な部分だけ取り出すことができます。

また、 ひきわり納豆などそのまま食べさせてあげられるものであれば、パックのまま冷凍しておいても問題ありませんよ。

また使う時に必要なぶんだけ凍ったまま包丁でカットすることができるので、冷凍保存をお勧めします。

賞味期限が短い納豆も、冷凍保存することで長期保存が可能になるので、赤ちゃんにとっても飽きずに食べさせてあげることができるでしょう。

パックごと冷凍したら、使うときに必要な分だけ包丁でカットできるので便利♪

離乳食用に冷凍保存していた納豆の上手な解凍方法は?栄養はどうなる?

上記では納豆の冷凍保存をお勧めしましたが、 では冷凍しておいた納豆は使う時にどうやって解凍すると良いのでしょうか。

まず冷凍した納豆の解凍は自然解凍が一番ベストです。

なぜかと言うと、急遽 冷凍しておいたものを使いたいときに電子レンジで解凍することもあると思いますが、納豆は電子レンジで加熱しすぎてしまうとアンモニア臭がひどくなってしまい、納豆がとても臭くなってしまうんですよ。

ですから、冷凍した納豆も美味しく食べるためには自然解凍しておくことをお勧めします。

離乳食のメニューで納豆を取り入れる時には、前日の夜に冷蔵庫に移し替えておくと、翌日には解凍されているので美味しく食べれますよ。

冷凍した納豆の解凍は、自然解凍がベスト!

前日に冷蔵庫に移しておくのがおすすめ。

離乳食に限らず大人が納豆を食べる時もこのようにするといいですね。

そして栄養価の高い納豆ですが、納豆に含まれている栄養素で有名なナットウキナーゼは、熱に弱い栄養素です。

そのため、冷凍した納豆を解凍する際に熱を加えてしまうと、納豆キナーゼが失われてしまいます。

ですから、納豆はなるべく熱を加えないようにして食べさせてあげると、納豆に含まれている栄養素を十分取り入れることができるようになります。

納豆を加熱すると、アンモニア臭がひどくなり、ナットウキナーゼが失われてしまうので注意!

離乳食用に納豆を冷凍保存と解凍についてのまとめ

納豆には様々な栄養素が詰まっており、 安くて手軽に手に入れることができるスーパーフードです。

納豆が苦手という方も大勢いらっしゃいますが、離乳食の時から納豆の栄養を取り入れるためにも、苦手意識がなく美味しく食べてもらいたいものです。

を加えることにより、納豆の匂いがひどくなったりすることもあり、最悪赤ちゃんに納豆を受け付けてもらえなくなる可能性もあります。

また栄養分をしっかりと摂取するためにも、離乳食に納豆を取り入れて、冷凍保存を上手に活用し、 赤ちゃんに納豆をおいしく食べてもらってくださいね。

離乳食にフレンチトーストはいつから大丈夫?注意点や冷凍保存について

離乳食用に納豆を冷凍保存していた時、解凍はどうすればいい?

【離乳食後期】におすすめの朝ごはん献立♪

ブルーベリーはいつから?赤ちゃんの離乳食、生で大丈夫?皮はどうする?

麦茶アレルギーなんて知ってた?麦茶を飲むと湿疹がでる・・それって麦茶アレルギーかも!

離乳食の梨はそのまま食べられる?与え方やアレルギーについて

離乳食のしらすはいつから?食べないときの工夫とアレルギーにも注意

しらすは冷凍しておけば離乳食作りも簡単♪臭みの出ないポイントや冷凍方法、簡単レシピも教えます

鯛の塩焼きの日持ちはどれくらい?上手な冷凍保存方法や残ったときのアレンジレシピも紹介します

白菜は冷凍しておけば鍋にも使えて便利!冷凍保存の方法や保存期間、簡単レシピも紹介します

黒豆は冷凍できるのか?黒豆煮の日持ちと、冷凍の仕方

黒にんにくの保存は冷蔵庫?黒にんにくの作り方と保存法や保存期間

カレーが酸っぱい!カレーが腐るとどうなるの?腐ったカレーの見分け方

え!?それってホント?納豆の賞味期限切れ1週間は食べても大丈夫?

意外と簡単!鮮度が落ちやすいそら豆を冷凍保存する方法と、美味しく食べる解凍方法

枝豆は水からが正解?生と冷凍のおいしいゆで方

生卵は【冷凍保存できる】って知ってた?生卵の冷凍・解凍方法、教えます!

ごぼうの上手な冷凍方法|変色しないコツやおすすめレシピ

生姜を上手に保存するならアルミホイルもおすすめ!上手な保存方法をマスターしよう!

コーヒー豆の賞味期限はどれくらい?真空パックなら1年持つ?冷凍保存なら大丈夫?

手作りクッキーの日持ちは?保存は冷蔵庫?冷凍もOK?

離乳食用に納豆を冷凍保存していた時、解凍はどうすればいい?

離乳食にフレンチトーストはいつから大丈夫?注意点や冷凍保存について

しらすは冷凍しておけば離乳食作りも簡単♪臭みの出ないポイントや冷凍方法、簡単レシピも教えます