出産前のヘアカラーやパーマはいつまでOK?胎児への影響は?美容院へ行くときはどう?

妊娠・出産

妊娠してから悪阻などで体調も悪かった方も多いことでしょう。

そうすると、なかなか行けなかった場所の一つに美容院があります。

出産前になると、美容院へ行きたいなとまた思い始めるものです。

私もその一人でした!

現在第二子妊娠中で出産間近なのですが、出産後は美容院へ行く時間がないので出産前に行っておこうと考えていました。

でも気になるのはヘアカラーやパーマの薬剤から胎児への影響ではないでしょうか?!

そこで今回はヘアカラーやパーマの胎児への影響や美容院へ行く際の注意点などを紹介します。是非参考にしてくださいね♪

出産前のヘアカラーやパーマはいつまでOK?胎児への影響は?

出産後は一人だけの時間を作りにくくなり、美容院へゆっくりと行っている暇もないほどです。

そのため多くの女性が出産前に産前最後の美容院へ行っておこうと考えます。

しかし、気になるのはヘアカラーやパーマの薬剤による胎児への影響です。

もしも、胎児に悪影響があったら…と考えると怖くて美容院へ行けないという方もいますよね。

私も気になっていたので、実際に通っている美容院の美容師さんにあらかじめ相談してみました。

返ってきた答えは『胎児に影響はない』とのことでした♪

ヘアカラーやパーマの薬剤は体の内部に浸透してしまうものではないので大丈夫とのことで、安心しました。

しかし、必ず妊娠中であることを予約時に伝えておきましょう!

というのも、薬剤の独特な匂いで気分が悪くなってしまう場合もあるのです。

妊娠中と伝えておくことで、体勢や冷えないように気をつけてくれたり、短時間で終わらせてくれるよう頑張っていただけますよ!

妊娠中だけど美容院に行きたい!注意すべき点とは?

妊娠中に美容院へ行くときに注意する点はいくつかあります。

匂い

まず安定期に入ってから行くことです。悪阻がある時期は、どうしても美容院独特な匂いで気分が悪くなってしまいます。

短時間で終わるように工夫する

次に短時間で終わらせてもらえるよう、メニューを減らして予約することです。

カットとヘアカラー、パーマと一度に欲張ろうとすると、体調面が心配です。

実際に私は、妊娠9カ月のときに、カットとヘアカラーをしに美容院へ行ったのですが、ずっと同じ姿勢で座っていたら気分が悪くなり貧血を起こしてしまいました…。

私は大丈夫!元気な妊婦だから!と自信があったのですが…。

妊娠中は一度にたくさんのメニューを予約するのは避けて、一つずつ予約するようにするのがおすすめです!

シャンプー時の姿勢

シャンプー台に横になるときも注意しましょう。

お腹が大きくなっている時期に、長時間仰向けになるのは苦しくなるものです。

美容師さんにお願いすれば、仰向けにならないように、あまり椅子を倒さずにシャンプーしてもらえます!

美容師さんは妊婦さんであるお客さんをたくさん対応している経験がありますので遠慮なくはっきりとお願いしましょう!

まとめ

出産前にのヘアカラーやパーマは胎児には影響はありませんので安心して体調の良い日に美容院へ行ってみてくださいね。

しかし、どんなに毎日体調が良くマタニティ生活を送っている人でも、慣れていない場所に行くと貧血を起こしやすくなることもあります。

短時間で無理なく済ましてもらえるように、事前に美容師さんに妊娠中であることを申告したうえで行ってみてください♪

出産前にきれいなママになる準備をしてきてくださいね♪